image

さてどっかのドラゴンのせいで環境に上がってこなかった星杯ですが、
まだ分かりません!!

そこで星杯のいろいろなタイプについて説明します。

まず最初に星杯にはいろいろな型があることをご存知でしょうか?


①純星杯
②ブリリアント星杯
③ジェネクス星杯
④代行星杯  
       

主だったものはこの4つですね。

これから星杯を使ってリンク召還しようかな?とか星杯使いたいなという人は参考にしてみてください。
今使ってる人への改良の方法も少しだけ説明しますね。
主観が入ってるのであくまで参考として聞いてくれるとうれしいです。



①純星杯
<メリット>
星杯だけで固めているので、手札誘発や魔法・罠に枠を使える。
星杯サポートカードを多く積める。
エクストラを含めても比較的安価に作れる。

<デメリット>
他の三つに比べるとそこまで強くない
手札事故がわりと起こる


星杯だけでデッキを組むので星杯の共通効果である特殊召喚効果を比較的よく使うことが出来るという点ではいいのですが、いかせん継戦能力が低くてきついです。

遊びとして作る分にはいいと思うのですが、大会とかに出場するならおススメはしません。



②ブリリアント星杯
<メリット>
ジェムナイト・セラフィ」による通常召喚権の増加によって安定感が上昇する。
他にもラピスなどを使うことによってリクルートが期待できる。
展開力が高く、EXリンクを比較的容易に狙える。

<デメリット>
2枚目以降の「ブリリアントフュージョン」が邪魔
「セラフィ」が二体以上でないので継戦能力が低い
高い


星杯のデッキに「ブリリアント・フュージョン」を中心としたカード類を組み込み、「セラフィ」の特殊召喚とそれによる召喚権の増加を目的としたデッキです。
爆発力に優れEXリンクによる場の制圧も比較的容易に出来ます。

2枚目の「ブリリアント・フュージョン」の問題も「妖精伝姫ーシラユキ」の搭載によってある程度解決できます。

デッキの枠を使うので魔法・罠や手札誘発にリソースをまわせないのは、ある程度展開力を犠牲にすることで、ある程度改善できる可能性があります。

一番使われているのはこの型でしょうかね?(いや、知らんけど・・・)
高いんだよなあ・・・



③ジェネクス星杯
<メリット>
アホみたいな展開力
同じく積んでいるローズニクスが墓地発動でいつでも使えるため保険が利く
継戦能力が高い

<デメリット>
エクストラを使いすぎて調子に乗ると終盤死ぬ
複雑



こっちは「ジェネクス・ウンディーネ」「水晶機巧ーローズニクス」「ジェネクス・コントローラー」を搭載した型です。
ジェネクス・ウンディーネからの大量展開が特徴で、引きさえすれば相互リンクがほぼ確定。
手札がひどすぎなければEXリンクも楽勝というデッキです。

ただし、あまりにも回りすぎるのでエクストラデッキの枚数には気をつけてください・・・

あと一見すると複雑そうに見えるけど、
やっぱり複雑なのでがんばっていろんなルートを開発してみてください。

初手が大事になるので他の型に比べてドローソースを増やすと、デッキの安定感が増します。



④代行星杯
<メリット>
星杯とは思えない安定感
デッキの枠に比較的空きがあるので手札誘発などを搭載しやすい
エクシーズなどを比較的積みやすい

<デメリット>
2枚目以降の「ヴィーナス」引いたときどーしよ・・・
やっぱり高い・・・



これは「創造の代行者ヴィーナス」と「神聖なる球体」を入れることで展開力を上げているデッキです。

実際には②のブリリアント型と合体していることが多く「ジェムナイト・セラフィ」や「ブリリアント・フュージョン」といっしょに入っていることがほとんどです。

星杯通常モンスターを入れる必要がほとんどなく、この4つの中ではとても安定感が高いです。

また、デッキの枠に余裕があるのでこちらも手札誘発などを積むことができます。
展開力が高く、安定感もあることから大会向きのデッキと言えます。



さてこのように4つほど説明しましたが、如何でしょうか?
自分の作ってみたいデッキタイプは見つかりましたか?

ここからは作ったデッキをどのように強化していくと良いか少しだけお話します。

↑の例を見れば分かるようにブリリアント・ジェネクス・代行など星杯は何らかのテーマと組み合わせて戦うのが基本になってくるのですが、これだけだと少し除去力や対応力に欠けるので、
こういう風に手を加えると良いよというのを説明します。

①壊獣を積む

除去力が低いという問題を解決してくれます。
ただ星杯自体の打点が低すぎてタイミングを見誤ると自分が出した壊獣に被害を受けかねないので、
注意して使ってください。

②「貪欲な壺」・「ダイガスタ・エメラル」の採用

手札の問題とデッキの中のモンスターの問題を解決してくれます。
実際、「貪欲な壺」を採用している人は多く見るのですが、「ダイガスタ・エメラル」を採用しているデッキはほとんど見かけません。
値段が高いというハードルもあるのかもしれませんが、結構重宝するので、少し余裕がある人は買っておくことをお勧めします。(汎用なので腐らないはずです。)

③エクシーズは2~3枚採用しておこう

対応力が格段に上がります。
よく見るのは、エクシーズ0枚か「ダイガスタ・エメラル」1枚だけというタイプですね。リンク召喚自体を中心として戦うことだけを目的にするならそれでもかまわないのですが、
大会に出るとなると

「深淵に潜む者」
「鳥獣士カステル」
「希望皇・ホープ」+「ライトニング」


このあたりのどれかがあるだけで全然対応力が上がるので、ぜひ試してみてください。



これでとりあえず終わりです。

星杯自体は個人的には使っていて楽しいし、今後のリンクモンスター次第では十分に可能性のあるデッキだと思っています。
今の環境に星杯が食い込んでくると面白そうなんですがね・・・

さてそれではこのあたりで失礼いたします。