CmV6JwqUIAAEEYN

書くよ書くよと言いつつ現実のはざまにおいていかれて沢山の内容は書けなくて…
内容減らしてでもまずは書き上げました。だからちょっと内容薄めかもしれないけど許しておくれ
あと正直ADSつかったろかって思ったけどエレクトラム消えて何にもできない糞雑魚ナメクジになり下がったので没。だから画像とか全然ないよ!!ごめんね!!
コメントを受けて12/10追記

①展開例の紹介について

展開例はね…沢山!(苦笑)
このデッキはソリティアのような特定のルートを持つデッキではありません!
さらに言うとペンデュラムの共通の特徴として、手札を問うデッキでもありません!
つまり展開ルートの概念が希薄なデッキなんです。
なので展開例のようなものを提示するのも困難です!!

勿論、理想的な手札というものはあります。
が、それも「AとBとCが手札にあって…」みたいな感じではなく…
  1. ダークヴルムを墓地に送るための霊廟、おろ埋
  2. ドクロバットジョーカー
  3. オッドアイズレボリューションドラゴン
…というように、単体で「このカードがあると便利!」みたいな感じなんです。
どのカードも単独で強く、大きくアドバンテージを稼げるので全部同時に手札に来てもいいのですが、それでもコンボって感じではなく、それぞれ強いカードをつかって強い動きをして最終的に後述するようにエレクトラムを出していくことになります。
コンボではないのでルートを説明しようがないってことです。
また魔術師には「これやったら勝利!!閉廷!!」みたいな動きもないので、固定の動きもほとんどありません。相手をよく見て自分のリソース残量をよく見て、それで動きを決めていく高度なプレイングが要求されるデッキなのです。計算してるだけだと普通に負けます(黒笑)

だから展開例の説明みたいなのは無理です。
こういう盤面ならどうしたらいいの?みたいな質問には答えられます。
コメントで質問してみてね。


②派生デッキについて
うんうん派生デッキね……魔術師の派生デッキといえば覇王にオッドアイズにEMに、シャドール魔導ブラマジBMGメタル…まだ1244とも組めるかもしれないね。それから勿論魔導獣に魔力カウンター、ああ、マジェスペクターもあったね。炎王ともくめそうだし…って多すぎやわ!!!

…魔術師の派生は非常に多いです。もちろんコメントにあったように/バスターとの混成構築も可能です。魔術師と混成できる可能性の高いデッキは以下の条件に該当するデッキたちです
  1. 闇属性魔法使い族
    最高の高相性です。3種類の戦闘強化に加え黒牙の蘇生や白翼の対象防御が付いてきます。☆2~7を中心とするデッキが特に相性がいいです。シャドールとの相性が非常によく、星刻の魔術師とシャドールモンスターの相性の良さも特筆すべき点です。シャドール魔術師はとてもおすすめです。

  2. レベル2~7を中心とするPデッキ
    魔術師は現状一番安定して確実にP召喚をし続けられるデッキです。なのでPデッキだけどP召喚そのものの確実度が低く安定感にかけるマジェスペクターのようなタイプのデッキと組みあわせて強化することが可能です。

  3. 破壊をトリガーにするデッキ
    色の魔術師3人とエレクトラムが破壊関係の効果を持つこと。そして魔術師ではないけど魔術師と相性のいいデッキであるオッドアイズのフィールド魔法《天空の虹彩》が破壊をトリガーとするサーチであること、さらにいつもの《EM ペンデュラム・マジシャン》が破壊をトリガーとするサーチであること、そしてそして《紫毒の魔術師》が自分のフィールドのカードを破壊することも可能である点を利用する派生コンセプトです。【真竜】が崩壊状態になったとは言っても【炎王】とかありますし、まだまだ色々考えることは可能だと思います。

  4. 生贄を要求するデッキ
    高いP召喚力で無理やり生贄を生産するというコンセプトの派生です。生贄デッキほぼ使ったことがないので知識がすくないのですが…魔術師帝っていうのは聞いたことがあります。

  5. レベル7、8シンクロの安定供給を要求するデッキ
    これ、地味ですが知られていない派生ポイントです。実は魔術師は調弦の魔術師のおかげでレベル7、8シンクロが非常に安定して行えるという特徴を持っているデッキなんです。
    コメントの「/バスター」ってのもこのポイントに注目したデッキです。
    魔術師サイドより/バスターサイドを使いたい方にメリットが大きい構築です。
    /バスターを積み込めるデッキの中ではかなりパワーのあるデッキなので、シンクロ体の段階をなんとか守りつつバスターモードをゴリ押しすることは不可能ではないと思います。

  6. 手段は選ばないから横に並べたいデッキ
    バスブレとかがコレだと聞きます。バスブレ魔術師、Wiikiにものってました。
    なんでもいいから横に並べてなにかしたいよ!っていうデッキは多いです。そういうデッキは魔術師との組み合わせを検討してもいいと思います。
はい、派生に関してはこんな感じです。色々考えてみてください!!

③おねだん
魔術師はストラクチャーデッキ「ペンデュラム・エボリューション」に大半のカードが入っています。
はいこれで3000円です。
残りのカードですが、必須枠に関していえば
  1. デュエリスト・アドベント
    スーパーだと400円、シクで800円って感じです。
    それ以下なら安いねって感じ。
    今回の構築では採用していないけど、小回りが利いて便利なので特に【EM魔術師】と【オッドアイズ魔術師】と【覇王色竜魔術師】では必須カードです。
  2. ペンデュラム・コール
    150円くらい。B〇〇K 〇FFの新しいストレージとかにひょっこり入ってたりもする。
    抜かれることも少なくないけど、これ1枚から逆転とかも珍しくない優秀な子
  3. ドクロバット・ジョーカー
    大体200円くらいです。スーパー便利男。サーチ範囲の広さはエアーマンに次ぐと言っても過言ではない。
  4. 調弦の魔術師
    1000円。俺が買ったときは300円くらいだったのに見るたびに値段上がってるので早く買った方が良いです。
  5. オレボ
    本買え。アマゾンで買え。
  6. ラスター‘P&マスターP
    スーパーなら2枚で500円。シクなら両方合わせて1000円って感じです。
    ラスターは要るけどマスターは…って人俺含めて結構いると思うけど、やっぱいると便利だし竜呼緩和されたら使うことになるかもしれないし一応ね?
  7. ダークヴルム&覇王門零
    めっちゃ気合いれてストレージ探せば見つかるカード。
    買うとヴルム150円、零100円とかします。寧ろ150円くらいだと安くて、高いと200円とかすることあります。
お値段紹介はこんな感じですかね。
エクストラのカードはみんなそれぞれ調べてください!!
まあどのカードもね、そこまで高くないですよね。
皆もジャンジャン買って魔術師使いになろう!!!!

⑴ コンセプト
ひさびさの記事ということで今回は私にとってなじみがあるデッキ、魔術師の中から【覇王魔術師】を紹介したいと思います

覇王魔術師といっても、現状その実態は【闇属性Pグッドスタッフ】といった様相を呈しています。
レベル4帯を中心に、覇王門とアストログラフがレベル7である程度の枚数投入されていますね。
ランク7エクシーズは「使おうと思えばある程度任意のタイミングで使える」というくらいの感覚でしょう。


このデッキの最大の軸は《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》です。
非常に強力にペンデュラムをサポートするカードで、迷惑になってきたラスターをかたずけたり、魔術師の効果を起動したり、まあ色々と使い道があるカードです。1枚破壊から手札数枚分のアドバンテージを生産することも少なくありません。またエクストラに任意のPカードを送る効果も地味に便利です。
ヒグルミがほしくなる効果ですよね(ニッコリ)



⑵ 構 築
■モンスター(33枚)
2 増殖するG
3 灰流うらら
3 幽鬼うさぎ
1 竜剣士マスターP
1 EMドクロバット・ジョーカー
3 虹彩の魔術師
3 紫毒の魔術師
3 覇王眷竜ダークヴルム
2 魔界劇団カーテン・ライザー
3 アストログラフ・マジシャン
2 覇王門零
3 超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン
3 調弦の魔術師
1 竜剣士ラスターP

■魔法(6枚)
1 おろかな埋葬
1 ハーピィの羽根帚
1 ペンデュラム・コール
3 竜の霊廟

■罠(1枚)
1 時空のペンデュラムグラフ

■エクストラデッキ(15枚)
1 覇王眷竜スターヴ・ヴェノム
1 PSYフレームロード・Ω
1 覇王眷竜クリアウィング
1 爆竜剣士イグニスターP
1 水晶機巧-クオンダム
1 星刻の魔術師
1 鳥銃士カステル
1 竜巻竜
1 No.41 泥睡魔獣バグースカ
1 覇王眷竜ダーク・リベリオン
1 No.89 電脳獣ディアブロシス
1 水晶機巧-ハリファイバー
2 ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム
1 デコード・トーカー


⑶ デッキタイプと概略

先述の通りエレクトラムを軸とする闇Pグッドスタッフです。

現状のイメージとしてはできるだけ低消費でハリかヘビーメタルを出し、可能ならP召喚につなげ、ある程度初期盤面を取るという感じです。初期盤面を確実に取れればそのまま勝ちに持っていけるでしょう。

また、この環境では誘発の被害は考えざるを得ません。
要するに下2個のリンクモンスターをうららやヴェーラーで処理される分にはいいんですが、うさぎやγで処理されると苦しい展開となるわけです。
P召喚の枚数が減少するわけですから、非常に大きな痛手となります。

そういうときはまずは手札を優先してください
このデッキはアドを重視するデッキなのでどんな状況でも手札は残しましょう。
手札を遺したうえでどういう動きをするか、できるかそういう事を考えていくデッキです。
墓地に送っていいカード(ダークヴルム)などもあるので一概には言えませんがツイツイとかのハンドコスト系のカードの採用にも慎重になりましょう。ただ、ツイツイに関してはそれでも必要という面があるのでサイドには入ってくると思いますが…

とりあえず手札だけあったらなんかできるから手札だけ残しましょう。っていうのがムーブの中で気を付けるべき基本的なポイントです。


構築としてはですね…黒牙…は個人的にはあってもいいんじゃないかなって気はしますね。
闇魔法使い墓地から蘇生するってのが地味に大きいです。星刻の魔術師やその効果で墓地に送った魔術師などを蘇生することが可能です。
でもこのデッキはそういうデッキではないので1枚がいいとこですね。
他の点としてはアストロの枚数などに調整の余地を感じます。
竜呼相打つは相当ドローに自信がある人以外は辞めた方がいいです。私なら到底採用範囲外ですね。
正直マスターPですら首にしたいってのが本音なのにそれに加えてもう1体とかありえんわ


⑷ 基本的なムーブ
①序盤
エレクトラムかハリファイバーを出すよ!
ハリファイバーはうさぎSSに加えて相手ターンに即クオンダムに変えて、必要に応じて任意の☆4闇Pとでクリアウィングつくって相手の場の表側表示モンスターを全滅させてください

エレクトラム使うときは順当にエクシーズや時空のペンデュラムグラフでの制圧になります
魔術師カードの絶対数が少なめのデッキなので、時空制圧をする場合はできれば星刻の魔術師は使っておきたいところ。でも別に無理に使うようなカードでもないのでその辺はお好みでって感じですね。エレクトラムで紫毒をコンスタントに回収すればリソースはそうそう足らなくならないでしょう。
それ以外だとバグースカなどが制圧力があります。

ハリファイバーはP召喚で出します。調弦の魔術師を使うわけです。
調弦でリクルートした人は除外されるので一応注意しておきましょう。

エレクトラムの出し方としては、特殊召喚分としてカーテンライザーとダークヴルムが用意されています。もう1体は通常召喚権を使って用意しましょう。エレクトラムを出すためにP召喚をしてしまうと本末転倒ですから。エレクトラム召喚に使った分のカードをP召喚すればいいのでそれ以上の消費は抑えるようにしましょう。

②中盤
アドバンテージ、稼げてますか?
結局のところ1枚1枚が強いような感じのデッキではないので、総運用枚数を増やして畳みかけ続けるような戦い方をどうしても要求されます。
それが魔術師のデッキ特性と割り切って頑張りましょう。


③終盤
ゴリゴリ推してゴリゴリ勝ちます
このデッキではトラピーズが抜けてるのでフィニッシュ力そのものは大幅に低下しています(トラピがいれば最悪トラピとアストロで7500まで出た)が、普通に横に並べる力は伸びているので横へ横へとのびていって勝負を決めるのが吉でしょう。
マジでやばいときはスターヴヴェノムのコピー効果で墓地のオレボの盤面デッキバウンス効果の起動を検討しましょう。そういうときはできるだけ被害が少なくなるように工夫、しようね!!



⑸ 勝筋とワンキルルート
勝ち筋はアドを作ること。
アドの蓄積を武器にするデッキなので、アドの総量が勝敗に直結します。
相手より多ければそれでいいってわけではないです。かといって一気に多く取りすぎるとあとで困ることもあります(ペンコの使用タイミングとか)
相手を確実に圧倒し続けられるギリギリのアドを確保することがPデッキの真髄って感じですね。

ワンキルルートはありません。不可能でもないですが狙う意味がありません。
ワンキルの必要性を感じる場合はトラピーズマジシャンの採用をお勧めします。



⑹総評
EMEmを思い出すデッキですね()
向こうは破壊Pグッドスタッフって感じでしたけど、あるデッキをベースとするグッドスタッフという点が非常に似ています。

やっぱペンデュラムの結論ってここにたどり着くんですかねえ……
個人的にはシュッとした感じのデッキが好きで、テーマ色の強いデッキを使うことが多いのでこういう感じのデッキはほとんど使わないんですが、ことあるごとにこういう方向性のデッキが湧いてくるのを見るとちょっと考えさせられます。

しかしながらこのデッキ、おそらく環境を取るようなことはないでしょう。弱点多すぎるし隙も多すぎるし、何より誘発が刺さりすぎます。
メタのメタを見てデッキの調整すると言っても、例えば封魔の呪印とか、魔封じの芳香とか致命的に響く弱点というのは少なからずあります。他のデッキと違うのは致命的なものの枚数が多いことですね。魔封じマクロ醒めない悪夢デスサイズetc…どれも非常に有効です。こういうのを乗り越えるのは非常に難しいです。
P系統が台頭して、メインからああいうメタカードが採用されるようになるともう悲惨です。だから環境は獲れないんですね。悲しい。
なんだかんだ周りの強化に合わせて今まで通り環境下位くらいの感じを保ちそうな気がします。
それが一番いいですよね

それでは今日はこの辺でノシ


以上で解説終わり!
また気が向いたら書くから読んでくれ茄子!!!!