DMaW47rUEAAKli_

というわけでLVP1の新カード、またしても怪物的な応用範囲の広さを持つ《アロマセラフィ・ジャスミン》を見ていくよ!!

DMaW47rUEAAKli_

植物モンスター2体という非常に緩い縛りを持つ右下と左下リンクマーカーを持つリンク2モンスターです
効果は3つあって
①の効果は自分のライフが相手より多いときにリンク先の植物モンスターに戦闘破壊耐性を与える効果。
②の効果はリンク先のモンスター1体をリリースし、デッキから植物族モンスターを守備表示でリクルートする効果。
③の効果が自分のライフポイントが回復したときにデッキから植物族モンスターをサーチする効果です。

特に目立つのは②の効果ですね。
①は植物族モンスターの戦闘を強くする効果なので使える盤面がバトルフェイズに入ってからなので使えるときは限られてそうです。
せめて効果破壊からも守って欲しかった…。
③は、植物全体を対象にしたサーチ効果ですが、アロマージ以外のデッキでは「ジュラゲド」や「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」のライフ回復効果を使わなければあまり使うことのない効果です。

③の効果のお陰でアロマの展開力は更に上がっています。
条件によっては③の効果も他のデッキでも使える効果になります。
捕食植物モーレイ・ネテンペスがライフ回復効果を持っているし、捕食自体が戦闘に強いデッキでもあるので、アロマのみならず、捕食の新規カードとみることもできそうですね。

このカードの最大最強の強みは植物族モンスター2体という、あまりにもガバガバ過ぎる召喚条件にあります。
採用できるデッキは以下のデッキです
  • オフリスコブラ使うデッキ全部
  • マスマティシャン使えるデッキ全部
  • 植物デッキ全部
  • 黒庭採用できるデッキ全部
です。広すぎるね、そうだね(白目)
このカードの使い道位は恐ろしく多岐にわたりますが、最も普遍的な使い道であろう、マスマティシャンからローンファイアSSまでの流れをまずは紹介したいと思います。

  1. マスマテを中心にNS
  2. マスマテ効果でダンディ墓地送る
  3. ダンディの効果でトークン生成
  4. 2体でアロマセラフィSS。
  5. 効果でマスマティをリリースしてロンファSS
  6. ロンファでバルブとかイービル・ソーンとかなんか出す
椿姫ティタニアルとか薔薇恋人、にん人あたり出すと面白いけど、それだと植物族デッキになるからなぁ...。

妥当なのはやはりオフリスですね。爆アドを産めますし。
マスマティシャン1枚から、アロマセラフィとインヴォーカー、ジェムナイトセラフィまでを生産するとができます。
すっごいね……どうしちまったんだか……マジで言ってるとするともうこれなんというかね…。
通常召喚権がセラフィのお陰で残るので、事実上一切ノーリスクでここまでの展開が可能ということになります。

ぶっ壊れここに極まれりって気がしないでもないです。
でも何もできてないんでたいしたことないっちゃ大したことない。
インヴォーカーじゃなくてもっとほかのを出してもいいかもしれないですが。

植物族を素材指定にしていますが、ダンディの存在やオフリスコブラのコンボのせいで素材指定なんてほぼ関係なくなっていますね。
「水晶機巧ーハリファイバー」に引き続いてのぶっ壊れ、【ジャンド】がもう喜びの涙を流していますね。
これはもうシンクロ完全復帰ですね、というかひどくなってない?気のせい?


以上、「アロマセラフィ・ジャスミン」の解説でした。
まあここであげたのは一例だから、もっと使い方はあると思うけどそこはご了承ください。