images
リボルバー様の良き力が三枚新規収録されることが決まりました。
速報から紹介まで時間が空いてしまいましたが・・

みて行きたいと思います。



ヴァレルソード・ドラゴン
リンク4 闇属性 ドラゴン族・リンク ATK3000 
【リンクマーカー:左/左下/下/上】
効果モンスター3体以上
①:このカードは戦闘では破壊されない。
②:1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示にする。このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。この効果は相手ターンでも発動できる。
③:1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、そのモンスターの攻撃力は半分になる。 


汎用リンクですね(白目)
効果は3つ
①がシンプルな戦闘破壊耐性

②はモンスター1枚を守備表示にし、このカードに2回攻撃を付与する効果です。
相手ターンにも発動可能な上、超融合と同じチェーン制限がついています。

③はダークリベリオンと同じ攻撃力上昇効果です。3000ラインに乗っているこのカードが戦闘負けすることは非常に考えにくいので、与ダメアップと捉えると良さそうです。
適用期間が長いのでこのカード自身を始めとする戦闘耐性持ちをタコ殴りにしてダメージを稼ぐ応用もできそうです。

総じて、戦闘に特化したモンスターだと思います。

攻撃力で負けることがほぼありえない以上、②の効果で守備表示にすることは一見デメリットに見えますが、
実際の決闘では相手が自発的にチェーンを積む動きに干渉が可能です。
当然攻撃をさせないことも可能ですし、なかなか優秀な効果だと思います。

もちろん純正の【ヴァレット】においては対象を取るリンクモンスターの効果として使うことができます。

素材縛りがゆるいことも高評価ですね。

ある意味弱点となりそうなのがリンク4帯のライバルの多さ。
重さ的に1〜2枚程度しか採用できないので、《トロイメア・グリフォン》や《ヴァレルロード・ドラゴン》などライバルが多いのは採用率に響きそうです。

他のカードとの兼ね合いを考えない場合、正直《ヴァレルロード・ドラゴン》のほうが強いと思います。


戦闘回数を増やせる点を活かしたり、守備表示にできる点を活かす運用をする必要があると思います。
バグースカを相手ターンだけ守備表示にするなどといった感じですね。


ショートヴァレル・ドラゴン
リンク2 闇属性 ドラゴン族・リンク ATK/800 【リンクマーカー:左/右】
「ヴァレット」モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ヴァレル」リンクモンスターが存在する場合、自分フィールドのリンク3以下のモンスター1体をリリースして発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、リリースしたモンスターとリンクマーカーの数が同じモンスターのリンク素材にできない。


リンクマーカーとして運用することを想定したモンスターですね。
単体で考えると必ずディスアドしか発生しない効果なので、運用法を工夫する必要があります。
マーカーの配置から言って蘇生マーカーを2つ確保しエクストラからモンスターを出すという感じになると思います。

比較的相性がいいと思われるカードは【トロイメア】ですね。蘇生によってメインゾーンに直接マーカーを用意できる点が相性が良さそうです

リリースコストは《サモンソーサレス》とか?
このカード自身ともう一体を素材にサモンソーサレスを召喚し効果を使用したあとこのカードのコストにするというイメージ。
その後このカードの左右のマーカーを起点にトロイメアを配置して行けばいいんじゃないかな?

実用性に関してはちょっとよくわからないですがヴァレットは結構供給力の高いデッキなので、なんとかなると思います。



ヴァレル・リロード
装備魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。
②:装備モンスターが破壊された事でこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。 

早すぎた埋葬的なやつですね。
装備されたカードの破壊によってこのカードが墓地に送られたときに1ドローできる点が非常に評価高いです。

対象を取れる効果を持つリンクモンスターのマーカーが4なことが多い関係上、
リンクモンスターの対象となることで自壊できるのはゲーム中盤以降、
展開もほぼ終わってからのことになることが多いと思います。
そういう状況ではドローのメリットは小さくなってしまうので可能な限り早い段階で蘇生して破壊する必要があるでしょう。

ただヴァレットは自発的な破壊の手段が豊富なので、そのへんで困ることは少ないと思います。
なんなら壊獣使ってそれに特攻するのもありかなと。

むしろ問題はこのカードの存在によってショートヴァレルの存在意義がより低くなったこと。
種族や名前、攻撃力などのステータス面を活かして運用していく必要がありそうです。


リンク・デス・ターレット
永続罠
①:このカードの発動時の効果処理として、このカードにカウンターを4つ置く。
②:自分が戦闘ダメージを受ける度にこのカードにカウンターを1つ置く。
③:自分メインフェイズ2に、このカードのカウンターを1つ取り除き、自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、フィールドから離れた場合に除外される。この効果を発動するターン、自分は闇属性のリンクモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

シンプルに強いです、制限はいろいろありますが。

単純な蘇生札ということ以上に、相手に対する牽制効果の高さが目を引きます。
「決めきれないけどとりあえずなぐっとくか」的な攻撃をある程度牽制が可能です。
弱点は永続罠であることと蘇生がおそすぎること。
ヴァレル・リロードが十二分につよいのでこのカードをわざわざ使う必要はあまりないです。
蘇生札が多くていいことなんてほとんどないですしね。。。

1枚あると強い系のカードだと思います。




以上でヴァレット新規の解説終わり!
ノシ