DKKFP14VwAIH_id
DKKFP14VwAIH_id

通常罠
①相手のサイバース族モンスターの攻撃宣言時に発動できる。お互いのメインモンスターゾーンのモンスターをすべて破壊する。このターンのエンドフェイズに、この効果で破壊したサイバース族リンクモンスターを可能な限り、墓地から持ち主をフィールドに特殊召喚する。
②相手モンスターの効果が発動したとき、墓地のこのカードを除外して発動できる。自分フィールドのサイバース族リンクモンスターはこのターン終了時まで、自身以外のカードの効果を受けない。



新規罠です。サイバースを条件とする聖なるバリアの上位互換的な感じです。
現状リンクにサイバースが非常に多く、また有用であるため、多くのデッキにこれが投入されています。
発動の機会は少なくなく、リンクモンスターによる攻撃がもっとも確率が高いことで、蘇生対象がないということもあまりないでしょう。
また、破壊するのがメインモンスターゾーンのみというのもミソです。
《ヴァレルロード・ドラゴン》などの超大型リンクモンスターをエクストラゾーンに設置し、メインに攻撃力の低いモンスターを出しておくことで相手の攻撃を誘いつつ消耗を抑えることができます。

弱点としてはやはりサイバースにしか反応しないことがあげられます。これによって《冥府の使者 ゴーズ》の時のように、攻撃のテンプレが変化したと言えるでしょう。
これまでの攻撃力が低いやつから殴っていくというセオリーに加えて
「伏せがあるときはメインゾーンの非サイバース→メインゾーンのサイバース→EXゾーンのモンスターの順で殴る」
というセオリーが誕生したと言っても過言ではないと思います。


②の効果は完全におまけです。しかし、このカード自身に対するメタカードとしても機能すると思います。見ての通りの効果です。
このカードへのメタカードとして使う場合は効果発動タイミングがシビアになります。
どちらかというと「発動を先送りにする」タイプのメタと言えるでしょう。


以上で解説終わります!!