b40f02a7


前の記事

【悲報】DD、環境についていけない

と、いうわけでDD相手に五連勝したカオスサイバースを紹介していきたいと思います。
まず構築がこちら。
まだ試験段階に近いので若干荒いですが、とりあえず見てみてほしいのだ。
■モンスター(31枚)
2 スタック・リバイバー
3 ドラコネット
3 バックアップ・セクレタリー
3 サイバース・ガジェット
3 バランサーロード
3 ROMクラウディア
2 ブート・スタッガード
2 リンク・スレイヤー 1 サルベージェント・ドライバー 3 暗黒竜 コラプサーペント 3 輝白竜 ワイバースター 1 ガード・オブ・フレムベル 1 ギャラクシーサーペント 3 エフェクト・ヴェーラー ■魔法(7枚) 1 おろかな埋葬 3 サイクロン 3 サイバネット・バックドア ■罠(2枚) 2 リコーデッド・アライブ ■エクストラデッキ(15枚) 1 A・O・J カタストル 1 月華竜 ブラック・ローズ 1 氷結界の龍 トリシューラ 1 ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン 1 鳥銃士カステル 1 リンク・スパイダー 1 リンク・ディサイプル 1 バイナル・ソーサレス 1 ハニーボット 1 エンコード・トーカー 2 デコード・トーカー 1 トライゲート・ウィザード 1 トポロジック・ボマー・ドラゴン 1 ファイアウォール・ドラゴン

ベーシックなサイバースに敢えてヴェーラーを採用。それでコラプワイバーをフル搭載して回していくって感じですね。
動き的には【白黒ジャンド】に近いモノがあると思っています。

コラプワイバーと一般的に採用されるスケゴとの差は
  1. 最初から効果モンスターなのですぐ使える
  2. 後続を呼べるので継戦力がある
  3. 地味に打点がある
  4. 容量が大分大きい
の4つです。これらのメリットによりエクストラへシンクロやエクシーズを合理的に取り込めるようになり、トリシューラをはじめとした決定力のあるカードを採用できるのです。4はデメリットですがそんなに気にするほどのことではありません。

こちらの記事でも紹介されていますが、少なくとも現状ではリンクモンスターにはそこまでの決定力はありませんので、これらのシンクロやエクシーズなどを採用していくことはどうしても必要なことなのかなと思いますね。

採用していませんが、開闢を採用できるのも非常に大きいポイントになります。サーチに目をつむったとしてもなお、デュアルアセンブルムよりも開闢の方が強いです。二連打で6000ダメージか、除外で除去かを選べる強カードをあれほど緩い条件で召喚できるのは大きいです。


DDに5連勝できたのは…一番大きいのはヴェーラーのタイミングですかね。当然ながら結構運もありましたが…
頑張ってホワイテストヘルアーマゲドン作った時に上手いことトリシューラ撃てたとか、そういう感じで、色々とサイバースに追い風が吹いていました。
DDのことを完全に知り尽くしていたというのも勝因のひとつですね。なのでほかのデッキを相手にしてここまで戦えるかというと正直なところ微妙だと思っています。
より実践向けに寄せるならもう三枚ほどは手札誘発がほしいところですね。増Gがほしいです。

とは言え、サイバースの地力が非常に高いことは間違いありません。
今後の強化も含め、本当に楽しみなデッキですね。


次の記事はこちら
DDとカオスサイバースの性能を視覚的に比較しているよ!!