忘れてたわけじゃない

ただLINK VRAINS PACKのカードがすごかったからそっちに気を取られていたんです!

DP19の新規カード解説!
今回は『おジャマ改造』、『おジャマッチング』、『古代の機械素体』の3枚を紹介します。

詳しくはこちら
『おジャマ改造』
通常魔法
(1):EXデッキの機械族・光属性の融合モンスター1体を相手に見せ、自分の手札・フィールド・墓地の「おジャマ」モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。見せたモンスターにカード名が記されている融合素材モンスターを、除外したモンスターの数だけ自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
(2):墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の「おジャマ」モンスター3体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。


完全に万丈目を意識したカードですね。
《おジャマ》と《VWXYZ》をつなげるカードですね。

①の効果では墓地の「おジャマ」モンスターを除外して手札・デッキ・墓地から相手に見せた機械族・光属性の融合モンスターの融合素材を特殊召喚する効果ですね。
これは中々面白い効果です。
この効果で見せられる条件に合った融合モンスターは下記のとおりです。
  • VW-タイガー・カタパルト
  • XZ-キャタピラー・キャノン
  • XY-ドラゴン・キャノン
  • YZ-キャタピラー・ドラゴン
  • VWXYZ-ドラゴン・カタパルトキャノン
  • ABC-ドラゴン・バスター
  • XYZ-ドラゴン・キャノン
  • サイバー・ツイン・ドラゴン
  • 召喚獣メルカバー
  • アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン
  • AtoZ-ドラゴン・バスターキャノン
  • サイバー・エンド・ドラゴン
  • ユーフォロイド・ファイター
やはりこのカードは「VWXYZ-ドラゴン・カタパルトキャノン」を出すためのカードだということがよくわかりますね。
この効果で「XYZ」モンスターや「VW」モンスターを出し、「XYZ-ドラゴン・キャノン」や「VW-タイガー・カタパルト」出してつなげろということですね。
この1枚のおかげで「アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン」が前よりも比較的出しやすくなったのはとても良いことです。
「おジャマ」もよく墓地へと送りやすいカードたちなので、そういう点ではこのカードはつかいやすいかもしれません。

また上記のリストの中には「サイバー」モンスターもありますので《表サイバー》でも使ってもよいかもしれません。(使えるとは言ってない。)

まあ普通は万城目のような楽しいデッキを作るよりも、《おジャマ》単体や《VWXYZ》単体でデッキを組んだほうが良いかと思いますが、まあここは個人的な偏見でしょう。


『おジャマッチング』
速攻魔法
(1):手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「おジャマ」カード1枚を墓地へ送って発動できる。そのカードとカード名が異なる「おジャマ」モンスター1体と「アームド・ドラゴン」モンスター1体を自分のデッキ・墓地から選んで手札に加える。その後、この効果で手札に加えたモンスター1体を召喚できる。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の「おジャマ」モンスター3体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。その後、自分はデッキから1枚ドローする。


このカードも万丈目を意識してますね。

これは普通に強いです。
「おジャマ」モンスターをエスケープさせるというところは当たり前に強いですが、1枚で2枚のカードを持って来れ、しかもその持ってきたモンスターの片方をすぐに召喚できるのが良いです。

ここで重要なのは特殊召喚ではなく、召喚するというところです。
この効果のため、「おジャマ・レッド」の効果の発動条件を満たすことができ、その効果で「おジャマ」モンスターの大量展開をし、リンク・エクシーズにつなげることができます。
また「おジャマ」モンスターだけでなく、「アームド・ドラゴン」モンスターもすぐに召喚するという選択肢もあるので、ここで「アームド・ドラゴンLv5」を出し、戦闘で相手のモンスターをj破壊すれば、そのターンの終了時に「アームド・ドラゴンLv7」へ正規召喚できます。

これも「おジャマ改造」と同様に「アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン」へとつなげることができるカードですね。
「おジャマ改造」との兼ね合いで、ターンをかければそこそこの確率で「アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン」を出せるようになったのは良い良い。
何ターンかかるかわかりませんが。

また「アームド・ドラゴン」モンスターをサーチするとのことなので「ダーク・アームド・ドラゴン」もサーチできるようになりました。
まあそれがどうしたという方もいるとは思いますが、あのダムドがサーチ可能になったってすごくないですか?って話です。
昔だったら絶対するされないだろうぁなんて思ったり…。



この2枚のカードはなかなか面白い効果を持っていますが、いかんせん、デッキ内容が《おジャマ》+《VWXYZ》+《アームド・ドラゴン》という恐ろしい構成になるため、枚数的に絶望だとしかいう他ないです。
万丈目サンダーだから回せるデッキという他ないです。
でもロマンはかなりあって、もし本当に「アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン」を出すことができれば、それだけで勝負を決めることができます。
さぁ、みなさん、万丈目になって「アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン」を狙っていきましょう。


『古代の機械素体』
星4/地属性機械族 ATK/1600 DEF/500
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。「古代の機械巨人」1体または「古代の機械巨人」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。
(2):このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。手札から「古代の機械巨人」「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」を合計3体まで召喚条件を無視して特殊召喚する。

打って変わって、今度は「古代の機械」モンスターです。

守備力が500なため、「古代の機械箱」のサーチ効果の対象内です。

①の効果は手札からカードを切って、「古代の機械巨人」か「古代の機械巨人」のカード名が記された魔法・罠をサーチする効果です。
現在、「古代の機械巨人」が記された魔法・罠カードは「古代の機械融合」と「魔法の歯車」だけなのでここは「古代の機械融合」をサーチするのがベストでしょう。

またこのカードの登場で、以下の動きができるようになりました。
  1. 「歯車街」を発動し、それを「古代の機械射出機」で割る。
  2. デッキから「古代の機械飛竜」(歯車街の効果で)と「古代の機械巨人」(機械の射手機の効果で)の2体を特殊召喚。
  3. 「古代の機械飛竜」の効果で「古代の機械箱」をサーチ。
  4. 「古代の機械箱」の効果で「古代の機械素体」をサーチ。召喚。
  5. 「古代の機械素体」の効果で手札を切って、デッキから「古代の機械融合」をサーチ。
  6. 「古代の機械素体」と「古代の機械飛竜」で「ミセス・レディエント」か「クリフォート・ゲニウス」をリンク召喚
  7. 「古代の機械融合」発動、「古代の機械巨人」を融合素材にデッキ融合。「古代の機械」Fモンsヌターを融合召喚。
結果、場にEXモンスターを出せる場が一つあり、「古代の機械」Fモンスターがいる盤面が作れます。
強い(確信)。

ここに「重装甲列車アイアン・ヴォルフ」を出すことができれば完璧なワンキル盤面が完成できます。

②の効果は「古代の機械」の共通効果のためここでは割愛で。

③の効果は相手の効果によってフィールドから離れたら手札から「古代の機械巨人」か「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」を3体まで召喚条件無視の特殊召喚を可能する効果です。
これもまた強いですね。
手札で腐っている「古代の機械巨人」を処理できるのは大きい。
まあ「古代の機械猟犬」の効果で、手札にある「古代の機械巨人」たちの処理を行うといった方法もありますが、他にも処理の方法が増えたのは良いことです。
相手の効果でフィールドを離れる必要があるため、戦闘やら「月の書」やらで対策されてしまっては発動ができなくなるところが少々悩ましい点ですが、このカードの強さは①の効果に凝縮されているため、この効果はおまけみたいなものであろうと思います。
強い効果にはかわりないですが。


以上、DP19収録カード、『おジャマ改造』、『おジャマッチング』、『古代の機械素体』の紹介でした。