弩級部隊
弩級部隊

弩弓部隊というこのカード、場のモンスターをリリースし相手のカードを破壊する罠カードです。
リリースと言って一番最初に思い浮かぶのはやはりこの人でしょう!

闇黒の魔王ディアボロス

闇デッキ、特に先日発売されたストラクRや一部のバージョンの帝のような
リリースを武器にできるデッキにおいて活躍が見込める1枚です。



以外に使いみちがありそうなのが時期環境デッキ最右翼の【閃刀姫】です。
閃刀姫メタとしてもっとも安直かつもっとも有効なのはメインモンスターゾーンにモンスターをおいて行くこと。
特に純構築の閃刀姫において、メインにカードがあることは致命的とも言っていい事態になりかねません。

特にイヴリース

夢幻崩界イヴリース

などは単体で優秀な上妨害力が高いので今後採用の確率が上がる可能性があると思います。

そこでこの弩弓部隊を採用しておくことで場の余計なカードを処理する手段を残すことができるわけです。

同じく自分の場を開ける使い方をされるカードの代表格である《ブラックホール》と比べると

メリット
  • 1体だけピンポイントで処分することができる
  • 魔法罠を破壊できる
  • 罠なので相手の動きに即座に対応し破壊できる
  • ウィンドアンカーなどの発動条件をブラホより早く満たせる
     
デメリット
  • 除去の枚数は少ない
  • 一度伏せなくては行けない
  • 相手を破壊する効果が対象を取る
  • 《生贄封じの仮面》《アンデッドワールド》の影響を受ける
  • 相手にモンスターを送りつけられないと使う場面がない
などが挙げられます。


一長一短って感じですが、【純閃刀姫】で採用するなら私ならブラホを採用すると思います。
妨害力としても使える点はメリット大きいですが使う場面が限られるのは痛い。
手札に夢幻泡影がある前提であえて場を開けるために使うとかいう用途もありはしますが特殊です。


閃刀姫の他に、直接的にリリースをメリットとするデッキとしては聖刻などが思いつきますが、ソリティアが大きな軸である彼らにこのカードをつかう余裕があるのかどうかはちょっとわからないですね。。。

クリフォートとかで使うというのも手です。
リリースに反応する効果を持っていますから、彼らは比較的有効にこのカードを使えるデッキかもしれません。


以上でこのカードの考察は終わり!!ノシ