image
皆さんあけましておめでとう。新年一発目の記事は先日めでたくお亡くなりになったSPYRALについてです。
前期は猛威を振るいましたし、海外では甘めの規制が災いしてまだ強いとかなんとかいう話も聞きますし、まあ仕方ないのかなって感じもありますよね。
でも或いはなんか行けるんちゃうかなって思って使ってみるとこれが案外強いんですよ
なんとかなるんじゃねてきなね。
まあ大会レベルではないんですけども、それでも一定のラインの性能はしっかり確保できているなと感じましたので、今回紹介するような運びになりました。

ほんだらさっそく本題へ。


まずは規制を受けたカードの確認から始めましょう。

《SPYRAL ジーニアス》
効果モンスター(制限カード) 星1/地属性/機械族/攻 500/守 400 (1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「SPYRAL GEAR」カード1枚を手札に加える。 (2):このカードが墓地に存在し、 自分フィールドに「SPYRAL-ダンディ」が存在する場合に手札を1枚捨てて発動できる。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
当然だよなあ?
各種スパイラルギアのサーチソースであり盤面リソースの提供源でありその他色々な用途に使われたジーニアス君が制限化されました。普通にはい。普通ですね。
このカードは役割が大分変ってますね。1枚になったので除外がかなり重い感じになりました。
だもんで、蘇生効果がおまけみたいになってます。NSで敢えてビッグレッドをサーチしてリンクリボーにして、ビッグレッドでわざわざこのカードを蘇生してダンディと並べてヘリックス出すみたいなムーブを求められることも間々あります。ちなみにこの場合の目的はニンギルスです
なんにせよΩほしい。めっちゃΩ欲しい。

《SPYRAL ドローン》
効果モンスター(制限カード) 星1/風属性/機械族/攻 100/守 100 (1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 相手のデッキの上からカードを3枚確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。 (2):このカードをリリースし、自分フィールドの「SPYRAL」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力は相手フィールドのカードの数×500アップする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 (3):自分の墓地からこのカードと「SPYRAL」カード1枚を除外し、 自分の墓地の「SPYRAL-ダンディ」1体を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。
ジーニアスからサーチされてFWDからの展開リソースになったり、相手のトップを偵察したりしていたドローン君も制限になりました。
機械複製術から展開するのが問題だったからかかるのは仕方ないと思います。
このカードもないと地味に困ります。
ジーニアスとこのカードの両方が死んでいるのでランク1も出せないのが痛いですね。
ダンディの回収効果も地味に最後に効いたりするんですかね(小並感)
今のところこのデッキで墓地効果使おうと思ったことはないので安心していいと思います。

《SPYRAL RESORT》

フィールド魔法(制限カード) このカードのコントローラーは、 自分エンドフェイズ毎に自分の墓地のモンスター1体をデッキに戻す。 またはデッキに戻さずにこのカードを破壊する。 (1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、 このカード以外の自分フィールドの「SPYRAL」カードは相手の効果の対象にならない。 (2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「SPYRAL」モンスター1体を手札に加える。
SPYRALの動きの中で重要な役割を果たしていたサーチカードが制限入りとなりました。
このカード自身の制限化以上に、グレースの②の効果によるアドバンテージリカバリがなくなったのが非常に痛いです。
あとで説明するけど新スパイラルではこのカードのためのカードは入れない方がいいです。
テラフォとか盆とかね。
多分、制限化で質が一番大きく変化したカードだと思います。
サーチがおまけになって、対象回避効果の方がメインのカードになったという印象が非常に強いです。

はい以上。盆もエンフェも死んでるけどどうせ不採用になっちょるからええねん無視無視。

構築はるやで
■モンスター(24枚)
1 PSYフレーム・ドライバー
1 SPYRAL GEAR-ドローン
1 SPYRAL-ジーニアス
1 D.D.クロウ
3 増殖するG
2 「RESORT」STAFF-チャーミング
3 SPYRAL GEAR-ラスト・リゾート
1 SPYRAL-タフネス
3 SPYRAL-ダンディ
1 SPYRAL-グレース
1 SPYRAL-ボルテックス
3 エフェクト・ヴェーラー
3 PSYフレームギア・γ

■魔法(13枚)
1 おろかな埋葬
1 死者蘇生
1 増援
1 手札抹殺
1 ハーピィの羽根帚
1 ワン・フォー・ワン
2 SPYRAL GEAR-エクストラアームズ
3 SPYRAL GEAR-ビッグ・レッド
1 SPYRAL MISSION-強襲
1 SPYRAL RESORT

■罠(3枚)
1 SPYRAL GEAR-マルチワイヤー
2 SPYRAL MISSION-救出

■エクストラデッキ(15枚)
1 PSYフレームロード・Ω
1 スターダスト・ドラゴン
1 森羅の姫芽宮
1 LL-リサイト・スターリング
1 深淵に潜む者
1 No.41 泥睡魔獣バグースカ
1 リンクリボー
3 SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス
1 セキュリティ・ドラゴン
1 プロキシー・ドラゴン
1 星杯戦士ニンギルス
1 デコード・トーカー
1 鎖龍蛇-スカルデット

ハイこんな感じ

イメージとしては9期のSPYRALに近い感じです。
基本的に後攻択です。
リゾートとラスリゾでボルテックスとかタフネスとかダンディ(今はヘリックスだけど)を守り、ダンディはエクストラアームズで攻撃力を上げぶん殴るって感じですね。ラストリゾートでダイレクトアタックもできるよ!!
明確な弱点は相手に触る札がボルテックスしかないこと。
まあでも寧ろボルテックスだけあればそれでわりと大丈夫な気がしないでもないですね。はい。
よく言えば真竜に近いデッキです。堅固な除去持ちを少数立てて殴っていくってイメージ。

なので、上手く動ければ結構強いです。弱点は上手く動けないと防御も糞ったれもなくなんも出来ないというところ。まあ普通っちゃ普通なんですけど、真竜とちがって複数のカードの組み合わせで守りを強化していくのでリソースを結構使うんです。
強化しないと攻撃力1900のモンスター1体棒立ちとかになりかねないですから。

また、装備魔法とフィールド魔法が重要なので羽根帚にとても弱いです。破壊されたときのリカバリもない上にボルテックスの破壊先がなくなる可能性すらあるので最悪と言っていいでしょう。


ある程度動ける確率は7割くらいですかね。
とりあえずヘリックスにラストリゾート装備しておければOKです。
最低ここまで作っておけば防御とまではいかなくても最低でも相手に処理を押し付けるとこまではできます。蘇生も簡単だしね。一回ヘリックス出せるかどうかはこのデッキの大きな分岐点になります。

出来ればボルテックスは出したい。けど…初手からボルテックスを出すのは難しいです。
2手目くらいにするべきだと思います。

またマルチワイヤーも防御札として非常に重要なので、先攻ならできるだけ確保するようにしましょう。しかし使いどころが難しいのは否めないので2枚以上採用するのが難しいと思います。
あって弱いカードではないので、同じく除去要員であるタフネスの採用枚数を増やしてマルチワイヤーを2枚3枚と搭載していくというのもありだと思います。

γは相手ターンのカードではないです自ターンに使ってください。
ダンディに増Gとか埋葬にうららとかなんかそういう感じのタイミングで使います。
だしたら即Ωにしてそのターンはあきらめてもうジャンプさせちゃいましょう。エクストラゾーン空いてないと困りますしね。

使い方が非常に難しいのはそうなんですけどでもΩが欲しすぎて星飛雄馬になるようなデッキなので無理やり採用しています。Ωを出すためのもっとましな方法思いついたら抜いてよくなると思います。そうなったらもううららでもなんでも入れたらええやんか(雑

ヴェーラーなのもΩのせいです
グレースとシンクロしてΩ出すんだよ!!!
お”お”ん????文句あっか????(逆ギレ)

…でもうさぎとかでも出せるのでちょっとそこは考えどころですよね。
1+4+3=8で…
ジーニアスとダンディとうさぎで出していく感じになる感じですかね。
オメガさえ出てくれればジーニアス除外されてもいいので、1+4+3は結構現実的な数字かもしれないですね。うさぎなら何らかの事情で盤面に残留する羽目になっても一応効果は使えますし、便利なのかもしれません。




ムーブについててすが、基本的なムーブとかはまだ確立してないです。
ただ重要なポイントは徐々に割り出せてきました。
  1. 相手のトップ(の種類)当てる
    ドローンないねんもん!!!当てるしかないやろ!!(逆ギレ)
    当てないとダンディが出せない。ヘリックスのリクルートもできない。何も出来ん。
    全力であてにいこう。このデッキが後攻択メインなのもその辺が理由です。
    マジでわからん時はとりあえずモンスターって言っとけ。

  2. グレースのサーチまでリゾートは引いちゃダメ
    これは結構意外なポイントだと思います。僕にとってもそうでした。最初普通にテラフォ入れてましたからね。
    でも実際使ってみるとよくわかるんですけど、グレースの②のサーチを使うまでは、リゾートを引いちゃだめなんですよね。
    グレースの効果でリゾートともう1枚のSPYRALをサーチするときのアドバンテージの大きさがどうしても欲しいんです。ボルテックスとラストリゾートの二枚をサーチしたいんです。
    そしてリゾートがデッキに入ってないと②のサーチが使えないんですよ。なのでできるだけリゾートはデッキに残しましょう。

  3. チャーミングは使い勝手が違うので注意
    絶対ダンディ呼び出すウーマンことダンディの彼女であるチャーミングちゃん、残念ながらSPYRALじゃあないんですよ。
    彼女を戦いに巻き込まないというダンディー君の男気をかんじますよね。知らんけど。
    そんなわけで使い勝手がほかのカードと違ってきます。
    SPYGALミスティとともに、SPYRALと相性はいいもののスパイラルじゃないカードとして、一応の注意は払っておくべきでしょう。
    運用としては、
    ほかに動きにくいときに初手セットエンドするってのが基本になります。
    が、ラスリゾで破壊したり自爆特攻した後ダンディを何らかの手段(大体リンクかエクシーズか)で墓地へ送ってダンディをSSし相手の伏せを破壊するなんていう特殊なプレイングも可能です。またダンディが墓地へ送られたときにダンディを手札に戻す効果は、タフネスやヘリックスなども戻せます。
    稀ですけど、おろかな埋葬でこのカードだけを敢えて墓地に送っておいてあとからダンディ回収して使うっていうのもできます。以外と小回り効く子です。

  4. ヘリックスのサーチorリクルートは状況判断が大事
    嘗てはグレースリクルートが基本択だったわけですが今回はそうはいきません。
    ラストリゾートサーチやボルテックスサーチ、ジーニアスの蘇生など、多彩なムーブを強く求められています。どういう動きをするかは相手次第です。何とも言えないです。
    防御したいならラスリゾサーチ、除去するならタフネスリクルートなどとなります。
    搦め手としてはジーニアス蘇生(リクルート)からリンクリSSしてニンギルスにつなげるというのもアリです。
    勿論普通にグレース呼んできてもいいわけですが、この時リゾートがデッキにないとそんなに大きくアドバンテージを稼げないので注意してください。
    呼び出したグレースはグレースとヘリックスで2体目のヘリックスを呼び出して墓地へ送りましょう。

とまあ大体こんな感じですね。
総合的に見て、やはり強いデッキではあると思います。ポテンシャルもかなりのものです。
今後もっといい感じにすることは可能だと思います
なんというかこう…全盛期のSPYよりつかっててずっと楽しいデッキに仕上がってました。
もっと楽しいデッキにできたらなって思います。今後とこ研究していきまっせ!!!

今のところ検討してる相性の良さげなカードはまずはアームズホール。
それからグローアップバルブ。
デッキとしては聖騎士との混成とかなんか考えてます。装備魔法ベースだし。
いや…聖騎士全然知らんねんけど…
ジャンクシンクロンもいいかもしれない。
1+4+3チューナで…
あ、4はもちろんダンディです。ドッペル君はあんまり採用の意義はなさそう。
いて弱いってことでもないとは思うんですけど…
とにかくΩがしっかり安定して運用できるようになんか考えたいです。

ほいだら今日はこの辺でノシ