e097176a

海外のレジェンダリードラゴンパックとかいう構築済みデッキの特典カード2種について考察したいと思います!!



e097176a
 
Dark Magician the Dragon Knight
Level 8 DARK Dragon  Fusion Effect Monster ATK 3000 DEF 2500
Materials: “Dark Magician” + 1 Dragon monster
This card’s name becomes “Dark Magician” while on the field or in the GY. 
Your opponent cannot target Spells/Traps you control with card effects, also they cannot be destroyed by your opponent’s card effects.

Dark Magician the Dragon Knight
星8 闇属性 ドラゴン・融合 ATK/3000 DEF/2500
「ブラック・マジシャン」+ドラゴン族モンスター1体
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ブラックマジシシャン」として扱う。
②:自分の魔法・罠カードは相手の効果の対象にならず、効果で破壊されない。


はい強いね(KONAMI感)

名前は「竜剣士ブラック・マジシャン」ってところでしょうか。呪符竜の立場がないですがまあいいってことよ。

ブラックマジシャンにおいてこのカードは縦横無尽に活躍してくれることでしょう。
コントロールが軸となる現在のブラックマジシャンには、純粋に打点で押してくる青眼などのデッキに対して、どうあがいても有利を取れないという弱点がありました。
このカードの登場によってその弱点が大幅に改善されます。
また、このカードの登場以前は魔法罠除去に対して恐ろしく弱いという弱点ももっていましたが、それも解決しています。

要求をきっちり満たしてくれる良強化カードと言ってしまっていいでしょう。

弱点を上げるとするならばこのカードがドラゴン族であることが大きな弱点となります。
また、このカードの要求融合素材である「ドラゴン族」をブラックマジシャンで採用するのはとても難しいです。
じゃあ《ティマイオスの眼》使うのか、というと、あのカードはフィールドのブラマジを使うので、事故のリスクが結構大きくなります。

ただ、《黒魔術の継承》をはじめとするサポートが多く、デッキパーツの量の少なさから《強欲で貪欲な壷》を無理なく採用できることもあって、引き込むことそのものはそんなに難しくないと思います。
寧ろティマイオス入るなら強貪は抜けるかな……っていうのが当面の私の予想。

問題はこのデッキの起動パーツが
  • 永遠の魂
  • 黒の魔導陣
  • ブラックマジシャン
と、既に結構多いこと。
いくらサーチやめくりが多いとは言え起動が3枚からというのは中々に無理がある数字です。
黒の魔導陣も強欲で謙虚な壺もルドラの魔導書も、所詮は運ゲーのめくりカードなので、確定性に欠けるという欠点が残ります。


故に、このカードの運用としては初動で出すというような感じではなく、寧ろ2手目3手目で盤面がある程度安定して来てから出すカードになるかと思います。

このカードを高速で出す場合、初動での魔導陣魂ブラマジの構えをより強く要求されることになるので、《召喚師のスキル》《おろかな埋葬》などの採用を検討することも考えられます。

総じて、強力であることは間違いないものの既存のブラマジの構築そのものも含めての改造が必要となるタイプのカードです。

ただやっぱこのカードは強力ですし、ティマイオスが2枚来たとしてもこのカード自身を素材にしてブラックパラディンにつなげることも可能ですので、このカードとブラックパラディン、双方を採用するのはブラマジの必須事項になっていくと思います。




7f3bfa50

Chimeratech Megafleet Dragon
Level 10 DARK Machine-Type Fusion Effect Monster ATK 0 DEF 0
Materials: 1 “Cyber Dragon” monster + 1+ monsters in the Extra Monster Zone
Cannot be used as Fusion Material. Must first be Special Summoned (from your Extra Deck) by sending the above cards from either field to the GY. (You do not use “Polymerization”.) 
The original ATK of this card becomes 1200 x the number of Fusion Materials used for its Special Summon.


Chimeratech Megafleet Dragon 
星10 闇属性機械族・融合 ATK0/ DEF0
「サイバードラゴン」モンスター1体+EXモンスターゾーンのモンスター1体以上
自分・相手フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ、エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは融合素材にできない。
①:このカードの元々の攻撃力は、このカードの融合素材としたモンスターの数×1200になる。


こちらはそれなりに強力なカードです。
名前は「キメラテック・大艦隊・ドラゴン」……じゃなくて、普通に「キメラテック・メガフリート・ドラゴン」になると思います。
Fleetが艦隊の意です。


性能としては在りし日のキメラテック・フォートレスドラゴンに近いものがあります。
が、汎用性が段違い。召喚権を消費せず、1度もチェーンブロックを組まずにEXゾーンをカラにすることができます。凶悪ですね(KONAMI感)

ちなみにこのカード1枚で相互リンク状態をつぶせるので、トライゲートの3体相互の効果を消すことができるため、そこまでの脅威な盤面ではなくなります。
どのような構えを取っていたとしても、トライゲートもファイアウォールも、サイドラ効果で自身を特殊召喚からこのカードにつなげる流れを止めることができないのです。

そういう意味ではこのカード、もはや汎用と言っても過言ではないと思います。

まあ…ラー玉みたいなもので、汎用だから全部のデッキに採用されるってことでもないし、別に普通にラヴァゴの方が除去枚数多いしで必ずしも多くのデッキで使われるカードではないと思います。

じゃあこのカードの強味は何なのってことになります。
最大の強みは「リリース系の凶悪な除去をするのに自分の場にモンスターが残ること」です
《忍法 超変化の術》と似てます。


汎用とはいいましたが実際はまあ…
サイバー流だったら使うんじゃね?って感じです。
強いことは間違いないので。
サイバー流としてはまあまあ嬉しい強化だとは思います。
せめてサイドラとして扱う効果があれば話は違ったのですが……

星10であることを活かして列車エクシーズにつなげるってのもアリかなって気はします。
グスタフとかです。シンプルに強いです。
サイバー流の打点なら、相手を殴ったあとでメイン2でこのモンスターにつなげてグスタフでとどめみたいな動きも十分あり得ると思います。



以上で解説を終わります

最後の1枚オッドアイズの新規は儀式Pなのでは?っていう期待を背負っています。楽しみです。