Yu-GI-OH.jpからの情報なので画像はありません。
ソースはこちら
古代の機械超巨人 融合モンスター
レベル9 地属性 機械族 ATK3300 DEF3300
「アンティーク・ギア」モンスター×3
①このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動することはできない。
②このカードが「古代の機械巨人」「古代の機械巨人-アルティメット・バウンド」の中から合計2体以上を素材として融合召喚されている場合、このカードはその数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。
③融合召喚した表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドを離れた場合に発動できる。EXデッキから「古代の機械究極巨人」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。


古代の機械の新規です。
風評被害を受ける前の、鉄臭いイラストがはんD的には最高に好みですね。
素材はアンティーク・ギアモンスター三枚と緩めです。魔神よりは重く、究極巨人よりは扱いやすいという感じになります。
効果は三つあって、①が古代の機械共通効果です。

②は融合素材に古代の機械巨人シリーズの2枚を、合計2枚以上使っている場合に適用される攻撃回数追加効果。
古代の機械巨人を2枚でも、アルティメットバウンドを二枚でもそれぞれ1枚ずつでも適用されるようです。
打点が3300とかなり高めなので攻撃回数追加効果は非常に凶悪と言えるでしょう。
またハウンドドッグの存在があるため、手札で腐っている古代の機械巨人とアルティメットバウンドらを含めた古代の機械モンスターを2枚同時に処理できることが可能になり、しかもそれで出てくるモンスターがこのモンスターなので強力です。
③の効果の存在から、よほどのことがなければまずこのカードを召喚しますので、この攻撃回数増加効果も使う機会は少なくないと思います。

③の効果は《シューティング・クェーサー・ドラゴン》に似た後続召喚効果です。
戦闘破壊非対応なのが致命的にイタイですね。3300程度なら乗り越えることは容易ですから。
呼び出し先も耐性などがないただのデカブツなので、威圧力としては少々心もとないです。
しかし呼び出し先の究極巨人の方も、破壊されたとき墓地から「古代の機械巨人」を蘇生する効果を持っていますので、盤面に居座り続けるという意味では結構良い効果なのかなと思います。

総じて、単体としては強力なカードだと思います。
ただ古代の機械自体、相当部分メインだけで戦えるデッキですし、このカードが実戦でどこまで役立つかは今後の強化と構築次第と言えるのではないでしょうか