またしてもYu-Gi-Oh!.jpなので画像はないです…Orz


画像はこちら!!
と、いうわけでサブテラーとSPYRALです。
事実上の既存デッキだったわけですし、簡単な解説をこちらでしているのでご覧いただきたいです。

今回は新規のリンクモンスター2体に絞って解説していきたいと思います。

まずはこちらのカードから!!

サブテラーマリスの妖魔 リンク2 地属性

幻竜族・リンク ATK/2000
リバースモンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材とした「サブテラー」モンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
②:自分メインフェイズに発動できる。デッキからリバースモンスター1体を墓地へ送り、手札からモンスター1体をこのカードのリンク先に裏側守備表示で特殊召喚する。
③:1ターンに1度、このカードのリンク先のモンスターがリバースした場合に発動する。自分のデッキ・墓地からリバースモンスター1体を選んで手札に加える。
【LINK-2:左下/右下】


祝!!!シャドール復権!!!!!(違う)
いやあ……シャドールよかったねえ………サブテラーはよくわからないんですけど、シャドールは本当にこう………救われたのではないでしょうか(感涙)
ハウンドとのコンボ強いし…

非常に汎用性の高いモンスターで、リバースデッキにおける致命的な欠点である打点と速度をカバーしてくれる超優秀なカードです。
なんとなく地属性が多くなりがちなリバースデッキと相性のいいステータスを持っているし、本当にいいカードだと思います。使い道も非常に多そうです。
シャドールのみならず、占術姫やトラミッドなどのリバースデッキにとっても強化になるのではないかなって思います。

え?ワーム?

そこまでは保証できないです……
クローラーでも使えそうですけどね。




SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス リンク2 地属性
戦士族・リンク ATK/1900
「SPYRAL」モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「SPYRAL-ダンディ」として扱う。
②:カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。相手のデッキの一番上のカードをお互いに確認し、宣言した種類のカードだった場合、自分のデッキ・墓地から「SPYRAL」モンスター1体を選び、手札に加えるかこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
【LINK-2:左/下】

はいこちらももうすでに強デッキとして名を馳せつつあるSPYRALに新規リンクカードですね。こっちは完全に専用カードです。Super Ageant…じゃなかった、ダンディ君及びSleeper…は、まだ日本語名不明ですね。
とにかくこの2枚をサーチするか、リクルートするのが主な仕事になるでしょう。
……以上ですね。強いです。終わり。


いやあ、それにしても妖魔は素晴らしいカードでしたね。本当に。
リバース関連のデッキは使いやすくなるでしょう。