ダウンロード (21)
みなさまお久しぶり!閃刀姫の情報がまったく出てこなくて若干いじけ気味のはんDです

今日の記事はですね、はんDも現在絶賛使用中のブラックマジシャンの新規カード、竜魔導の守護者についてです。

竜魔導の守護者
☆4 闇属性 
ドラゴン族
ATK/1800 DEF/1300

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、このカードの効果を発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「融合」通常魔法カードまたは「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。
②:EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せて発動できる。そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を自分の墓地から選んで裏側守備表示で特殊召喚する。


このカード、登場から早々にTwitterなどではコンボ要員などとしての価値が見いだされたりされなかったりしているわけですが、実際にブラックマジシャンでつかうのかどうかということについて、検証していきたいと思います。
まずは参考までに現在のはんDの使っているブラマジの構築を載せたいと思います。
■モンスター(18枚)
3 ブラック・マジシャン
2 魔導書士 バテル
3 マジシャンズ・ロッド
3 幻想の見習い魔導師
3 増殖するG 2 エフェクト・ヴェーラー 1 ナイトエンド・ソーサラー
■魔法(15枚) 1 グリモの魔導書 2 強欲で謙虚な壺
1 強欲で貪欲な壺 3 ティマイオスの眼 1 黒・魔・導 2 ルドラの魔導書 1 イリュージョン・マジック 1 黒魔術の継承 3 黒の魔導陣 ■罠(7枚) 1 聖なるバリア -ミラーフォース- 3 マジシャンズ・ナビゲート 3 永遠の魂 ■エクストラデッキ(15枚) 1 超魔導剣士-ブラック・パラディン 1 竜騎士ブラック・マジシャン 1 PSYフレームロード・Ω 1 スターダスト・ドラゴン 1 レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト 1 灼銀の機竜 1 No.24 竜血鬼ドラギュラス 1 マジマジ☆マジシャンギャル 1 幻獣機ドラゴサック 1 幻想の黒魔導師 1 虚空の黒魔導師 1 No.11 ビッグ・アイ 1 No.89 電脳獣ディアブロシス 1 アカシック・マジシャン 1 サモン・ソーサレス

なお、構築を作ったのは竜魔道の守護者の効果公開前です


さてさて、竜魔道の守護者。
かれのライバルとなるカードはタイトルにもあったようにティマイオスの眼です。
竜魔道の守護者とティマイオスの眼、どちらを採用するのがいいのか検証していきたいと思います。
なお、両方採用は考慮しません。理由は妨害枠の確保を優先したいからです。


竜魔道の守護者

メリット
  • 手札によっては先行1ターン目に《竜剣士ブラックマジシャン》を出せる。初動の弱さが弱点の1つだった【ブラックマジシャン】には大きなメリット
  • 二つの効果がどちらも盤面に依存しない効果なので、ブラマジの弱点である返しの弱さをある程度克服できる(竜騎士ブラマジ棒立ちで何ができるとか言わない)
  • 《ティマイオスの眼》が《永遠の魂》や《マジシャンズ・ナビゲート》とのセット運用を基本としているのに対し、このカードはそのような制限がない
  • 一応《簡易融合》を採用できる。《サウザンド・アイズ・サクリファイス》や《召喚獣 ライディーン》などを運用できるようになる。《簡易融合》を入れることでデッキの幅は広がる。《マジシャンズロッド》と《簡易融合》でエクシーズ狙ったりなども可能になる
  • 何らかの形で融合が不発になっても裏守備のブラマジは場に残せる可能性が高い
  • このカードのサーチ先とのなる「融合」または「フュージョン」カードの採用枚数によっては手札融合も不可能ではない
  • 《円融融合》をサーチできる。《クインテットマジシャン》はこのデッキでは数少ない解決力なので運用できるのはメリット。
デメリット
  • 《魔導書士バテル》と《竜魔道の守護者》、《マジシャンズ・ロッド》を採用すると通常召喚時に発動する効果を持つモンスターが多すぎてどれかが腐る可能性がある。でもバテルは抜けそうな気配
  • このカード自身が融合素材であり、しかもデッキ内にドラゴン族がこのカードしかないので何らかの形でこのカードを処理されると融合そのものができなくなる。
  • 通常召喚権を使う上に効果を二度も発動してしまう
  • 融合を別途用意する必要があるので枠を喰う
  • 《超魔道剣士 ブラックパラディン》等の召喚ができない。《ティマイオスの眼》に比べて選択肢が狭い
  • 踏むと困る誘発が多い。具体的に列挙すると
    ・エフェクト・ヴェーラー
    ・灰流うらら
    ・幽鬼うさぎ
    ・屋敷わらし
    ・D.D クロウ(素材の蘇生が必要な場合)
    ・PSYフレーム・γ
    ・PSYフレーム・δ
    ・増殖するG(SS2回するのでティマイオスより被害がでかい)
    など。


はんD(サーチ中にうさぎ出されたら融合生活終わるナリ…) 
はんD(そうだ、大声出して音をかき消すナリ!) 
はんD「ああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」 
先生「はんDくん、ど、どうしたんだいきなり大声出して(うさぎ発動)」 
はんD「なんでもな
maxresdefault


誘発使われたら大体終わりってそれ1番言われてるやつだから。
逆の見方をすれば、「誘発を引っ張れるムーブが出来た」という風にとらえることもできる。
所謂囮です。



ティマイオスの眼

メリット
  • 1枚で完結しているので誘発を挟まれる隙が少ない
  • 竜剣士に比べてデッキの枠を喰わない
  • 通常召喚権を使わない
  • 選択肢が広い。《超魔道剣士ブラックパラディン》など、選択肢として強力なモンスターもいるのでこのメリットは大きい。
  • 増Gで受ける被害が小さめ
  • 魔法罠を軸にしたムーブはメタレースからはずれがち。なので比較的相手のメタを受けにくい。
デメリット
  • 《ブラックマジシャン》を自力で供給できないので、必然的に《永遠の魂》《マジシャンズ・ナビゲート》などとセット運用する必要がある


といった具合です。

こっちは小回り効くことがメリットだからネタにするムーブとかがあんまりなかった。


両者のメリットデメリットを比較したわけですが、目を引くのはやはり竜魔導の守護者の先攻で竜騎士ブラックマジシャンを出せる(可能性がある)という点です。
先述の通りブラマジは1ターンから妨害していくという動きが苦手だったのでそれができるようになるというメリットは大きいと思います。
先行ムーブを意識して《竜魔導の守護者》を採用する場合は《召喚師のスキル》を採用することになるんじゃないかなと思います。


はい。
と、いうわけでですね、作ってみました守護者入りのブラックマジシャン。
■モンスター(21枚)
3 ブラック・マジシャン
3 増殖するG
2 魔導書士 バテル
3 マジシャンズ・ロッド
3 竜魔導の守護者
3 幻想の見習い魔導師
3 エフェクト・ヴェーラー
1 ナイトエンド・ソーサラー

■魔法(12枚)
3 召喚師のスキル
1 黒・魔・導
1 円融魔術
1 融合
1 ルドラの魔導書
1 イリュージョン・マジック
1 黒魔術の継承
3 黒の魔導陣

■罠(7枚)
1 聖なるバリア -ミラーフォース-
3 マジシャンズ・ナビゲート
3 永遠の魂

■エクストラデッキ(15枚)
1 呪符竜
2 竜騎士ブラック・マジシャン
1 クインテット・マジシャン
1 PSYフレームロード・Ω
1 灼銀の機竜
1 No.24 竜血鬼ドラギュラス
1 マジマジ☆マジシャンギャル
1 幻獣機ドラゴサック
1 幻想の黒魔導師
1 虚空の黒魔導師
1 No.11 ビッグ・アイ
1 アカシック・マジシャン
1 サモン・ソーサレス
1 デコード・トーカー

シンプルめにしたつもりです
やっぱバテルは強いので一応採用しています。
どう考えても召喚権消費して2ドローは強いです。
融合系カードは2枚採用していますが、基本は融合を使ってください。
円融融合はとどめの切り札的なポジションのカードです。



個人的には後者の方がデッキとしての完成度は高いんじゃないかなと思っています。
運依存要素が多少なりとも緩和出来ているんじゃないかなと。

以上で今日の記事は終り!!
次の記事は閃刀姫の予定ですのでこうご期待!!!