べ、別に、さぼってたわけじゃないんだからね?!

皆さんお久しぶりです。はんDです。


…と、いうわけで本日は、8月11日に発売されるデッキビルドパック「スピリット・ウォリアーズ」から、魔弾デッキを構築してみました!!!
今回構築したのは2パターン。純構築とWWを採用した構築です。どちらでもザミエルは採用していないのですが、まあ、入れてもいいんじゃない?入れてたら入れてたで強いと思います。
アーティファクトにおけるカケドウスとそっくりって感じです。まさに。

ではまずは純構築である同胞型から行きましょう
■モンスター(18枚)
3 増殖するG
3 魔弾の射手 カスパール
2 魔弾の射手 ザ・キッド
1 魔弾の射手 ドクトル
2 魔弾の射手 カラミティ
3 魔弾の射手 スター
1 魔弾の射手 ワイルド
3 灰流うらら

■魔法(13枚)
2 命削りの宝札
3 同胞の絆
2 禁じられた聖槍
3 魔弾-クロス・ドミネーター
3 魔弾-ネバー・エンドルフィン

■罠(9枚)
3 砂塵の大嵐
3 魔弾-デスペラード
3 魔弾-デビルズ・ディール

■エクストラデッキ(15枚)
1 彼岸の巡礼者 ダンテ
1 DDD磐石王ダリウス
1 彼岸の旅人 ダンテ
1 幻影騎士団ブレイクソード
1 暗遷士 カンゴルゴーム
1 SNo.39 希望皇ホープONE
1 深淵に潜む者
1 鳥銃士カステル
1 DDD怒濤王シーザー
2 No.39 希望皇ホープ
1 励輝士 ヴェルズビュート
2 SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング
1 永遠の淑女 ベアトリーチェ

見ての通りですね。魔弾魔法罠がもう少しフラゲされれば構築がまた変わってくるとは思いますが、とりあえずはこんな感じになると思います。
動かし方も見たまんま。魔弾モンスターを出して、その同軸上で魔弾カードを使っていくというのが基本になります。手札消費しやすいデッキですので、とりあえずといった感じで命削りを入れていますが、必要かどうかというで言えば必要なカードではありません。新規が来たらためらわずに抜いてしまっていいと思います。
そのほか、禁じられた聖槍も同様です。デッキとしては良いカードではあるけど、必要かどうかでいうと微妙。みたいな感じです。

リサールとしては、ドミネーターをスターの同軸上で発動して魔弾レベル4モンスターを展開。その後、ライトニングを出してぶん殴るというのが一番わかりやすいと思います。
そのほかも色々とあるにはありますが、デッキの傾向としてはメタビートなので、決定力のある動きというのは必ずしも多くないと思います。
…寧ろ逆に、ライトニング握ってる分決定力のあるメタビであると言えるのではないかなと。


今回採用したカード以外の採用候補カードは
  • オネスト
  • 禁じられた聖槍
  • 「神の」シリーズカウンター罠
  • 浮遊さくら(エクストラを絞り込む)
  • 真帝王領域(ザミエル採用)
などですかね。
特に最後の二つは、エクストラ採用型デッキに対して最強クラスのメタ手段となっているので、デッキによっては封殺に近い形での勝利を狙うことも可能になります。



続いてはWW魔弾です。特殊召喚捨てていいならとりあえずWWと組ませるよね?みたいな感覚ですよね。
■モンスター(26枚)
3 増殖するG
3 WW-アイス・ベル
3 魔弾の射手 カスパール
3 魔弾の射手 ザ・キッド
2 魔弾の射手 ドクトル
2 魔弾の射手 カラミティ
3 魔弾の射手 スター
1 魔弾の射手 ワイルド
1 WW-スノウ・ベル
3 灰流うらら
2 WW-グラス・ベル

■魔法(6枚)
3 魔弾-クロス・ドミネーター
3 魔弾-ネバー・エンドルフィン

■罠(8枚)
3 砂塵の大嵐
3 魔弾-デスペラード
2 魔弾-デビルズ・ディール

■エクストラデッキ(15枚)
1 WW-クリスタル・ベル
1 クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン
1 覇王眷竜クリアウィング
1 氷結界の龍 トリシューラ
1 ミスト・ウォーム
1 クリアウィング・ファスト・ドラゴン
1 DDD磐石王ダリウス
1 幻影騎士団ブレイクソード
1 深淵に潜む者
1 鳥銃士カステル
2 No.39 希望皇ホープ
1 励輝士 ヴェルズビュート
2 SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング

多少ガバめですがとりあえず。このような形式になりました。
最大の特徴としては「モンスター効果に対する圧倒的な強さ」というのが上げられると思います。
クリスタルウィングとドミネーターを擁することによって相手のモンスター効果に対して非常に強く出られるので、モンスター効果を主体に動くタイプのデッキに対しては圧倒的な有利を取れるでしょう。

反面、禁じられた聖槍を採用していないこともあって、魔法罠に関しては若干弱さが露呈しています。まあ、その点に関しては同胞型でもそこまで変わらないのですが……

同胞型に対するもう一つの強みとしては、打点ですね。
最大火力という点ではライトニングを採用している以上、双方そんなに違いはないのですが、標準の火力帯で3000打点をはじき出せるというのは非常に強力なのではないかな~~~と。

今回の採用カード以外の候補カードは、同胞型とほぼ同じですね。ただ、さくらと領域を採用できないので、防御力や妨害力という点では多少水をあけられているのかなという気がします。




以上で、魔弾デッキ紹介を終わりたいと思います。
ちなみに、自分でどっちつかいたいかって言われると、個人的には同胞型を使いたいと思いますね。浮遊さくらを華麗につかいたいなって思いますし、ぶっちゃけWWより純構築の方が強いです。

ザミエル採用かどうかは…要検討ですかね。
結局アドバンス召喚っていうのが重いんですよねえ…
ただ、真帝王領域との相性のよさには無視できないものがありますし、採用したらしたでそれなりに強いことは間違いないと思いますので、その辺は今後の新規を待って考えるのが良いと思います。

それでは今日はこの辺でノシ