超巨人と同じくYU-GI-OH.jpからなので画像はありません。
ソースはこちら
究極宝玉神レインボー・オーバー・ドラゴン 融合モンスター
星12 光属性 
ドラゴン族 ATK4000 DEF0
「宝玉獣」モンスター×7
このカードは融合召喚か以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分フィールドのレベル10の「究極宝玉神」モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:1ターンに1度、自分の墓地から「宝玉獣」モンスター1体を除外して発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したモンスターの攻撃力分アップする。
②:融合召喚したこのカードをリリースして発動できる。フィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

究極宝玉神カテゴリーの新規モンスターです。
元となるレインボードラゴンの効果のうち、デッキバウンス効果をピックアップしたモンスターと言えるでしょう。
効果は二つありますが①の効果はほぼおまけのようなものになると思います。
②が凶悪なデッキバウンス効果で、融合召喚したこのカードをリリースして場のカードすべてをデッキに戻します。
問題は「融合召喚した」という条件と、「お互いのカードをデッキに戻す」という効果そのものでしょうか

このカードの融合召喚の条件である宝玉獣7体というのは、【宝玉獣】にとっては非常に重い数字です。
①のバンプ効果はさておきとして、②の効果を使うためには正規融合しか方法はありません。
正規の方法での融合召喚は非常に重いです。新規に期待するとしても、現状、現実的には《竜の鏡》による墓地融合しかないでしょう。
しかしそれで得られるリターンが②の効果だけというのはあんまりだと思います。

場の永続魔法扱いの宝玉獣が鍵となるこのデッキにおいて、デッキバウンスは大きな痛手です。
そもそものアド回収力の差もあって、おそらく被害総額は相手を上回ることでしょう。

つまりそこまで使えない効果です。
まあラストのとどめを刺すときやレインボードラゴンを出せる状態で、レインボードラゴン自体がいないときに龍の鏡をつかって出すことが比較的マシな動きです。

強いて言うなら出したターンに即座に使える点は評価に値するので、宝玉獣に竜の鏡をピン刺ししていくくらいのことはアリではあると思いますが、そうでないならあとは新規を待つしかないというのが結論であるように思われます。


運用法としては融合識別でジズキエルなどのレベル10モンスターをこのカードとして扱い、そのカードをリリースして出す方法が手っ取り早いですが、上で説明したとおり、②の効果は使えなくなるのでなんだかなぁって感じです。

新規に期待したいです。
きっとジェムフュージョンとかいうカードが出るでしょう、たぶん。