引続き、新規カードの解説です。
今回は【魔導獣】及び『ガーディアンの力』の3枚のカードを解説します。

画像はなしです。
『魔導獣 メデューサ』
ペンデュラム・効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1200/守1600
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合、自分の墓地の魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを破壊し、そのモンスターを特殊召喚し、そのモンスターに魔力カウンターを1つ置く。
【モンスター効果】
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):1ターンに1度、自分・相手のバトルフェイズに、自分フィールドの魔力カウンター2つ取り除き、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。


どう……なんですかね()
弱いということはないことは間違いないモノの、性能全体としては微妙な気配があります。
P効果は蘇生効果。Pモンスターは墓地に行きにくいので《アーカナイトマジシャン》とか《王立魔法図書館》とか、墓地へ行きうる魔力カウンターが乗るカードは多いです。
蘇生がメインというよりは蘇生による魔力カウンターの設置とこのカードの発動と自壊までの一連の流れで稼ぐ魔力カウンターがこのカードの強味だと思います。
モンスター効果は相手の攻撃力を半分にする効果。
戦闘に強くなりますが、決め手には欠けるというタイプの効果です。
何度も使うことも不可能ではないですが基本は1回使い切りになるでしょう。
単独で2400の相手を倒せる!!って見えなくもないですが魔力カウンターは他と組みあわせて動くことが前提のカードなので単独で何ができるとかは意味ないです。
一応、ケルベロスニキで5000超える相手も処理できるようになります。



『魔導獣 バジリスク』
ペンデュラム・効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1200/守1600
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。
このカードを破壊し、自分のEXデッキから「
魔導獣 バジリスク」以外の表側表示の魔法使い族Pモンスター1体をデッキに戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
【モンスター効果】
このカード名の②のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
自分Pゾーンのカード及び自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの中から、「魔導獣」カードを1枚を選んで持ち主の手札に戻す。

爆アドカードです。《ペンデュラム・パラドックス》を使う前提のデッキであることを考えると、逆に使い道が減りかねないですが……
メリットとしては魔導獣においてはサーチが効くことと、「魔導獣バジリスク以外の魔法使いP」という指定しかないこと。
魔法使いPといえば悪の権化みたいなカードがたくさんあります。
その辺のカードを使いまわすコンボパーツとしての出張が可能な1枚です。
モンスター効果はEXデッキからの魔導獣回収効果。これもパラドックスと競合していますが、生きている点とサーチリクルート手段がある点、さらにターン制限がないことで差別化に成功しています。
こちらは相当使う場面が多くなりそうです。

Pよりモンスター効果を主体にして動くカードなのかなという印象です。


『ガーディアンの力』
装備魔法
(1):装備モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動する。
このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):装備モンスターの攻撃力・守備力は、このカードの魔力カウンターの数×500アップする。
(3):装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドの魔力カウンターを1つ取り除く事ができる。

こちらも強力な1枚。
魔力カウンターで不足しがちな戦闘力を補うカードです。
他にも、《究極恐竜》《バーサークデットドラゴン》などの何度も攻撃するモンスターとの相性の良さが光ります。
6連攻撃で3000攻撃力をアップすることも可能!!って考えるとロマンが出てきますね
このカードの最大のアドバンテージはもちろん魔力カウンターをためられることです。
攻撃力の上昇幅もバカにならないので投入価値は低くないと思います。
メデューサの登場によって通常召喚権の価値も低下したことですし、このカード(とアムホ)を採用することは不可能ではないと思います。
500とは言え、魔力カウンターと破壊肩代わりを付けた500アップですから既存の装備魔法に比べると大きくアドバンテージを稼げると言えるのでは?