994b6c54-s
ついにクライマックスに突入した漫画ArcVから、オッドアイズ新規の速報が入ってまいりました!!
さっそくチェックして行きます


オッドアイズ・ファンタズマ・ドラゴン
星8 闇属性 ドラゴン族・ペンデュラム ATK/3000 DEF/2500
このカード名の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のPゾーンにカードが2枚存在し、自分のEXに表側表示の「オッドアイズ」Pモンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。この効果を発動するターン、自分はP召喚できない。
②:このカードが相手モンスターに攻撃するダメージ計算時に発動できる。その相手モンスターの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの数×1000ダウンする。
【Pスケール0】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。自分のEXデッキから表側表示のドラゴン族モンスター1体を手札に加える。



まず目を引くのはスケール0というところですね。最近お縄になったダークヴルムくんとセットで運用されていた覇王門零(←ややこしい!)と同じスケールです。

なんでわざわざ覇王門をたとえとして出したかというとこのカード、普通の【オッドアイズ】では運用しにくいからなんです。
よく見てくださいこの子、レベルが8なんです。

レベル8のもンスターをレベル7主体とのPデッキで使う機会があろうや(反語)

なので運用方法はある程度限られたものになります。このカードをP召喚する場合、運用のためのスケールの最有力候補は当然《覇王門無限》と《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》になります。

まあこんなもんよっぽどじゃなきゃP召喚しないけどね(爆)

このカードのメイン効果はP効果の方です。《天空の虹彩》で破壊したドラゴンPを手札に加える動きが強いです。
手札コストは(採用するかどうか微妙ではあるものの)《貴竜の魔術師》を利用したり、《賤竜の魔術師》での回収を念頭に置いたりしていきましょう。
回収対象は《覇王眷竜ダークヴルム》がやはり筆頭候補。
これを採用していない場合は破壊された《オッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴン》あたりが有力な候補になると思います。

またこのカードステータスの優秀さも光ります。3000打点の2500といえばそう!
《ドラゴン・目覚めの旋律》に対応します!
いま注目の《闇黒の魔王ディアボロス》と一緒にサーチできるんです!


サーチしてどうするか?それはえ〜っと……

このカードのP効果発動のための手札コストにして墓地に送った後、《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》を融合召喚!その時のリリースに反応して闇黒を蘇生!

みたいな感じの戦略はアリなのではないかな〜と思います。
なんだかんだで3000打点がゴロゴロ出てくるのは面倒ですからね。
このカード自体がかなり大きなデバフ効果を持っているので、戦闘面の大幅な強化になるとおもいます。

スターヴもこのカードも闇黒もレベル8なのでランク8エクシーズにつなげることも狙えますし。

また無理にペンデュラムする必要はないとはいえ、アークペンデュラムのリクルート対象の1人でもありますし場に出る機会は少なくないと思われます。
場に出たなら、貴竜の魔術師の効果でレベルを下げてシンクロ召喚すれば、強力な効果を持つ《覇王眷竜 クリア・ウィング》をシンクロ召喚可能です。

覇王眷竜は7+1の方が早いですけどね()




以上でオッドアイズ・ファンタズマドラゴンの考察は終わり!
オッドアイズの可能性を更に広げてくれる良カードでしたね…
個人的には闇黒との間接的なシナジーがあるのはかなり大きいと思いました!


それでは今日はこの辺でノシ