20160709053207
TCG(海外)2017年9月18日 禁止制限 リミットレギュレーション

【新禁止カード】
真竜拳士ダイナマイトK
地霊神グランソイル
真竜皇リトスアジムD
源竜星-ボウテンコウ
ダイガスタ・エメラル
十二獣ブルホーン
十二獣ドランシア


【新制限カード】
真竜戦士イグニスH
幻創のミセラサウルス
十二獣モルモラット
ブラック・ホール
六武の門
妨げられた壊獣の眠り
真竜皇の復活


【新準制限カード】
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
竜剣士ラスターP
マスマティシャン
氷結界の龍 ブリューナク
TG ハイパー・ライブラリアン
洗脳-ブレインコントロール
異次元からの埋葬
神の写し身との接触
儀式の準備


【制限解除カード】
デブリ・ドラゴン
オネスト
レスキューキャット
レスキューラビット
召喚僧サモンプリースト
黒き森のウィッチ
光の援軍
竜の渓谷
揺れる眼差し




見ての通り、日本の禁止制限とは思想レベルで違いますよね。
私はこうして海外制限をまじめに見るのは初めてなんですが、驚いたのがオネストとかデブリ・ドラゴンの制限解除ってとこですよね。
あれって海外だと強いの‥?
海外ってそんなに温い環境なの?
トライゲートバグースカの構えとかない感じ…?


的なね。

まあ、昔から日本と海外の展開の手法の違いはよく議論の的となっていたわけですが

トレンディー(死語)な話題でいうと、ついに準制限となった《増殖するG》に関して
例えば海外では「増G禁止論」ってのがあるらしくてですね。


まあ簡単に言えば、増Gはたくさんドローできてテンション上がりすぎて危険だから禁止にしよう!!っていう………

面白くないね。

まじめに言いますと、「増Gは1枚で展開を停止させるので禁止にするべきだ」っていうことらしいです。

( ?ω? )

それが良いんじゃないの( ?ω? )

日本の「手札誘発不可侵論」と真っ向から対抗する理屈ですよね。
海外勢はそんなにじゃんけんしたいのかな……

でもこういうとこ見るとはっきりわかりますが
日本と海外でユーザーの質が違いすぎるので、統一しようにも統一できないんでしょうね。


またボウテンコウ禁止を始めとして、「禁止を減らしたい」っていう姿勢を明確にしている日本KONAMIとは違って禁止増えたからだから何っていう海外KONAMIの強気な姿勢が、今回も明確になってますよね。

グランソイルとりあえず禁止とか無残すぎる……


また海外ではミセラサウルスに、日本ではオヴィラプターに制限がかかったあたりにも双方の思想の違いが出てるなって思いました。


日本の秋制限と並べてみると双方の環境とゲームメイク思想の違いが明確に出て面白いですよね(白目)

個人的にはやっぱり日本の方が好きでした。