引続き、新規カードの解説です。
今回は『雀姉妹』、『デスマニア・デビル』、『オーバーテクス・ゴアトルス』の3枚のカードを解説します。

画像はなしです。

『雀姉妹』
リバース・効果モンスター
星2/風属性/鳥獣族/攻200/守2000
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを裏側表示にする(1ターンに1度のみ)。
(2):このカードがリバースした場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる


雀の姉妹に、麻雀…。
ギャグですね、はい。

効果はうーん…と悩んでしまう効果です。

この効果はリバースで言うと上位互換に「スケイル・エンジェル」や「メタモル・ポット」、「魔装機関車 デコイチ」あたりがいますし、サイクルできるという点では「デス・ラクーダ」がいますのであまり使われないでしょう。

このカードで良い点なのは
  • 守備力の高さ
  • 自分の手札で腐ったカードを切ることができること
  • 「烏合の行進」や「ゴッドバードアタック」などの鳥獣族サポートを受けられること
このあたりでしょうか。
これらの利点ならほかの鳥獣族モンスターを採用したほうが良いでしょう。
このカードでなくてはならない!なんてことはないです。


『デスマニア・デビル』
効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1700/守1400
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の獣族モンスターを1体手札に加える。


きゃわわな動物カード!
まとってるオーラは不気味ですが、獣族カードって大体こんな感じだよね?
短い効果で、デッキから獣族サーチは中々良い効果です。

戦闘を介する効果なため、召喚からのサーチまでにタイムラグはありますが、サーチ対象に「素早い」モンスターや「おジャマ」モンスター、「レスキュー」モンスターなどがいますので十分使えるカードだと思います。
特に「レスキュー」モンスターを比較的軽い条件でサーチできるのは大きいでしょう。
今までの彼らのサーチは「緊急救急救命レスキュー」程度しかなく、条件つきであったため発動タイミングを見極める必要があったのでこのカードの存在は今後大きいものとなるでしょう。

ただこのカードに召喚権を使ってしまうため、サーチしたそのターンに何かしらの展開をする場合は「俊足なカバ バリキテリウム」をサーチしたり、「魔轟神獣チャワ」や「魔轟神獣ケルベラル」をサーチし特殊召喚できる状態を作ってあげたりしないといけませんが。。。




『オーバーテクス・ゴアトルス』
特殊召喚・効果モンスター
星7/闇属性/恐竜族/攻2700/守2100
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の恐竜族モンスター5体をデッキに戻した場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
自分の手札・フィールドの恐竜族モンスター1体を選んで破壊し、その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「進化薬」魔法カード1枚を手札に加える。

出ました!恐竜族のそこそこ壊れカード!

召喚条件は除外されてる恐竜族モンスター5枚をデッキに戻すとのことで、恐竜族を除外する「幻創のミセラサウルス」の②の効果や「究極伝導恐獣」の召喚条件、「究極進化薬」、「時空超越」との相性が抜群です。
しかもこのカードの登場で気軽に墓地の恐竜族を除外することができるようになり、制限になってしまった「ベビケラサウルス」を除外し、このカードの効果でデッキに戻すというサイクルを作れるようになりましたね。

また①の効果は今までの恐竜族と同様に、「ベビケラサウルス」や「プチラノドン」との相性が良いです。
相手の魔法・罠を無効にしつつ、自分の場に恐竜族を出すことができるようになるので展開もさらにはかどります。

それに②は手札からの墓地に落としてもそのサーチ効果を発動できるので、「究極伝導恐獣」の効果はもちろんのこと融合モンスターの素材にしたりしても良いところが強いです。
【メタル恐竜】がはかどりますね!

その②の効果のサーチ先が「進化薬」カードでありますので現在該当するカードは
  • 大進化薬
  • 超進化薬
  • 究極進化薬
この三枚が該当します。

このうち「究極進化薬」が最も強い「進化薬」魔法カードでしょう。
墓地にこのカードがいて、他に恐竜族モンスター以外のモンスターがいる状態ならそこそこ作れるのでこの「究極進化薬」を選ぶべきだと思います。