同じパックで出た【SPYRAL】と【サブテラー】ですが、【SPYRAL】の方が一枚上手です。
そこで、【サブテラー】で【SPYRAL】の対策を考察します!


まず一つは【サブテラー】のエクストラデッキに「SPYRAL・ザ・ダブルヘリックス」を入れて「浮幽さくら」で除外するのがかなり刺さります。
このカードは【SPYRAL】対策の定番で、エクストラをあまり積まない【サブテラー】とも相性が良いですね。





次は「月の書」と「皆既日食の書」です。
裏側にされたモンスターはリンク素材にする事が出来ず、これで展開を阻止出来ます。しかも、【サブテラー】と相性が良いのでこちらも強力です。








次は汎用手札誘発ですね。
それぞれの発動タイミングは

幽鬼うさぎ

SPYRAL RESORTに打つ


灰流うらら

SPYRAL・ザ・ダブルヘリックスに打つか機械複製術に打つ


増殖するGとドロール&ロックバード

展開を始めた時に打つ


これがベストだと思います。

サブテラーに上記のカードを積む場合

メインデッキから入るのは「増殖するG」と「灰流うらら」と「月の書」ですね。
「月の書」は入らないかもですが、以前紹介した占術姫サブテラーでは有効でした。

サイドデッキでは「浮幽さくら」と「皆既日食の書」が優先して積むのが良さそうです。

実際に【SPYRAL】と【サブテラー】で戦いましたが、「浮幽さくら」、「増殖するG」「ドロール&ロックバード」はかなり刺さります。
その次に「月の書」「皆既日食の書」「灰流うらら」が刺さっていました。

投入枚数はサイドに「浮幽さくら」3枚、メインに「増殖するG」は2枚は確定で「灰流うらら」「皆既日食」も2〜3枚入れるのがベストだと思います!


【SPYRAL】のせいで【サブテラー】の影が薄くなってしまっていますが、【サブテラー】も十分強力なテーマです!
是非これを参考にしてみてください。