星遺物カードに新たな動きが!!

詳しくはこちら
ではカード紹介です。

《星痕の機界騎士》
リンク3・効果モンスター
光属性/サイキック族/ATK/3000
【LINK-3:左下/下/右下】
「ジャックナイツ」モンスター2体以上
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードと同じ縦列に他のカードが存在しない場合、このカードは直接攻撃できる。
(2):EXモンスターゾーンのこのカードのリンク先にモンスターが存在しない場合、このカードは効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
(3):このカードと同じ縦列の他の自分のカード1枚を墓地へ送って発動できる。デッキから「ジャックナイツ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。



《蒼穹の機界騎士》
星5 光属性 サイキック族 2000/2500
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
(2):このカードが手札からの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードと同じ縦列の相手のカードの数だけ、デッキから「蒼穹の機界騎士」以外の「ジャックナイツ」モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。



《翠嵐の機界騎士》
星6 光属性 サイキック族 2100/1600
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
(2):このカードが同じ縦列の相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に、自分の墓地の「シャックナイツ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。




《燈影の機界騎士》
星6 光属性 サイキック族 800 /3000
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
(2):このカードと同じ縦列の相手のカードがフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。手札から「ジャックナイツ」モンスター1体を特殊召喚する。




《黄華の機界騎士》
星7 光属性 サイキック族 2200/2800
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
(2):自分の墓地から「ジャックナイツ」モンスター1体を除外し、このカードと同じ縦列の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。



《紅蓮の機界騎士》
星7 光属性 サイキック族 2300/2600
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
(2):自分の墓地から「ジャックナイツ」モンスター1体を除外し、このカードと同じ縦列の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。




《紫宵の機界騎士》
星8 光属性 サイキック族 2500/2000
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
(2):自分フィールドの「ジャックナイツ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを次の自分ターンのスタンバイフェイズまで除外し、デッキから「紫宵の機界騎士」以外の「ジャックナイツ」モンスター1体を手札に加える。この効果は相手ターンでも発動できる。




《星遺物が刻む傷痕》
フィールド魔法
(1):フィールドの「ジャックナイツ」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):1ターンに1度、手札から「ジャックナイツ」モンスター1体または「星遺物」カード1枚を捨てて発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。
(3):自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「ジャックナイツ」モンスター6種類を1体ずつ除外して発動できる。相手の手札・EXデッキのカードを全て墓地へ送る。



《星遺物へ至る鍵》
永続魔法
(1):このカードの発動時、除外されている自分のカードの中から、「ジャックナイツ」モンスター1体または「星遺物」カード1枚を対象にできる。その場合、そのカードを手札に加える。
(2):自分フィールドに「ジャックナイツ」モンスターが存在する限り、そのモンスターと同じ縦列で発動した相手の罠カードの効果は無効化される。




《星遺物の囁き》
永続罠
(1):このカードの発動時に、フィールドのレベル6以上のモンスター1体を対象にできる。その場合、そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。
(2):自分フィールドに「ジャックナイツ」モンスターが存在する限り、そのモンスターと同じ縦列で発動した相手の魔法カードの効果は無効化される。


《星遺物に眠る深層》
永続罠
(1):このカードの発動時に、自分の墓地ののレベル5以上のモンスター1体を対象にできる。その場合、そのモンスターを特殊召喚する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
(2):自分フィールドに「ジャックナイツ」モンスターが存在する限り、そのモンスターと同じ縦列で発動した相手モンスターの効果は無効化される。



この新規テーマは「魔弾」と同様に列を意識した効果を持つものが多くいますね。
モンスターの「(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。」という共通効果からもその様子が見えます。
さらに②の効果では「紫宵の機界騎士」以外のモンスターはすべて列関係の固有効果を持ちます。


一方で、このテーマの切り札的な存在の「星痕の機界騎士」は同列を意識しつつも、「(1):このカードと同じ縦列に他のカードが存在しない場合、このカードは直接攻撃できる。」という効果を持ち、他の「機界騎士」モンスターの同列あってこその効果でないところが気になるところです。

「(2):EXモンスターゾーンのこのカードのリンク先にモンスターが存在しない場合、このカードは効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。」の効果からも今までのリンクモンスターのリンク素材があってこその効果ではないところも気になります。
ここあたりがDTストーリーと何かしらのつながりがあるのでは?


まあ今回はこの辺はスルーします。


次は同時に判明した「機界騎士」の魔法・罠を見ていきましょう。
ここでの共通効果は「(2):自分フィールドに「ジャックナイツ」モンスターが存在する限り、そのモンスターと同じ縦列で発動した相手○○の効果は無効化される。」というものです。
○○には「星遺物へ至る鍵」だと罠、「星遺物の囁き」だと魔法、「星遺物に眠る深層」だとモンスターとのことでそれぞれ三つ巴的な効果になっています。
「機界騎士」を大量展開し、ここあたりの魔法・罠で相手をロックすることがこのデッキの目指す布陣だと予想できます。

また「星遺物が刻む傷痕」は唯一のフィールド魔法であり、その効果は
  1. バンプ
  2. 手札入れ替え
  3. 条件を満たし時の相手の手札・EXデッキ
とこのような効果を持っています。
③の効果を決めるとこちらが優勢になります。
しかもそこまで難しくない発動条件が気がします。


結果というか全体的に見るとこのテーマは相手の列に依存しているため、先攻ではあまり動くことがなく、後攻を取ることが良いテーマです。
ステータス自体に「帝」の恩恵は受けられませんが、「帝王の烈旋」を入れておくと良いと思います。
あとはPテーマと組んで手札からの大量展開をすると魔法・罠の②の効果をうまく使えそうです。
さらに「星遺物」サーチの「星遺物ー星杯」を出張させて「星遺物」カードをサーチできる手段を用意すると良いでしょう。

では簡単ですが、「機界騎士」の解説をい終わりにします。
もしかすると、もう1度特集組むかもしれません。