例によって画像はありませんが今回はデュエリストパックで登場する新カード。
バンデット・キースの使用カードを最速で解説していこうと思います。

ソ―スはこちら
今回登場したのは以下の三枚です


デスペラード・リボルバー・ドラゴン 
星8 闇属性

機械族 ATK/2800 DEF/2200
①:自分フィールドの機械族・闇属性モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:1ターンに1度、自分・相手のバトルフェイズに発動できる。コイントスを3回行う。表が出た数までフィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。3回とも表だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローする。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。コイントスを行う効果を持つレベル7以下のモンスター1体をデッキから手札に加える。


BM-4ボムスパイダー 
星4 闇属性

機械族 ATK/1400 DEF/2200
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、自分フィールドの機械族・闇属性モンスター1体と相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
②:自分フィールドの元々の種族・属性が機械族・闇属性のモンスターが戦闘または自身の効果で相手フィールドのモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動できる。その破壊され墓地へ送られたモンスター1体の元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える


銃砲撃(ガン・キャノン・ショット)
永続罠
①:1ターンに1度、コイントスを行う効果が発動した場合、その効果で表が出た数によって以下の効果を適用する。
●1回以上:相手に500ダメージを与える。
●2回以上:相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
●3回以上:相手の手札を確認し、その中からカード1枚を選んで捨てる。
②:コイントスを2回以上行う効果が発動した時、墓地のこのカードを除外して発動できる。そのコイントスの効果を全て表が出たものとして扱う。


あまだデッキとして成立していないので、デッキとしての評価は難しいところですが、どのカードもそれぞれに強力な効果を持っています。
特徴的なのはやはりコイントスで、それによって効果が変化するデッキとなりそうです。

特に銃砲撃の②の効果は圧倒的に強力です。
デスぺラードリボルバードラゴンが場にいるときに発動したなら、相手の場の表側表示モンスターを3枚破壊しつつ1ドローを狙えます。
さらに、銃砲撃自身が場にあるのならピーピングハンデスすら可能になります。

BM4ボムスパイダーがダイヤウルフに似た自己破壊効果を持っているので、この三枚だけでもある程度出張的な運用が可能になります。

相性のいいカードとしては、まず候補に挙がるのはコイントスをもう一度できるようにする《セカンドチャンス》と、コイントスをするモンスターの効果で発動し、コイントスの表裏を当てることでドローができるようになる《ラッキー!チャンス》の2枚でしょう。

ぜんたいとして、【ギャンブル】と呼ばれるデッキと軸を同じくするデッキであろうと思われますが、現状のギャンブルは当ててもメリットが小さいので、今回は運任せにする価値のあるメリットが得られるようになればいいな~と思います。


以上!!