ダウンロード (37)


福岡プリンセス杯といえばかつてアンブラルが準優勝したり、蟲惑魔が優勝したりと言った怪環境ぶりが有名な個人的なイメージがありますが、今回の優勝は【EMオッドアイズ魔術師】と、まあまあ普通なのかな~………

と、思うじゃん?

デッキを見ればわかります!このデッキ正確には!!【EMオッドアイズ魔術師】ではないのだ!!
【EM魔術師オッドアイズ】なのに【EMオ(ry】ではないとはこれ如何に?

まあまずはデッキをみていただきたい!

98b6c0df

そう、このデッキほぼほぼハイランダーで構築されている!!いわば【遊矢】デッキというべきデッキなのだ!!
ご覧あれ!!!

あの右上に燦然と輝く蒼天のごとき《オッドアイズ・アブソリュートドラゴン》の威光を!!!

メテオバーストの後ろでちらっと輝く《涅槃の超魔導剣士》先輩の輝きを!!!

4…いや、5種類のオッドアイズ融合モンスターの雄々しくも美しき姿を!!!!


恐るべきデッキです……

最強遊矢デッキ検証の時、このデッキのカードたちを私も扱いましたが、上記のカードたちは正直なところ扱いにくく、私としては必ずしも採用することが強さにつながるわけではないと思っていたのですが、こうやってサブテラーを抑えてズバッと優勝されてしまうと、私自身の未熟さを感じるところであります……

余談ですが最強遊矢デッキ検証、完了しておりますので記事にするのをお待ちください。全く意外な顛末となりました。

話を本筋に戻します。

まずこのデッキの【ハイランダー】性は、ゲームの勝敗を決める要素にはあまり影響を及ぼしません。
無論、普通に構築した方が強くなりやすく、プレイングが簡単なのは間違いないのですが、遊矢系のデッキである【EM】【魔術師】【オッドアイズ】を二つ以上使って作る混成デッキは、その圧倒的なカードプール量のおかげもあって、思った以上に簡単にハイランダーや、それに近い構築をすることが可能です。

特にこのデッキは【遊矢】ということで【EM】【魔術師】【オッドアイズ】の三つを採用しているため、自然と採用カードの種類も増えますから、このデッキがハイランダー的になるのもある程度自然ななり行きなのかな~と思います。



このデッキの軸になるのは【オッドアイズ】の部分なのかなと思います。
ただ、通常のデッキのような回転の原動力としての「軸」ではなく、【EM】と【魔術師】によって回す為の「軸」であります。



悪代官(EMと魔術師)が帯を引っ張って女の子(オッドアイズ)を回してる感じですかね?
わかりにくい?


でも大体そんな感じなんですよね……


シンクロ融合エクシーズをバランスよく扱いながら、オッドアイズを軸にモンスターを動かしていき、最終的には2体の覇王で勝負を決めるというのがこのデッキの基本的な動きになると思います。

つまり動き的にはほぼ完全に【オッドアイズ】で、それを安定化するための基本的なパーツが【魔術師】なのはよく知られていることですが、それにさらに【EM】を加えることで安定化することに成功した…というような感じです。

何らかの要因でエクストラが使えなくなった場合でもメインデッキからビートダウンが可能な火力を備えている点も注目するべき点であると思います。


総じて、非常によく練られたデッキだなと思いました。
魔術師使いとしては素直にすごいデッキだな~と思わされます。

怪環境である福岡プリンセス杯、ひいきとかするわけじゃないけど今後もおっかけて行こうかなって思いました。

それでは今夜もこのへんでノシ



【追記】
アンブラルの人と違い、このデッキの使用者の方とはんDが知り合いじゃないので(もしそうだったらごめんなさい)インタビューしていないのですが、もし可能であればTwitterではんDに、もしくはこのブログのメッセージにコメントを戴ければぜひ紹介させていただきたいと思いますので、この記事をご覧になられましたら、ぜひともよろしくお願いいたします!!!