7d83530f-s

ストラクチャーデッキパワーコードリンク。
若干食傷気味ですがね、できれば工夫を凝らしたカードが登場してくれることを願いたいと思います。


パワーコード・トーカー リンク3 炎属性
サイバース族・リンク ATK/2300
モンスター3体
①:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
②:1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、このカードのリンク先の自分モンスター1体をリリースして発動できる。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、元々の攻撃力の倍になる。
【LINK-3:左/左下/右】

1枚目は表紙モンスターのパワーコード・トーカーです。
大きな特徴は今までにない形のマーカー配置です。
コード・トーカーシリーズのカードたちは縦系のマーカーが多かったですが、このカードは横罫のマーカーになっているので、そこを活かす場面は少なくないと思います。
効果は二つあり、①が場のモンスターの効果を無効にする効果。②が攻撃力倍化効果です。
①は《デュアル・アセンブルム》などに使う効果だと思います。サイバースの場合ですが。
効果としては妨害効果ではないので、自ターン中の相手の効果打消しやデメリット効果を持つ自分モンスターの効果打消しがメインの運用になります。

②は単純に攻撃力アップにどうぞ。
サイバースのゴリラ要員である《エンコード・トーカー》とのコンボが、元々の攻撃力を指定するので不可能です。とすると特別なことをしない限り攻撃力は4600が限度となります。大したことないね。エンコードと違って相手の攻撃力と自身以外のカードに依存しないほぼ独立したカードであることが救いです。

現状純では成立しにくいサイバースにおいて、トークン含めて何を素材にしてもいい素材指定もありがたく、小回りの利く良カードだと思います。単体でもある程度戦えるカードなので、1枚程度の投入が予想されると思います。



ドングルドングリ 星1 闇属性
サイバース族 ATK/0 DEF/0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分フィールドに「ドングルトークン」(サイバース族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

レベル1のモンスターを特殊召喚する手段としては《ワン・フォー・ワン》とかが有名です。
この場合効果無効にすると意味ないので《サイバース・ガジェット》とかでは無意味です。
貴重なリクルート効果であるワンフォーワンをこのカードのために割くのは結構もったいないので、使うのはあまり考えにくいです。
そう考えると使うタイミングは難しいです。死者蘇生とかでもこのカードをわざわざ使うかってことですよね…
金華猫との相性が抜群にいいです。モンスター3体を一気に供給できるんで、《鎖竜邪-スカルヘッド》につなげてコンボを狙うことも可能です。
運用においては金華猫がメインの相方となるでしょう。

使い道自体は非常に多いです。リンクメインになると思います。金華と組みあわっせるとありとあらゆる運用ルートがあります。上記のパワーコードも出るし、リンクリボーとランク1エクシーズなどがメインです。
他にもバン面にモンスターを供給してコストにするとか色々あると思います。
発展性の高いモンスターだと思いますね。


パケットリンク
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分・相手のメインフェイズ2に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地のレベル2以下のモンスターを任意の数だけ選び、フィールドのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

これは悪用できそうなカードだなあ……
上記のドングルとの相性がいいです。
他にもいいカードは多いですね。素早いの人たちとか色々あると思います。リンクマーカーの供給が問題で、どうあがいても最大3マーカーにするのが限界です。普通は2マーカーでしょう。デッキ墓地手札を問わない3体リクルートとみていいでしょう。
サイバースにおける代表的なカードは上記のドングリやら《スタック・リバイバー》《ドットスケーパー》などが良いと思います。
サイバース以外だと【カエル】や【素早い】、【クリボー】あたりとの相性が良いです。
というかレベル2以下のモンスターがそれなりに入って、リンクモンスターを展開するデッキなら大体入れることができると思いますね。
サイバースにもようやく1枚から爆アドを稼げるカードが登場してくれました。はんD感無量ってかんじ!!!


新ストラクチャーデッキ、期待が高まりますね!!!
それではノシ