サイバードラゴン・ヘルツ
ドラグニティに続いてサイバー・ドラゴンに新規が来ました。

この2つのデッキは結構人気あるのでようやく新規って感じがする気がします。

サイバードラゴン・ヘルツ

効果は3つです。

①の効果はおなじみのみなし効果。

②の効果は特殊召喚時にレベルを5として扱う効果。

③の効果は墓地に送られた際にサイドラをサーチor回収する効果です。

サイバーデッキにかけていたサーチという要素を補ってくれる強力なカードですね。
サイバー・ドラゴンしかサーチ効きませんが...。


とりあえず運用について考えられる案は
1.レベル1or5なことを活かす

2.フィールド・墓地でサイバードラゴン扱い効果を活かす

3.③の効果を活かす。

の2点が主なものではないでしょうか。

1の案はワンフォーワンやらでデッキからのリクルートを行える点やランク5のモンスターにつなげられる点(特殊している前提)についてです。

またレベル1なのでリンクリボーの素材にもなったりできるのも良い点ですね。
能動的に墓地に送ることでリペアプラントの効果を両方選択でき、サイバードラゴンのサーチor回収できるようになります。

2の案はリペアプラントやネットワークの効果発動条件を満たさせる点ですね。
あとメガフリートやフォートレスの素材になる点です。

この点はドライやツヴァイでも条件は満たせるのでこのカードでなければいけないといった確たる理由はないです。
けれどなくてはならない効果な気がしますのであまりおろそかにできませんが。

3の案は上記にも書きましたが、リンクリの素材になったときにサイバードラゴンをサーチor回収ができることやおろ埋や銀河戦士の効果で墓地に送られてもアドを得られる点ですね。

この案がヘルツを運用するにあたって一番考えなくてはならないと思います。
墓地に送るだけという緩い条件でサーチを効かすことができるのはとても大きいです。
例えばシャドールや召喚獣と混ぜて影依融合や召喚魔術でデッキか手札から落とすことができれば2~3アド取れることができ、相手のエクストラモンスターゾーンへのモンスターの特殊召喚への妨害(メガフリート)ができるようになります。
まあ一例ですが。



以上でこのカードの考察終わり!
それではノシ