無題

久しぶりのリクエスト!
「レアメタル・ナイト」「ロケット・ハンド」を使ったデッキ紹介を紹介します!

では最初に構築です。

■モンスター(7枚)
2 レアメタル・ソルジャー
2 レアメタル・レディ
3 干ばつの結界像

■魔法(11枚)
2 命削りの宝札
3 強欲で謙虚な壺
2 融合
2 月の書
2 魔導師の力

■罠(22枚)
3 強制脱出装置
2 神風のバリア -エア・フォース-
2 奈落の落とし穴
2 幻影翼
3 ロケットハンド
1 醒めない悪夢
3 幻影剣
1 神の警告
1 神の宣告
2 神の通告
2 魔宮の賄賂

■エクストラデッキ(4枚)
2 レアメタル・ヴァルキリー
2 レアメタル・ナイト
https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=301239


(1)コンセプト
リクエストにあった「レアメタル・ナイト」と「ロケット・ハンド」を使うということと「ロケット・ハンド」をうまく使うことのできる【結界像】を合わせました。
「レアメタル・ナイト」も「レアメタル・ヴァルキリー」が地属性であるため、「干ばつの結界像」の効果から逃げられるため組み合わせました。

(2)デッキタイプと概略
デッキとしてはロックビートに分類されますね。

主に【結界像ビート】のように相手の特殊召喚を封じ、ターンを重ねさせて「レアメタル・ナイト」の融合素材や「融合」を引いて「レアメタル」融合モンスターを出すという流れが最も行うと考えうる展開のパターンとなるでしょう。

魔法カードの採用の中に、「魔導師の力」があるのは「結界像」や「レアメタル」融合モンスターの打点アップのためであり、魔法・罠カードをよく伏せるこのデッキとの相性が良いため採用しました。
あと「強欲で謙虚な壺」や「命削りの宝札」の採用は融合召喚をする上で特殊召喚をができなくなるデメリットになってしまったり、融合素材を引けたのにそいつらを墓地に送ってしまうなどの懸念があります。
前者に対してはターンを重ねることが前提でこのデッキを作りましたので、あせらず次のターンまで待つことにしましょう。
後者に対してはあまり対策を考えてません。
まあ天に自分の運を任せましょう。
もし、運ではなくちゃんとした対策をしたいと考えていましたら、ピンで「闇の量産工場」を入れるとたぶんどうにかなる気がします。

罠のカードの採用はほぼ【結界像ビート】と同じにしています。
これはデッキ自体の動きが【結界像ビート】とほぼ同じため変える必要性を感じなかったのでそうしました。


(3)基本的な動き
初盤
ここで結界像を出します。
それ以外だと「強欲で謙虚な壺」や「命削りの宝札」で「結界像」を引いてください。
このときでは「結界像」がとても大切です。

中盤
融合素材と「融合」がある場合、融合召喚で「レアメタル」融合モンスターを出しましょう。
出した「レアメタル」融合モンスターと罠で相手のモンスターを倒して行きましょう。

終盤
このまま攻めていきましょう。

基本的に「結界像」が大事です。

(4)総評
主軸が【結界像ビート】で作りましたので、結界像の紹介になってしまった感があります。
まあ気にしませんが。
そういえば「レアメタル」融合モンスターの交換で「ロケット・ハンド」の②のデメリット効果を踏み倒しできるというコンボはなかなか面白いですよね。
彼らの交換効果をうまく活かしたコンボ、とても良いです。
こういう面を見ると、投入カードを変えることでただの【結界像ビート】とは違った個性が生まれ、遊戯王の奥深さというかそういうものが見えて楽しくなりますね。


以上、リクエスト企画でした。