jppg



もうやめて!!!


ジェムナイトのリーダーとしてインヴェルズ勢力と戦い、続いてヴァイロンとも戦い、さらにはセイクリッドと協力して真の悪であったヴェルズやリチュアの化け物どもとも戦いを繰り広げ、最後はジェムナイトすべての力を結集して、時間稼ぎのために悪の創造神その1と戦い(ここで一回目の死を迎える)その融合の力で救世主の創造を助け、長い年月が経って亡骸に悪の創造神その2が憑依して、前述の長き大戦のあと平穏を取り戻しかけた世界を崩壊させかけるも、本人の魂が救世主セフィラとして復活して、ついでに亡骸のほうもなんかいい奴になって、そんでもってまたしても融合のちからででっかいドラゴンに変身して、悪の創造神その2と戦ってようやく倒して、そしてついに成仏できたクリスタさんのライフはとっくに0よ!!!

お願い!!もう安らかに眠ってクリスタさん!!
むしろクリスタさんを安らかに眠らせてあげて!!!!!!!(懇願)


KONAMI「ダメです」



とまあ、冗談はここあたりにしておいて、このエグゼキューターには「星遺物」のときにも記したとおり、ナチュル神聖樹のようなイラストが描かれており、この第三次DT世界大戦が始まる匂いがしてます。
第一次DT大戦は、宇宙の果てより飛来した謎の生物ワームと、DTの星に土着していた種族の戦いに始まります。いくつかの種族が全滅したりしながらもなんとかワームと戦っていたどちゃく種族たちは、ワームを倒すべく協力し、A・O・Jという組織を結成。協力なロボットを量産してワームを撃退しました。しかしその戦いによって生まれた莫大な死と破壊によって現世と冥界がつながり、冥王たる魔轟神が復活。A・O・Jとの激闘の末にA・O・Jの一員であった種族「氷結界」が、「氷結界の竜 トリシュ―ラ」を筆頭とする禁じられし三体の竜を呼び出し、世界を破滅の危機へと追い込みつつも何とか魔轟神を撃退。
その後氷結界の一族の創始者の霊の協力のおかげもあり、世界全体に壊滅的な被害を与えつつもなんとかトリシューラをはじめとする三竜の再封印に成功。世界は一応の平穏を取り戻しました。

第2次DT大戦は、第一次DT大戦から15年以上後の話です。この話は闇の種族「インヴェルズ」と、星守の代行者である「ヴァイロン」、さらには「ヴァイロン」と手を組んだ「ジェムナイト」ら新たなるどちゃく民族の戦いでした。この戦いは「ヴェルズ」と「セイクリッド」の、さらには全ての消去を目論む創星の神「創星神 sophia」と全ての力を結集して生まれた「セイクリッド・ソンブレス」と「ヴェルズ・ケルキオン」という、二人の英雄の決戦へと発展していきました。
この戦いで大活躍した正義の一族が「ジェムナイト」です。そしてそのリーダーであったのがこの男
ダウンロード (20)
後に伝説の大英雄となる、「ジェムナイト・クリスタ」です。


第3次DT大戦は第二次大戦からさらに100年近く経過した時間軸でのお話です。
先の大戦で死亡したジェムナイトクリスタの超融合体である「ジェムナイト・マスターダイヤ」の遺体に何者かが憑依したことで突如として復活し、暴れ始めたことに始まります。
その戦いはクリフォートやシャドール、そしてインフェルノイドの復活へと連鎖し、ついには先の大戦で殺されたsopiaと対になる創星の神「創星神 tierra」と、先の大戦を終結させたソンブレスの力を分け与えられた光の戦士である「セフィラ」たちの力を大英雄である「ジェムナイト・クリスタ」に結集させた最強の龍「智天の神星龍」の闘いへと発展していくことになります。

今回勃発すると予想される第4次DTでは一体何が出てくるんでしょうか?sophiaとtierraの融合体的な奴でも出す気なんでしょうか?

さらにこのクリス玉を持っている(吸収した?)メタファイズは敵なのか味方なのか?

星杯を星遺物へと導いたリースは一体何者なのか?

クローラーは星遺物を手にして何をしようとしているのか?

もし同じ世界だというなら、第3次DT世界大戦後まで生き残った影霊衣の大魔道士や影霊衣の舞姫、ジェムナイト・ラズリーは一体どこに消えていったのか?

など疑問は尽きないですね。
(最後の疑問は寿命が尽きたとかで解決しそうですけど…。)

いろいろと想像できて楽しいですね!

KONAMIよ、この期待を裏切るなよ!