image

というわけで今回は占術姫サブテラーに続いて純構築のサブテラーを紹介していきたいとおもいます。

まずはいつものように構築からみていきましょう

■モンスター(23枚)
3 サブテラーの妖魔 3 サブテラーの射手 2 サブテラーの戦士 3 サブテラーマリス・リグリアード 1 サブテラーマリス・グライオース 2 サブテラーマリス・ジブラタール 2 サブテラーマリス・エルガウスト 3 サブテラーマリス・バレスアッシュ 2 エフェクト・ヴェーラー 2 浮幽さくら ■魔法(14枚) 2 簡易融合 1 死者蘇生 2 テラ・フォーミング 1 ワン・フォー・ワン 3 ツインツイスター 2 月の書 3 地中界シャンバラ ■罠(3枚) 3 サブテラーの決戦 ■エクストラデッキ(4枚) 1 カルボナーラ戦士 1 サウザンド・アイズ・サクリファイス 
2 召喚獣ライディーン

メタになりそうな適当なカード

:ABCドラゴンバスター
:ボウテンコウ
:星杯神楽イヴ
:デコード・トーカー
:オルターの新規奴
等です。


上記のような感じのデッキです。
占術姫の分マリスや誘発を追加したイメージですね。
占術姫に対するめりっとはやはり事故率が若干下がることでしょう。
また最大の大型モンスターであるバレスアッシュを採用することができる点もメリットになると思います。デメリットの無い皆既日食の書のような運用が可能な強力なモンスターです。

しかし、占術姫の時にあった勝筋の一部が消滅しているのでその分の弱体化はしています。

初動としては妖魔から、又は射手セットから始動します。

或いは、シャンバラから適当なモンスター(戦士とかでも可)を裏返しにして、手札から大型のサブテラーを特殊召喚する
などの手があります。

サブテラーマリスは自発的に裏守備になることができます

で、それに反応してまた手札からサブテラーマリスを出し、そいつを裏守備にして(以下省略)


……というのが基本的なこのデッキのムーブです。
上記のコンボで出せる枚数は任意なので、何をだして何を残すかというアド調整がこのデッキのカギになるわけです。

動きの消費が大きいデッキですので、《サブテラーの激戦》などでアドの回復を……え?投入できない?いや知ってるけども……


扱いにくいんですよね、激戦。なんかもうちょっとマシな感じにしてもよかったと思うんですけど…
実は入ってたら強いとかないかな…後で試してみるか……


基本コンボは太字部分です。
あれとリバース効果を絡めて動いていくのがこのデッキの基本的な戦いかたです。


でもリバース効果そのものは弱いので、それだけでは勝てないです。

打点もゴミなのでそれだけでは(以下省略)
3000ごときでいまさら何ができるんですか??



……じゃあどうやって勝つんだよ…

  1. エクストラを使っていく(例:グスタフマックスとか)
  2. シャドールや占術とまぜる(占術よりシャドールの方が強そう)
どっちかですかね。基本的には…

シャドール列車砲に近い方向性でデッキメイクしていったら強くなるんじゃねえかな?と思うのですけど、この純テラーのメリットである太字のコンボは表側表示のカードが存在しないときのみ可能なので混成にすると使えないんですよね。どうしたらいいの()