[画像:b416e742-s.jpg]

みんなが大注目のカード「水晶機巧―ハリファイバー」
その①の効果でデッキから任意のレベル3以下のチューナーを特殊召喚できるとのことで「幻影王 ハイド・ライド」が注目され高騰していますが、「スチーム・シンクロン」もなかなか良い効果を持つ効果を持つレベル3のチューナーのため、紹介したいと思います。


では効果をみていきましょう。

《スチーム・シンクロン》
チューナー(効果モンスター)
星3/水属性/機械族/攻 600/守 800
相手のメインフェイズ時、自分フィールド上のこのカードをシンクロ素材としてシンクロ召喚できる。

これだけです。
チューナー以外の「竜星」モンスターの共通効果や「水晶機巧」のチューナーモンスターの共通効果のメインフェイズのみ版の効果です。

「竜星」よりかはチューナーとしての価値で、「水晶機巧」では自分のフィールドのモンスターをシンクロ素材にできるという点で差別化はできるので、簡単にはそれらのテーマの互換カードとは言えません。

またなぜこのカードが「水晶機巧ーハリファイバー」の影響を受け、高騰するのかというのはただレベル3のチューナーであることのほかに理由があります。

それは
相手ターンにシンクロを二度決められる。

ことです!

これはどういうことかと言いますと、「水晶機巧ーハリファイバー」の②の効果との兼ね合いです。
つまり、「水晶機巧ーハリファイバー」の②の効果で「フォーミュラ・シンクロン」や「アクセル・シンクロン」などのシンクロチューナーを出し、その後その効果でS召喚を決め、そのSモンスターの効果を発動後、そのモンスターと「スチーム・シンクロン」を素材として、さらなるS召喚を決めていくことができます。
また「天輪の双星道士」と組ませることで、その効果で出したモンスターたちを壁に使うことではなく、5、7、9、11のレベルのいずれかのSモンスターへとつなげることが可能になります。
相手ターントリシュやブラロ、4体素材の「水晶機巧-グリオンガンド」などができれば相手の盤面をぶち壊せますね。

また水属性であるので、【海皇水精鱗】や【水晶機巧】あたりのデッキとの相性も良いです。


高騰するかしないか抜きにしても、メインモンスターでメインフェイズでS召喚できるカードは貴重ですので、1枚は持っていても良さそうな気がします。

以上、「スチーム・シンクロン」のワンチャン高騰するかもでした。