f934f9b1

この気味の悪いカードと気味の悪い企画を覚えている方はいらっしゃるでしょうか?
変態デッキ祭りの一つの「ドリル・バーニカル」デッキが完成しました!!
ではでは、早速こちらがデッキレシピです。
■モンスター(10枚)
3 ステルスバード
3 ドリル・バーニカル
3 溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム
1 メタモルポット

■魔法(11枚)
1 死者蘇生
3 皆既日蝕の書
2 平和の使者
3 レベル制限B地区
2 半魔導帯域

■罠(19枚)
2 威嚇する咆哮
3 自業自得
1 スターライト・ロード
1 停戦協定
2 ドレインシールド
2 ハーフ・アンブレイク
3 魔法の筒
2 和睦の使者
3 グラヴィティ・バインド-超重力の網-
 
主にバーンをすることに重点を置き、いやらしく攻めていくデッキになりました。
「ドリル・バーニカル」は直接攻撃ができ、その攻撃が成功するたびに攻撃力を上げていくのでなるべく「ドリル・バーニカル」を破壊させないように守るカードを採用しました。
「ステルスバード」は「ドリル・バーニカル」の攻撃だけではライフを削りきれるか不安なため採用しました。「ラヴァゴーレム」は相手のモンスターの除去と「ステルスバード」と同じ理由です。
「メタモルポット」はバーンを主体、および「ドリル・バーニカル」を手札に引き寄せるためのカードとして採用しました。
そのほかの相手の行動を制限するカード(例えば、B地区やグラヴィティ・バインド、平和の使者など)は主に遅延が目的です。
遅延を行うことで、モンスターカードで相手のライフを確実に奪っていきます。
半魔導帯域はメインフェイズ時にヴェーラーを当てられたり、他のカードが破壊されてしまうことを防ぐために採用しました。

今回はなるべく自分が使いたくなくて、当たったらすごくいやだなと思うカードをデッキにフル搭載しましたので、作っていて、正直つらいものがありました。
戦闘を行わせず、効果破壊も、対象もとれない、そしてモンスターを並べていあたらラヴァゴーレムが飛んできたり、自業自得や停戦協定でライフがゴリゴリ削れらていく…
想像しただけで身震いが…

悪寒がすごくなってきたのでこのへんで今回は閉めさせていただきます。
次回は「マリスボラス」を担当させていただきます。

え?「ヤドカリュー」が第二弾になるはずだったって?
そこのところは担当外なので私にはわかりかねますが、善処します。申し訳ありません。

前回までの変態デッキ
反転せよ!【天変地異デッキ】~変態デッキ祭り第一弾~