download (4)
 
さて再びの休止と再開ということでですね。
今回は「出張パーツとしての閃刀姫」をいつも以上に丁寧に考察していきたいなと思います
こんかいはページレイアウトにも力入れてみたのでそのへんも注目してほしいな!!

目次
1.閃刀姫出張の強さ #とは
2.閃刀姫と相性よさげなデッキその①
3.閃刀姫と相性よさげなデッキその②
4.閃刀姫と相性よさげなデッキその③




閃刀姫出張の強さ #とは?



閃刀姫出張、最近よく見かけますね

はんD…っていうか最近はメンチって名乗ってるんですけどww(隙自)

とにかく私のTwitterのTL上で見た限りでは、アンブラル大好きな人とかサイドラ大好きな人とかが閃刀姫を、自分のフェイバリットデッキの強化案の一つとして採用してました。

一体閃刀姫の何がそんなに強いのか。

それはズバリ

墓地に魔法を貯めさえすれば、
   召喚権を使わずに強力な動きができる


というポイントです。
もっとも代表的なのが

召喚権を使わずに2サーチ&2ドローし
   相手のモンスターと魔法罠を1枚づつ除去する


…という流れ。強い(語彙力)

これを狙う場合、最低ラインとして以下のカードを採用することになります。

■モンスター(1枚)
1 トゥーン・サイバー・ドラゴン

■魔法(8枚)
3 閃刀起動-エンゲージ
1 閃刀術式-アフターバーナー
3 トゥーンのもくじ
1 閃刀機-ホーネットビット

■エクストラデッキ(1枚)
1 閃刀姫-カガリ

そしてこのカードたちが閃刀出張の基本となります。
まあこのあたりについては議論の余地は無いですよね?
ちなみに、後で紹介しますがもくじは必ずしも必須のカードではありません
デッキによっては採用しないでも大丈夫でしょうが、やはりメジャーどころということで基本カードに加えています。
ちなみに価格はこんな感じ
範囲を選択_007

結構しますよね(白目)

それだけの価値があるということなのでしょう。
ではこの基本カードを使ったムーブを簡単に紹介します
  1. もくじ発動→もくじサーチ&発動→もくじサーチ&発動→トゥーンモンスターサーチ
  2. エンゲージ発動→ホーネットビットサーチ+1ドロー
  3. ホーネットビット発動→トークン素材にカガリSS
  4. カガリでエンゲージ回収
  5. エンゲージ発動→アフターバーナーサーチ
…っという流れです。
誘発を喰らわずにこの動きを最後まで通せれば非常に有利に立てることは間違いない。
来季はエンゲージ制限となる可能性が高いと思われます。

この動きのなかで、受けると困る誘発は
  1. ドロール&ロックバード
  2. 灰流うらら
  3. PSYフレームギア・δ
  4. PSYフレームギア・γ
  5. D.D.クロウ
  6. 屋敷わらし
  7. エフェクト・ヴェーラー
あたり。1位が困る度が最も高く、6位が困る度が比較的低いカードになります。
まあ逆説的に言えば、非常に高い確率で誘発を吸ってくれるコンボだと捉えることもできますが…

とにかくこれだけのことをできる出張というのは今までにない出張です
ファンデッキ界隈に革命をもたらすカテゴリーであることは間違いないと思います!!
次の項目から、閃刀姫出張と相性のよさげなデッキをピックアップしていきたいと思います







閃刀姫出張と相性がよさげなデッキその①

 魔法カードを大量に使うデッキ

ド直球に相性がいいのがこのタイプのデッキです
代表的なデッキはこのあたり
  • 召喚獣
  • 暗黒界
  • 魔道書
  • トゥーン
  • ファーニマル
見てのとおりというかなんというか…「お、そうだな」くらいの感想しか浮かばないっちゃ浮かばないですよね…

さてこの中でも特に相性がいいのが召喚獣。
テーマがフラゲされた最初期からもっとも相性がいいデッキの一つとして紹介されていました。公式がデッキ構築したりもしていましたね。
現在メンチが使っているのは召喚獣閃刀姫です。
実際の構築がこちら→カード検索へのリンク
範囲を選択_003
範囲を選択_002


誘発がないのは勘弁してくだち!!
コストの問題なんや!!
また闇の誘惑はなんだかんだ余るレイを切るために使います。

2枚目以降のレイって

切っていいというと語弊があるけど必要になることはないカード

って感じなんですよね。なのでドロソに有効活用。
闇の誘惑とホーネットビットの枚数を2枚づつにするかこのままで行くかは検討中です。

なんか休んでる間にカード検索が画像表示が可能になってベリーハッピーです。いつか上前払わなあかんやもしれん…






閃刀姫出張と相性がよさげなデッキその②

 墓地にカードを送り込むカード
           を使うデッキ


ここで言う「墓地にカードを送るためのカード」というのは
  • 隣の芝刈り
  • 光の援軍
  • 手札抹殺
などです。このタイプには以下のデッキなどが該当します
  • ライトロード
  • インフェルノイド
これらのデッキの中の魔法カードの比率をアップすることでなんとか墓地に魔法カードを2枚送り込みたいって感じです。
まあここに挙げた2つのデッキならそれは簡単ですけどね(^_^;)

記事書くの久々すぎて墓地肥やし系のデッキがこの2つしか思いつかないorz

今回はサンプルとしてライロ閃刀を考えてみました
15分クオリティーなので多少雑なところは許してください何でもしますから!!
カード検索へのリンク
範囲を選択_003
範囲を選択_004

あとシューティングスターは趣味です()
入れるとしてもスターダストクロニクルのほうがまだ強いってはっきりわかんだね

動きとしては
  1. 援軍、エクスチェンジ等で最低2枚(もちろん可能なら三枚)魔法カードを墓地に送る
  2. 出張閃刀姫の動きをキメる。魔法が2枚しか送れていないという場合は最初のドローを諦めるののも手
  3. 展開を始める
といった感じです。
じつはライロを実戦で使ったことないんで参考程度にしてください()







閃刀姫と相性よさげなデッキその③

 明確な弱点を補いたいデッキ

これはまあ…表現が難しいですね…

閃刀姫で補える弱点を持っているデッキって意味です。
正直なところファンデッキの大半がここに該当するでしょう。

閃刀姫が補える弱点というのは具体的には
  • 手札が足りない
  • 場持ちが悪い
  • 除去ができない
の3パターンです。

これ以外の弱点パターンがあるかどうかは議論が別れるかもしれないけど(小声)

どのパターンも閃刀姫と組み合わせかた次第でズバッっと解決できます。
ラストとなる3パターン目は一見閃刀姫と相性が悪いように思える【武神】と組み合わせた
デッキを披露したいと思います→カード検索へのリンク

範囲を選択_005

範囲を選択_005


<3月14日追記>
カグツチとスサノオを取り違えていました
以下、カグツチをスサノオを読み替えてお読みください

はい!
すごい()デッキだね!!
今回はヤマトではなく カグツチスサノオを長居させられるようなデッキ というコンセプトでデザインしてみたんですけどどうでしょうか

武神そのものを使ったことがないので正直自信は全く無いんですけど、カグツチスサノオが場持ちするような武神作ったら強いんじゃねって思って作ってみました。

ヤマトよりカグツチスサノオの方が強いというのは間違いって面もあるにはあるんですけど、でもメインゾーンにヤマト居座られるととても困るということであえてカグツチスサノオなどのエクシーズの方を採用しています。

ムーブとしては、アラスダを通常召喚した後苦渋でヒルコを手札に加え、ヒルメとアラスダの二枚を素材にして最初のエクシーズを行う…というイメージです。

その後は状況に合わせてヒルコでエクシーズの種類を変えていきます

それ故に最初のエクシーズはそこまで強くなくていいということになり、
結果状況次第で大きなアドバンテージを得られる《武神帝−ツクヨミ》を使うことができるというメリットにもつながっています。
このデッキ案では採用していないフォトンスラッシャーとかも、ツクヨミが使えることで採用検討範囲に入れることができましたし。

閃刀姫パーツはエクシーズを守るために使います。
相手の効果を受けなくなるのは強力かなって(安直)

このデッキのアピールポイントは武神よりむしろ閃刀姫です
あえてカガリなどの閃刀姫エクシーズを採用しないという選択肢もあるということをお伝えしたかった。
それ故の武神、というわけです。








久しぶりの記事になりましたがいかがでしたでしょうか
私は閃刀姫がとっても気に入りました!今後もいろいろ考えていけたらな〜
…と思っています。

それでは今日はこの辺でノシ