e12f95ec

どっからどうみてもニンジャコロスベシみたいな感じだったヴァンデットですが、今度はバイオニン……じゃなくてバイオゾンビなどが新規参入しました。
一気に見ていきましょう。

e12f95ec

Vendread Chimera
Level5 DARK/Zombie Ritual/Effect ATK2300/DEF0
You can Ritual Summon this card with any “Vendread” Ritual Spell Card.
When a card or effect that would destroy a card on the field is activated (Quick Effect): You can banish 1 Zombie monster in your Graveyard; negate that activation, and if you do, destroy that card. If this card is tributed or banished for a Ritual Summon: all monsters your opponent controls lose 500 ATK/DEF. You can only use effect effect of “Vendread Chimera” once per turn.

ヴェンデット キメラ
☆5 闇属性 アンデット族 儀式/効果 ATK2300 DEF0
このカードは「ヴェンデット」儀式魔法によってのみ儀式召喚できる。
「ヴェンデット キメラ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①フィールドのカードを破壊する効果が発動した時、墓地からアンデット族モンスター1枚を除外して発動できる。その効果を無効にして破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。
②このカードが儀式召喚のコストとしてリリースまたは除外された場合、相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力を500ダウンする。



ヴェンディッド新儀式カードですね。
破壊効果を無効にする効果を持っています。
デバフはまあほぼほぼおまけとみていいでしょう。スレイヤーの(2)の効果で使うことも不可能ではないですが…
モンスターを素通りして攻撃できないこのゲームの性質上、500の差でも明暗を分けることは少なくないので、バカにしてるとえらい目にあいかねないと思います。

若干心もとない気がしないでもない効果ではありますが、「儀式魔人」に近い効果付与効果を軸に戦うヴェンデットに関して、儀式体が弱いことはそこまで問題になりえません。

寧ろ大きな弱点となるのはこのカードが《儀式の下準備》に対応していないことです。

かといって決定打には全く火力が不足していますし、このカードがスレイヤーに代わって基軸となることはあまり考えられないです。
ただ、補強としては優秀なカードになると思います。



57bc0e56

Vendread Strix
Level2 DARK Zombie/Effect ATK500/DEF2000
If this card is sent to the GY: You can reveal 1 "Vendread" card in your hand; Special Summon this card, but banish it when it leaves the field. 
A "Vendread" monster Ritual Summoned using this card on the field gains the following effect. You can only use each of the preceding effects of "Vendread Strix" once per turn.
● After damage calculation, if this card battled an opponent's monster: You can draw 1 card, then discard 1 card.

ヴェンデット ストリクス 
☆2 闇属性 
アンデット族 ATK/500 DEF/2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に送られた場合、手札から「ヴェンデット」カード1枚を相手に見せて発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
②:フィールドのこのカードを使用して儀式召喚した「ヴェンデット」モンスターは以下の効果を得る。 
●このカードが相手モンスターと戦闘したダメージ計算後、自分のデッキからカードを1枚ドローし、手札を1枚捨てる。


Strix=フクロウの一種です。耳がないフクロウのことをさします。
二つの効果があります。①が自己蘇生効果。②が共通の効果付与効果。
①はおそらく儀式召喚後このカードを即座に蘇生して次の儀式召喚につなげるためのカードでしょう。
おろかな埋葬やユニゾンビで墓地へ送ったときにも効果が発動するのがミソだと思います。
OTP制限のある効果なので、純構築においてエクシーズ等につなげるのは難しいですが、何らかの手段でエクシーズに成功した場合はなかなか優秀なカードになりうるでしょう。
儀式素材としてはレベルの低さに若干のネックを感じますがまあ問題ないでしょう。
キメラなら☆3以上、スレイヤーなら☆4以上の相方が必要になります。
墓地送りとレベル調整が可能なユニゾンビとの相性が特筆していいカードですね。
付与効果の戦闘時手札交換は恐ろしく優秀なのでぜひとも採用していきたいところ。
カード特性から考えるとそこまで多くの枚数は必要ないです。
1~2ですね。Ω採用の場合1でも十二分に活躍するでしょう。



d9aba8d2-s
Vendread Gathering
Reveal 1 "Vendread" Ritual Monster in your hand, Special Summon, in face-down Defense Position, any number of your banished "Vendread" monsters with different names whose total Levels exactly equal the Level of the Ritual Monster you revealed, Tribute all those face-down Defense Position monsters, then Ritual Summon that Ritual Monster from your hand. You must be able to Ritual Summon to activate and to resolve this effect.


ヴェンデット ギャザリング
通常罠
①:手札の「ヴェンデッド」儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。レベルの合計がその儀式モンスターのレベルと同じになるように、除外されている自分の「ヴェンデット」モンスターを裏側守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。その後、この効果で特殊召喚したモンスターを全てリリースし、手札からその「ヴェンデッド」儀式モンスターを儀式召喚する。

対魔忍かな(すっとぼけ)
ギャザリング=採集です。凶悪な効果です。
最も、この効果で素材にしたカードが

フィールドのこのカードを素材に儀式召喚した

扱いになるのかは正直微妙なところ。
裏守備なので非公開だから駄目とかなってもおかしくないです。
そうなるとちょっと惜しいカードかな…
でもこのカードがあれば全く遠慮なくカードを除外していくことができます。その点は強力と言っていいでしょう。
相性が特にいいのは先述のストリクスですね。このカードのリリースで墓地に送られても即座に蘇生し、次の儀式につなげることができます。墓地へ送られたカードももちろん素材にできるし「ヴェンデット」の儀式召喚の条件は「レベル以上となるように」なので、墓地のカード全部素材にしてスーパーてんこ盛りスレイヤーとかも作れるね。意味ないけどね。
注意点は、このカードは儀式モンスターと同じレベルになるようにリリースなのでキメラとスレイヤーを上手に使い分けていかねばならないっていう点です。
下手こいたら「戻したいあのカード戻せない!!」みたいなことになりかねないです。

fb72127c-s

Vendread Nights
Field Spell

Vendread Nights
フィールド魔法
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「Vendread」モンスター1体を手札に加える。
②:自分フィールドの「Vendread」モンスターが相手モンスターを戦闘で破壊した場合に発動できる。自分の墓地の「Vendread」モンスター1体を除外し、そのモンスターはもう1度だけ続けて攻撃できる。

どうやって読んだんですかねこれ…
効果は2つです。コスト付きのサーチと連続攻撃効果。
今更コスト付きってなあ……でもまあこのデッキは墓地利用メインだしユニゾンビとかあるし残当。
コストというよりはメリットとしてのコストなんだろうなと思います。
②の効果は連続攻撃効果。
スレイヤーの自己バフ効果や儀式素材の観点からも、このデッキは相当墓地リソース管理に神経使うデッキになりそうです。
連続攻撃自体は強いので、スレイヤーの自己バフとは相談ですね。
墓地リソースの貯めやすさは①の効果もあってピカイチですからリソース不足になるというようなことはないと思います。ユニゾンビから出すΩや、先述のギャザリングでのリソース回復も可能ですし。
問題は何を遺し何を除外するかというポイントで、耐性も攻撃力も、低くはないものの強いとは言い難いスレイヤーは比較的高確率ですぐ始末されるので、それを見越して何を遺し何を切るかを判断していかねばならないと思います。
フィールド魔法がもはや逃れられないものとなった《盆回し》の相方。

このデッキにおいてはまず候補になるのが《アンデット・ワールド》
単純な相性の良さがあります。
Ωなどの汎用シンクロを馬頭鬼の蘇生対象にすることができるというメリットもあります。
普通は馬頭鬼採用しない気もしますが。

次いで、SS回数の絶対値が少ないことに目を付けた《サモンブレーカー》
事実上召喚特殊召喚が2回しかできなくなるので通常召喚と儀式召喚だけで動けるこのデッキとの相性は悪くないです。
他のエクストラを使う召喚法は最低3回の特殊召喚が必要ですからね。
ペンデュラムはまあ……

他には、シンプルに強い《竜の渓谷》などがあります。
ストリクスコストにデストルド墓地送りで、そのほかに素材がもう一つあれば最強シンクロモンスター《氷結界の竜-トリシューラ》を出せるのは魅力です。



以上で海外新規の一挙カイセツを終わります。
来るのはわかってたけど、この辺の強化が来年ってなるとちょっと複雑な気持ちですね…
アークともども早く来日してくれ^~~~~