product

ついに今日、発売された「EXTRA PACK 2017」

前半になんかいろいろと前置きしていたので今回はカット

後半戦の今回は《ヴェンデット》と《SPYRAL》!
DIrvWB5UEAATak9

『異色の組み合わせアンデット儀式テーマ、《ヴェンデット》』

テーマの切り札である「リヴェンデット・スレイヤー」に下級モンスターである「ヴェンデット・ヘルハウンド」と「ヴェンデット・レヴナント」が効果を与えるテーマ。

詳しく知りたい方は下記のサイトに

【考察】ヴェンデットを攻略しよう!【EXTRA PACK 2017】

『弱点の説明』
アンデット儀式テーマであっても、実際にはいつものアンデットテーマと大差ないため、墓地から特殊召喚するための「馬頭鬼」や墓地に任意のアンデットを落とす「ユニゾンビ」などを止められてしまうとどうにも動けなくなります。
あと除外ですね。

また儀式自体はリリース封じをされると止まってしまうため、そこを狙うのが良いです。

『対策カードの紹介』

card100018497_1

《M・HERO  ダーク・ロウ》
融合・効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2400/守1800
このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手の墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで除外する。


02491

《霊滅術師 カイクウ》
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守 700
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、相手の墓地のモンスターを2体まで選択してゲームから除外できる。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手はお互いの墓地のカードをゲームから除外できない。


02353

《大天使クリスティア》
効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2300
(1):自分の墓地の天使族モンスターが4体のみの場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の天使族モンスター1体を対象として発動する。
その天使族モンスターを手札に加える。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚できない。
(4):フィールドの表側表示のこのカードが墓地へ送られる場合、墓地へは行かず持ち主のデッキの一番上に戻る。


主に上記にあげた系統のカードを使うと優勢に勝負を進められます。

アンデット自体任意のタイミングで除外しなくてはならないのですが、それを止める「王家の眠る谷-ネクロバレー」やすべての墓地のカードを除外できる可能性を持つ「デビル・コメディアン」も有効です。

また儀式の素材リリースを止める「生け贄封じの仮面」や「霧の王」も致命打にはなりませんが儀式をつぶし、エースモンスターの登場を妨げることができます。


では最後テーマの《SPYRAL》にいきましょう。

DI9V5X-VYAAg1s_

『恐怖のソリティアテーマ《満足》と同系統のテーマ《SPYRAL》』

先行エクストラリンクを成し遂げる海外先行テーマ。昔で言う黒船来航したときの気分を味わえる。

詳しく知りたい方は下記のサイトへ

EP17特集第4弾!!環境候補筆頭!!【SPYRAL】!!



『弱点の説明』
基本的にはサーチを行い、手札に「SPYRAL」カードを揃えていくのでサーチ封じが有効です。
またサーチの要である「SPYRAL-ジーニアス」自体をすべて除外へと叩き込めばとりあえずは安心です。
さらに結局エクストラに頼る面があるため、エクストラ破壊カードでエクストラにある使えるカードたちを消してしまえばあとはメインのみの対決になるのでこちらも有効です。

というかいろいろと動くデッキであるので大体の妨害系が効きます。
問題なのはその妨害ありきでも動き続けることが可能なことです。

適切なところで妨害をしたいです。

『対策カード』

g4446774

《浮幽さくら》
チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻   0/守1800
「浮幽さくら」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、このカードを手札から捨てて発動できる。
自分のエクストラデッキのカード1枚を選んでお互いに確認する。その後、相手のエクストラデッキを確認し、選んだカードの同名カードがある場合、その相手の同名カードを全て除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。


04984

《ドロール&ロックバード》
効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻   0/守   0
相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、このカードを手札から墓地へ送って発動する事ができる。
このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。


04983

《スカル・マイスター》
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 400
相手の墓地で魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から墓地へ送る事で、その効果を無効にする。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。


大体この系統のやつらはぶっ刺さります。
「M・HERO ダーク・ロウ」も刺さります。
「AFデス・サイズ」も刺さります。

ほんとに何でも引っかかるんです。このテーマ。
「禁止令」も「マクロコスモス」も「壊獣」モンスターも…。

その代わり「増殖するG」は大好物です。相手のデッキを0にしてきます。

なんか「増殖するG」が大好物って変に誤解を招く言い方ですね。


以上で、《ヴェンデット》&《SPYRAL》の弱点・対策カードについてを終わりにします。

EXTRA PACK 2017の発売まであと少しですね!楽しみです!