引続き、新規カードの解説です。
今回は『GUYダンス』、『鎖龍蛇―スカルデット』、『屈強な釣り師』の3枚のカードを解説します。

画像はなしです。

通常罠
このカード名の効果はデュエル中1度しか適応できない
(1):使用していない相手のメインモンスターゾーンを1ヶ所指定して発動できる。指定したゾーンが使用可能である限り、相手がメインモンスターゾーンにモンスターを通常召喚・特殊召喚する場合、そのゾーンしか使用できない。この効果は指定したゾーンにモンスターが置かれるま適用される。


相手モンスターを出すゾーンを指定してくる珍しいというか初のカードですね。

このタイプの罠ですと、やはり列に関与する【機界騎士】や一部の【ヴァレット】モンスターなどで有効に使えるようになるでしょう。
また「トポロジック・ボマー・ドラゴン」との相性は抜群で、相手のモンスターをこのカードのリンク先に誘導することが可能になり、全体除去が可能になります。

しかし、このカード単体ではあまり効果を持たないカードでしょう。
【機界騎士】でも入れて1枚といったところでしょう。


『鎖龍蛇-スカルデット』
リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/ドラゴン族/攻2800
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
カード名が異なるモンスター2体以上
(1):このカードは、このカードのリンク素材としたモンスターの数によって以下の効果を得る。
●2体以上:このカードのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
●3体以上:1ターンに1度。自分メインフェイズに発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。
●4体以上:このカードがリンク召喚に成功したときに発動できる。自分はデッキから4枚ドローし、その後手札を3枚選んで好きな順番でデッキの下に戻す。

まるでD○のドラゴンのような見た目!
嫌いじゃないわ!!

召喚条件は難しそうに見えて意外と簡単!
「スケープ・ゴート」と何かしらのモンスターですぐに4体のカード名の異なるモンスターがそろえることができます。
そして怒涛の4枚ドロー!!
これは頭おかしい、ほんとおかしい。
ここだけD○の世界に行っちゃったのかな?
種族で言うとドラ○ン・ゾンビかな?

あとの効果、というか3体以上の効果がなかなかに使える!
任意のモンスターを任意の場所に特殊召喚できる効果が弱いわけない!
しかも召喚するモンスターに制限がないということは言ってしまえば、神(ラー以外)を召喚することも可能になるのです!
何のデメリットもなしで!!

そう!このカードは召喚するのにすべてのモンスターが違う名前であること以外なんらデメリットがない!!

これだけ見ても召喚時に4枚ドロー(手札の3枚はデッキ下へいく)、モンスター1体の特殊、モンスターの攻守アップの2800打点のカード!!

これは集めておかないといけないカードですねぇ。

採用できるデッキというと幅広いですね。
何しろ、「スケープ・ゴート」とモンスター1枚で出すことができるので。

『屈強の釣り師』
チューナー・効果モンスター
星1/水属性/戦士族/攻100/守100
(1):このカードが直接攻撃で相手に戦闘ダメージを与えた時、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚できる。


釣られてしまった「ジェノサイドキングサーモン」
きっと暗黒界の方々に献上されことでしょう。

カード的には使いどころがあるような。ないような、微妙なカードです。
直接攻撃自体は「光学迷彩アーマー」や「財宝への隠し通路」を装備すればモンスターがいる状態でも直接攻撃が可能になり、モンスターの蘇生ができます。
そしてメイン2でシンクロ召喚を行えますね。

蘇生対象のモンスターになんら制限がないので幅広いシンクロモンスターへとつなげることもできます。

まあ直接攻撃が発動条件なので少々使いにくい部分がありますが、レベル1にはサポートも豊富なため、そういう専用デッキを組むと使えるカードに早変わりしそうです。