引続き、新規カードの解説です。
今回は『局所的ハリケーン』、『一撃離脱』、『センサー万別』の3枚のカードを解説します。

画像はなしです。
『局所的ハリケーン』
通常魔法
(1):フィールドにセットされている魔法・罠をすべて持ち主の手札に戻す。


短いテキストは強いって風潮。

ほんとに局所的なハリケーンです。
効果はこれだけですが、かなり強い。

普通に使っても相手の攻撃に反応する罠を一掃できること以外に「盆回し」で相手に送りつけたフィールド魔法の回収や「古代の採掘機」でデッキからサーチした魔法の回収、『魔界台本「魔界の宴咜女」』で墓地からセットした「魔界台本」の回収、「埋蔵金の地図」の発動条件を満たすことなどが可能になります。

特に「盆回し」で送りつけたフィールド魔法の回収は中々に強く、「盆回し」が1枚で2枚のフィールド魔法をデッキからサーチしてくるカードとなりました。

また相手の「アーティファクト」モンスターを破壊せず、安全にどかすことができるのも良い点ですね。

基本的な使い方でも、搦め手な使い方でも使えるとても良いカードです。
ぜひとも3枚手にしておきたいカードですね。


『一撃離脱』
カウンター罠
(1):自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。
このターンのエンドフェイズになる。


こいつもまた短いテキスト。

カードで言うと「虚竜魔王アモルファクターP」、デッキで言うと【竹光スキップ】と相性が良いカードですね。
このカードやデッキに入れるだけで相手のターンを完全にドローフェイズのみで終了させることが可能になりました。

普通に使った場合はメイン2でのカードを動かすことができない状態が作られるため、その前の戦闘での補填を行うのを妨害できます。
具体的にはメイン2での防御札の展開やカードの追加のセットが不可能になります。
まあここは少し微妙なところですが。

また「拮抗勝負」に対しても有効なカードでもあります。
自分のバトルフェイズ終了時に、先にこのカードを発動してしまえば、このカードはカウンター罠のため相手は「拮抗勝負」を発動できず、無事にターンを終わらすことができます。

使えるデッキは限られていますが、使えたときにはかなり強い効果を発揮できる、とても良いカードですね。


『センサー万別』
永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いのフィールドにそれぞれ1体しか同じ種族のモンスターは表側表示で存在できない。
お互いのプレイヤーは自身のフィールドに同じ種族のモンスターが2体以上存在する場合には、同じ種族のモンスターが1体になるように墓地に送らなければならない。


「群雄割拠」に似た効果を持つカードですね。
違いは「フィールドに同じ種族は1体まで」というところでしょうか。
つまりドラゴン族・天使族がそれぞれ2体、2体いる場合、ドラゴン族と天使族はそれぞれ1体にしなくはならないという効果です。

これは強い永続罠です。
「群雄割拠」や「御前試合」よりも強いです。

「機械複製術」や「同胞の絆」などのカードに対してこのカードを発動すると何も出てこれなくなります。
また「レスキュー・ラビット」や「レスキュー・キャット」らに対して打つと出てきた片方のモンスターは墓地に消えることになり、その後の展開を妨害できます。

現在の環境の【SPYRAL】や展開で使う魔法使い族の多い【EM魔術師】、戦士族で固まっている【剛鬼】などのデッキにはかなりつらいのではないでしょうか。
まあ【SPYRAL】には「SPYRAL-ダンディ」がいるので対処されてしまいそうですが、エクストラリンク後にこのカードを発動し、「ファイアウォール・ドラゴン」か「トライゲート・ウィザード」を消し飛ばしましょう。

また「アンデットワールド」や「DNA改造手術」ともに採用するとすべてのモンスターがアンデット族となるため、お互いにモンスターが1体しか出せない状態を作れ、純粋に効果と打点だけの決闘をすることができます。

環境メタ用に3枚は欲しいカードですね!