f78135a4
ソースはTwitterとかです。
さっそく見ていきましょう。
Odd-Eyes Arc Pendulum Dragon
Level 7 DARK Dragon Pendulum Normal Monster
ATK 2700
DEF 2000
Pendulum Scale: 8
Pendulum Effect:
If an “Odd-Eyes” card(s) you control is destroyed by battle or card effect: You can Special Summon 1 “Odd-Eyes” monster from your hand, Deck or GY. You can only use this effect of “Odd-Eyes Arc Pendulum Dragon” once per turn.
Flavor Text:
Made from miracles, this valiant and beautiful dragon has gleaming eyes that reflect an arc drawn in the sky.


オッドアイズアークペンデュラムドラゴン ペンデュラム・通常モンスター
星7 闇属性 ド
ラゴン族 ATK/2700 DEF/2000
【P効果 青8/赤8】
「オッドアイズアークペンデュラムドラゴン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の「オッドアイズ」カードが戦闘・効果で破壊された場合発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「オッドアイズ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
フレーバーテキスト(意訳)
奇跡によって生まれた、この雄々しくも美しき竜。その双眸は天空に描かれた光のアークを映して輝いていた。


ひたすら強いです、本当にありがとうございました。
今まで同僚の【魔術師】や【EM】に比べ全体的に未完成観の強かった【オッドアイズ】ですが、【超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン】とこのカードの登場によって完全に完成されたデッキへと至ることに成功しました。

このカードの主な使い方としては以下の2パターンがあります
  1. 《天空の虹彩》の破壊効果に対して
  2. 「オッドアイズ」系統のカードの自壊効果や、相手による除去に対して
似たような運用ではありますが、即時運用が可能な1の場面と、即時で使うことはできない形で運用することになる2の場面では微妙にチョイスが変わってくると思います。

虹彩のケアとしては、扱いやすいこのカード自身やシンクロにつながる《EM オッドアイズ・シンクロン》や《EM オッドアイズ・ディゾルヴァ―》が良いでしょう。《貴竜の魔術師》が用意できるのなら《EM オッドアイズ・ミノタウロス》を出してもいいと思います。
戦闘時のコンボダメージを優先する場合、《オッドアイズ・ファントムドラゴン》が有効です。
虹彩によるサーチも併せて2400の攻撃力アップを保証できます。


逆にエンドフェイズに発動するオッPの効果に反応して出す場合や、相手のターン中の除去にたいしてリクルートする場合、シンプルに打点が高いこのカード自身がベターです。相手のエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターの効果を封じる《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》を使うのもよいでしょう。耐性付与できる《オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン》を守備表示で出すという手段もアリではあります。
こちらの使い方をするのは初手が多いと思います。


さらにこのカードの大きな特徴として、蘇生に対応している点が挙げられます。
エクストラのオッドアイズモンスターは3種類(エクストラPは基本墓地行かないのでノーカウント)存在します
  • オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン
  • オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン
  • オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン
です。どれもそれぞれに強力な効果を持っていますが、特筆すべきは《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》です。
このカードの効果でメテオバーストを蘇生すると、Pゾーンに存在するアークを特殊召喚してエクシーズ召喚へとつなげることが可能になります。
また、《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》は特殊召喚時1枚バウンスに加えて、風属性であるため《貴竜の魔術師》とともに強力無比なシンクロPモンスター《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》をシンクロ召喚することも可能になります。

また、通常モンスターである点に加え、攻撃力2700というポイントも非常に強力です。
2500ラインを基本とするこのデッキにおいて2700というのは地味に効きます。
通常モンスターなので、《召喚師のスキル》に対応しています。
《強欲で貪欲な壺》の採用確率が高いこのデッキではスキルによる枚数培養は有効になりやすいです。

さらにさらに、スケールも強力です。
全体にスケールが低い方によりがちな【オッドアイズ】において、スケール8というのは圧倒的に強力な数値です。これでようやく《竜穴の魔術師》を1枚にすることができる……うれしい……
(※幻黒強いし、P効果も強いしPコールで呼べるので1枚はほしい)


何にせよ超が付くほど強力なカードです。
オッドアイズを使うなら、レボリューションと合わせて3枚確保が推奨されるでしょう(※実際3枚投入はたぶんしないけど)
これほど期待もてるカードなので日本に来日するときが待ち遠しいですね。