S_6777843098427

注目の魔力カウンターデッキ【魔導獣】から新規です。
S_6777843098427

モンスター効果は共通の魔力カウンター設置効果に加え、相手の召喚特殊召喚に対して、場の魔力カウンター3つを取り除くことでそのカードを手札に戻すという誘発効果を持っています。
ペンデュラム効果は、反対のスケールにPカードが存在しない場合に使用できる《エキセントリックマデーモン》みたいなもんです。自身と、自身以外の場の魔法罠を破壊できます。

ざっくりいえば魔導獣専用のエキセントリックデーモンといったところでしょうか。特に優秀なのは誘発バウンスです。

ただ、実際の感覚として、【魔導獣】にどのくらいカウンターがたまるかは確実なことが言えないので判断することはできません。
ファンレベルで、《コズミックサイクロン》などを使わないという条件でならば、《魔法都市エンディミオン》に事実上の破壊耐性がありますので、このカードに使う分程度のカウンターを用意することなどさしたる問題にもなりませんが、コズサイや墓地送り、除外による除去。或いはバウンスですら、カウンターを使うデッキにとっては大きな問題となります。
一応【真竜】の減少によってコズミックサイクロンの使用率自体は減少傾向ですが、今後も墓地効果持ちの魔法罠は増えると思われますので油断は禁物です。


既存で相性がいいカードは
  • オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン
  • マジカル・アブダクター
  • 揺れる眼差し
辺りです。
特にオッドアイズは彼のデメリットであるエンドフェイズにサーチするという点をこのカードのモンスター効果で疑似的にカバーできますし、眼差しに至っては相手ターン中で全ての動きを完結させられるというメリットがあります。カウンターも1たまりますし、ミラーや魔術師相手の場合4つの効果の発動も狙えます。
相手を見てからサーチできるのはこの手の誘発にとってメリットが大きいです。
尚、相手の召喚、特殊召喚に対して眼差しを撃った場合このカードは間に合わないので注意してください。
尚、アブダクターはアブダクター自身が残ってるとP効果の方を使えないので注意が必要です。
モンスター効果は問題なく使えますが。

エイリアン、エンディミオンに続く(エンディミオン使うけど……)本格的なカウンター使用デッキである【魔導獣】!
さらに期待が高まりますね!!