画像はなし。
フラゲなのでソースもなし。
解説だけしていきます。
超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン 

光属性
ドラゴン族・ペンデュラム
ATK/? DEF/?

このカードは通常召喚できない。手札からのP召喚、または自分フィールドのドラゴン族の融合・S・Xモンスターを1体ずつリリースした場合のみ特殊召喚できる。

①:このカードを手札から捨て、500LPを払って発動できる。デッキからレベル8以下のドラゴン族Pモンスター1体を手札に加える。
②:このカードの攻撃力・守備力は相手のLPの半分の数値分アップする。
③:1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。このカード以外のお互いのフィールド・墓地のカードを全て持ち主のデッキに戻す。

【P効果 青12/赤12】
①:自分はドラゴン族モンスターしかP召喚できない。この効果は無効化されない。
②:自分の墓地のドラゴン族の融合・S・Xモンスター1体を対象として発動できる。このカードを破壊し、そのモンスターを特殊召喚する。



最強ジャンプで連載していた最強デュエリスト遊矢のラストカードです。
非常に強力なカードで、特に【オッドアイズ】においての活躍が期待できます。
自身を手札から捨ててライフを500払うことでデッキからレベル8以下のドラゴン族Pモンスターをサーチする効果と、墓地のドラゴン族融合・シンクロ・エクシーズモンスターを1体蘇生する効果をもっています。

サーチ効果は実質ダークヴルムサーチか、オッPサーチの二択となるでしょう。
蘇生効果は非常に幅広くあつかえるので、単純な蘇生札としての運用すら可能になっています。

上記の【オッドアイズ】においては《オッドアイズ・ボルテックスドラゴン》《オッドアイズ・メテオ
バーストドラゴン》などが蘇生候補として有力です。
それ以外にも《月華竜ブラックローズ》を始めとして、強力なモンスターが多く存在しています。

ペンデュラムスケールも非常に広く、特に《覇王紫竜 オッドアイズ・ヴェノム・ドラゴン》のペンデュラム召喚が可能な点が光ります。

一応おまけ程度の攻撃力変動効果も持っていますが、このカードの真価はサーチ効果とP効果にあるので、まず使うことはないと思います。
③の効果そのものは強力ですが、召喚条件が厳しいため使うきかいは少ないでしょう。


総じて、なんとなく不憫な感じになりつつあった【オッドアイズ】にとって、アニメ終了後の嬉しい強化になったと言えるでしょう。
強化元が元ですので環境とかはありえないですが、【魔術師】や【EM】に対抗するための貴重な戦力となりうるカードであると思います。