0e8af052cf794d55a6456e2028591099

今回は似た効果をもつ2枚のカードを比較し、どちらが優秀かを独断と偏見で判断したいと思います。
では最初は《修禅僧 ゲンドウ》と《No.41 泥睡魔獣バグースカ》の効果を見ていきましょう。
最初は《修禅僧 ゲンドウ》です。

51KG133ANsL

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻 300/守1800
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの表側攻撃表示モンスターは効果を発動できない。
(2):守備表示のこのカードはカードの効果の対象にならず、効果では破壊されない。


次は《No.41 泥睡魔獣バグースカ》です。

51All8fCDtL

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/悪魔族/攻2100/守2000
レベル4モンスター×2
このカードのコントローラーは、自分スタンバイフェイズ毎にこのカードのX素材を1つ取り除く。
取り除けない場合、このカードを破壊する。
(1):攻撃表示のこのカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):このカードがモンスターゾーンに守備表示で存在する限り、フィールドの表側表示モンスターは守備表示になり、フィールドの守備表示モンスターが発動した効果は無効化される。


見事に逆ですね。
《修禅僧 ゲンドウ》は守備表示であれば効果の対象・破壊されず、《No.41 泥睡魔獣バグースカ》は攻撃表示であれば効果の対象・破壊を破壊されない。
まあ《No.41 泥睡魔獣バグースカ》のほうは守備表示と攻撃表示で効果が変わりますがね。

ではでは比較していきましょう。

最初は《修禅僧 ゲンドウ》の良い点・悪い点からです。

良い点
  • レベル4のため手札に来ればすぐに召喚できる。
  • 低ステータスのため、「奈落の落とし穴」にかからない。
  • 魔法使い族のため「魔法族の里」と組み合わせることができる。
  • メインモンスターのためエクストラモンスターと共存可能。
  • リンクモンスターの効果を止めることができる。
悪い点
  • 召喚した場合、攻撃表示で出さなくてはならず、打点の上で破壊されやすい。
  • 守備力のラインが低いため戦闘破壊されやすい。
  • 相手が守備表示でモンスターを出せばそのモンスター効果を通してしまう。
まあこんな感じなことが挙げられますね。
手札にくればすぐに召喚でき、それで一応ロックをかけることができるのはとても良いです。
またこのモンスターを特殊召喚できることができれば、いきなり守備表示で出すことができ、②の効果もすぐに適応できることができます。

ですが、やはり低ステータスの部分が気になるところです。
打点が300で、守備表示にしたとしても1800ライン…。
今の環境では効果を使わず、または手札効果で1800ラインなんて軽々超えることが可能なので、長期的なロックをかけることは叶わないと思います。
まあ実際にはこの低ステータスは良い部分も悪い部分もありますね。


けれどメイン1での展開さえなければどうにか自分のターンは回ってきますし、先行制圧!お前のカード使えないから!みたいなことはないと思います。


次は《No.41 泥睡魔獣バグースカ》の良い点・悪い点です。

良い点
  • 攻守で効果が違い、妨害札にも攻撃札にもなる。
  • 打点と守備がそこそこ高く、相手のモンスター効果を発動なしでの戦闘破壊が難しい。
  • リンクモンスター以外の大半のモンスター効果を止めることができる。
  • エクストラモンスターのためひかないと出せないなんてことがない。
  • エクシーズモンスターならではのカードサポートを受けられる。
悪い点
  • 破壊されるデメリットがあるため、永続的なロックができない。
  • モンスターを2体消費してしまう。
  • 魔法・罠に弱い。
まあこんな感じなことが挙げられますね。

出すことができれば一気に大半のモンスターを強制的に守備表示変更し、その効果を封印することができます。しかも守備表示に変えるため、そのモンスターの攻撃も封じることができます。
強制的に守備表示にするため、「断頭台の惨劇」の効果と組み合わせると相手のモンスターをすべて破壊することができます。
さらにこのカード自体を攻撃表示にすることができれば効果の対象・破壊に強い2100打点の攻撃札にもなれるので最後のフィニッシャーとして使っても良いです。

まあエクストラモンスターのため「M・HERO ダークロウ」やら「ナチュル・ビースト」などの制圧力の高いモンスターとの共存が難しいためこの一体だけしか立たせられないため、すごい制圧力を生み出すことが難しいです。
この一体だけでも十分な効果だとは思いますがね…。

さらに守備表示で出されることが多いと思いますので、モンスターではなく魔法・罠の効果によって除去されることが多いです。
それに元々守備表示が存在しないリンクモンスターの存在もこのカードの天敵と言えるでしょう。



では結論としては《No.41 泥睡魔獣バグースカ》は汎用性に優れ、その出しやすさもあってレベル4が複数体入るデッキなら投入できるカードでありますが、より強いロックを求めるなら《修禅僧 ゲンドウ》を使うべきだと思います。
つまり、汎用性面では《No.41 泥睡魔獣バグースカ》に軍配があがり、より強固なロックをするならば《修禅僧 ゲンドウ》に軍配があがります。


以上、《修禅僧 ゲンドウ》と《No.41 泥睡魔獣バグースカ》の比較でした!