遊戯王.jpで新規カード判明!!

詳しくはこちら
新規サイバースが3枚、エクストリームフォースに収録されます。

ベクター・スケア・デーモン リンク3
闇属性 サイバース族・リンク ATK/2400
サイバース族モンスター2体以上
①:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。このカードのリンク先となる自分・相手フィールドに破壊したそのモンスターを特殊召喚する。この効果で相手フィールドにモンスターを特殊召喚した場合、このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。
【LINK-3:上/右/左下】

戦闘に強いサイバ―スですが、さらに戦闘に強い新規カードが登場しました。
戦闘で破壊した相手のモンスターを、リンク先のサイバース一体をコストにして奪う効果をもっています。
一応相手のフィールドに特殊召喚することで、このカードが2回攻撃できるようになりますが、永続的にコントロールを奪う効果と天秤にかけるとちょっと弱いです。何らかの条件があればこの効果を使うこともあるかもしれませんが現実的には考えにくいと思います。

相性がいいモンスターは《エンコード・トーカー》等ですね。
戦闘破壊が可能な範囲が4000ラインを超えるので、相当な大型モンスターでも処理可能になります。

「壊獣」との相性もいいと言えるでしょう。サイバースは基本的に除去が不足しがちなため、壊獣等で除去をしたあとその壊獣たちを貰ってアドバンテージを回収できるようになるのはなかなかいいと思います。
投入する壊獣はガメシエルでいいでしょう。2200打点なので素で戦闘破壊が可能です。
弱点はペンデュラムモンスターを奪えないことと、戦闘で破壊して墓地へ送ることを条件としているのでマクロなどでも機能不全となるところです。

また、この特徴的なマーカー配置もポイントになるでしょう。エクストラモンスターゾーンでも、メインゾーンでも腐りにくい配置だと思います。
さらに、効果以外にも、基礎打点2400というのもなかなかの良ポイントになると思います。基礎打点帯がリンク3コードトーカーの2300を超えているんで打点目的での召喚もあり得るでしょう。
まあ、同じリンク3にニンギルスという強力なライバルがいますが……
素材指定上サイバースを多く採用するデッキがメインの投入対象となるでしょうが、《リンクリボー》と《プロキシ―ドラゴン》の存在から多くのデッキで採用は可能です。
《エンコード・トーカー》にも同じことが言えるので、このカードがエンコードやニンギルスより優先するという可能性は低いですが…



リカバリー・ソーサラー リンク2 
光属性 
サイバース族・リンク ATK1500
サイバース族モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このターンに破壊された自分の墓地のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。この効果は相手ターンでも発動できる。 
【LINK-2:左/下】

続いてはこちらのモンスター。
このターンに破壊されたサイバースリンクモンスターを蘇生する効果を持っています。
効果の無効化とエンドフェイズに破壊されるデメリットがあります。

サイバースには自壊系のカードがすくない(一応プロキシーがあるけどあれもほとんど相手依存)ので、蘇生は相手に大きく依存することになるでしょう。
また、効果の無効化と自壊のデメリットがあるため、相手ターンに使っても壁以上の意味を持たないというのも微妙なポイント。
ですが、【星杯】リンクモンスターが破壊されたときにこのカード効果を使い、蘇生し、エンド時に破壊させて手札から「星杯」モンスターを出すことができますね。
ついでにトポロジックにも使えんじゃん!みたいに思いましたが、リンクマーカーの都合上、盤面を整えるのがかなり難しいです。
まあ場合によっては使えるみたいなカードでしょう。

使い方としては
自爆特攻

自爆したモンスターを蘇生して再度攻撃

というのが良いような気がします。
《デコード・トーカー》《コード・トーカー》攻撃力調整を利用して相手との相打ちを狙い自爆特攻。その後このカードで蘇生して追撃
みたいな動きは結構強いと思います。
《コード・トーカー》を蘇生した場合リンク4の大型リンクモンスターにつなげることも可能です。
その分打点が低く相打ちも難しくなりますが……
特殊構築だと使い道が広がりそうな1枚ですね。
でも素材指定からサイバースを主力としないデッキでの採用はハードル高いです。
その辺をうまく乗り越えられるデッキではなんか悪さできそうな気配がプンプンしてるカードですね。


セキュア・ガードナー リンク1 
光属性 
サイバース族・リンク ATK1000
サイバース族リンクモンスター1体
このカードはリンク素材にできない。「セキュア・ガードナー」は自分フィールドに
1体しか表側表示で存在できない。
①:このカードが特殊召喚に成功したターン、自分が受ける効果ダメージは0になる。
②:自分が戦闘・効果でダメージを受ける場合、1ターンに1度だけダメージは0になる。
【LINK-1:右】

最後は初の横向きリンク1モンスター。
おもな使い道は《トライゲート・ウィザード》と《ファイアウォール・ドラゴン》などの相互リンクで戦うモンスターです。
右に向いているので左端に設置するのが良いでしょう。
このカードの登場によって今まで右寄りだった展開場所を左にする選択肢が出てきたのは非常にいいと思います。

素材指定はサイバースリンクモンスターです。
サイバースで使う場合は《リンク・ディサイシブ》が素材の筆頭候補に挙がるでしょう。
そうでない場合、コストを大幅に軽減できる《リンクリボー》が良いと思います。汎用性もあるしね!

このカードの大きな弱点は
  • エクストラデッキを1枠も使ってリンクの方向を変えることしかできない
というところ。
その分非常に優秀な防御効果を持っているので良いっちゃ良いのかもしれないですが……
実際、汎用的に投入されるかでいうと結構怪しいとこあると思います。
サイバースでは1枚確定積みのカードとみてもいいでしょう。はんDが現在使用してる【黄泉サイバース】では間違いなく採用できます。