card100004275_1

今回は戦士族の流れを感じたので《不死武士》の紹介です。

効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻1200/守 600
自分のスタンバイフェイズ時にこのカードが墓地に存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードを墓地から特殊召喚できる。
この効果は自分の墓地に戦士族以外のモンスターが存在する場合には発動できない。
このカードは戦士族モンスターのアドバンス召喚以外のためにはリリースできない。


効果的には「黄泉ガエル」と似た蘇生効果ですね。
「黄泉ガエル」の条件は自分フィールドに「黄泉ガエル」が存在しない場合の蘇生、こいつは自分フィールドにモンスターがいない場合の蘇生。
このカードと「黄泉ガエル」では「黄泉ガエル」の方が条件がゆるいため使いやすく、レベル的にもシンクロやらエクシーズに使いやすく見えます。

けれど今回は「黄泉ガエル」にはない「不死武士」の魅力について考察していきたいと思います。


①闇属性である。

これは「終末の騎士」や「ダーク・グレファー」の効果で墓地に落とせるため、「不死武士」の効果を使える条件を整えることができます。
これはよく出せる事例ですね。
どちらのモンスターも戦士族であるため、「不死武士」を使い闇属性を主軸にする際には必ず投入されるでしょう。
「漆黒のトバリ」の効果にも使えますけどこのカードをドローフェイズに引くというのが運なので使えるというか、まあ効果の対象になるって話です。
この効果で捨てることができればそのターンに蘇生が可能になるのはそこそこ面白いです。


②永続魔法・永続罠を維持し続けながら戦える。

まあこれもよく言われてるものですね。
「スキルドレイン」や「群雄割拠」、「強制終了」などのカードを維持しつづけながら戦うことができ、相手の行動を妨害できます。
リリースをしないコストを払うカードの役目になることができます.
このリリース要員としての役目は「黄泉ガエル」の方が使いやすいですが、やはり「黄泉ガエル」では永続魔法・永続罠のコストに使えないのが痛い。
その点「不死武士」は良い!ってことです。

③【幻影騎士団】や【U.A.】との相性が良い

これはレベル帯や属性・種族の関係上、簡単にランク3のエクシーズモンスターを出せるという点です。
【幻影騎士団】は墓地落としのカードもそれなりに入っており、主力のモンスターが大体レベル3の戦士族であるので無理なく投入できます。
投入することメリットはレベル3モンスターの毎ターンの供給が可能になり、エクシーズ召喚を行える盤面を整えやすくなるということができるためです。
「黄泉ガエル」ですと「幻影」罠の存在やレベルの関係上採用は難しいですので。

【U.A.】はレベルの高いモンスターが多く、メタビート的な戦い方を取るデッキが多いため、このカードを採用することで毎ターン「U.A.」モンスターの召喚素材を提供し続けられるのは「U.A.」にとってはありがたいことではないでしょうか?
「U.A.」自体特殊召喚効果を持っているとは思いますが、やはり複数枚の「U.A.」モンスターを展開できたほうがずっと強い。
「黄泉ガエル」では「U.A.スタジアム」、「U.A.パワードギブス」、「U.A.ペナルティ」を発動したままの展開は難しいというかできないので「不死武士」に軍配があがります。

まあこんな感じでしょう。
①と②はわかっている人多く、何を今更感があるのは否めないです。
まあ他にも【ジャンド】に投入し、戦士族で染め上げ【不死武士シンクロ】というデッキについてもとりあげようかとは思いましたが、新ルール下ではエクストラの圧迫がきついのでソリティア性がかなり減ったシンクロデッキとなるため紹介を見送りました。
いつかシンクロが全盛期のような回りができるようになると良いですね。

以上、《不死武士》の紹介でした。