いやあ……すっかり忘れてた……

さっそく見ていきます
魔導獣 キングジャッカル ペンデュラムモンスター
星6 闇属性 
魔法使い族・ペンデュラム ATK/2400 DEF/1600
【モンスター効果】
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを2つ置く。
②:1ターンに1度、効果モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの魔力カウンターを2つ取り除いて発動できる。その効果を無効にし破壊する。
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。このカードを破壊し、自分のEXデッキから「魔導獣キングジャッカル」以外の表側表示の「魔導獣」モンスター1体を特殊召喚する。


魔導獣の新規です。
Masterに続いてKingの登場です。
ステータスは完全に並なので無視していいでしょう。

モンスター効果は2つ。
共通の魔力カウンター蓄積効果と、魔力カウンター2つをコストにモンスター効果を無効にする効果です。
この書き方だと誘発っていう認識でいいんですかね(不安)
誘発効果の場合特筆していなくても相手ターンに発動可能ですが、最近は明記する傾向にあるのでどっちなのかは判断しかねます。
相手ターンに使えない場合正直ほぼイラナイ効果です。
ペンデュラム効果は自壊して、エクストラデッキから表の魔導獣をリクルートする効果です。

全てが(一つは条件付きとはいえ)非常に有力な効果ですが、特に①の、魔力カウンター2つ蓄積というのが非常に強力です。
圧倒的に効率が良くなります。このモンスターが存在するだけで盤面有利を作れると言っても過言ではないほどの効率のよさです。
無効化効果が誘発即時ならね!!!!

違う場合はペンデュラム要員としての活躍がメインになるでしょう。

マスターケルベロスからこのカードをサーチして発動、自壊しエクストラデッキからマスターケルベロスを出す

…などといった動きの中で組み込まれてくると思います。
レベルが6である点などは、出張などにおいてはネックになることが多そうです。
しかし純構築のこのデッキは自壊と魔力カウンター、《ペンデュラム・パラドックス》によるアド回収を動きの大きな柱とすると思われるので、あんまり関係ないかなって思いますね。

先日紹介した【魔導獣】デッキにこのカードを採用する場合は、ペンデュラム・パラドックスとデュエリスト・アドベントの採用も並列して検討することになると思います。

以上でキングジャッカルの解説は終りです
そろそろ魔導獣も打ち止めになると思うので先日のデッキも再調整して行きたいなと思います。