サイバー・ドラゴンインフィニティ
黒サイバー!それすなわちエクシーズ軸サイバー流なのだ!
プトレノヴァインフィニティの呪文で一世を風靡した強力な
エクシーズモンスターを軸に戦うデッキだ!
融合軸サイバーのような派手さはないが圧倒的な蓋力で相手を制圧する!!


〈2018/04/06追記〉
インフィニティー、昔サイバー使ってた時には
1ターンに同名1枚しか重ねられないの知らずに使ってた…すまん。。。。

というわけで方針を転換し、インフィニティーを並べるのではなく防御力
に優れる《トロイメア・グリフォン》を併用していくことにしました!

またこの記事の発表後、レヴシステムが判明していますが個人的には採用見送りでいいと思います。
サーチできるとは言っても確実にリペアプラントが優先することになる上、
このデッキの特性上モンスター多くしたいので3枚採用は難しいからです。
採用する場合はフィーアOUTレヴシステムINだと思います。


もくじ
①構築
②デッキの概要
③ムーブ
④その他の相性の良さそうなカード
⑤このデッキの弱点
⑥感想

①構築
Screenshot from 2018-04-04 12-32-11
Screenshot from 2018-04-04 14-04-22


②デッキの概略

調律を採用したタイプのサイバー流デッキで、手札から自力で出ていけるレベル5機械を中心にデッキが構築されているぞ!

特筆すべきポイントはインフィニティーという強力なモンスター
の存在と出しやすさです。

今回はサイバー・ドラゴン・インフィニティー+トロイメア・グリフォン
+トロイメア・ケルベロス
の盤面を作って行くことを目標に、デッキを構築していこうと思います。

新規の中で注目が集まるのはやはりヘルツです。
サイバードラゴン・ヘルツ
手札消費が非常に激しいこのデッキにおいて貴重なサーチ効果を持っています。

このカード1枚でコスト2枚分の仕事ができるのは非常に美味しいです。
キメラテックランページの効果にも対応しているので言うことなしですね。

またこのカードもこのデッキでは重要な役割を果たしています
クイックシンクロン

手札から自力で出てこれるレベル5機械であり、なお且つチューナーでもある点が非常に優秀です。
通常はノヴァの素材に、緊急の場合はハリファイバーの素材にすることができます。




③ムーブ

今回の目標は

インフィニティーとグリフォンを並べる

ということになります
この盤面を作れれば突破は難しいでしょう。


必須カード:《簡易融合》・《調律》・《サイバー・ドラゴン・コア》・モンスター1体
  1. 《調律》でデッキから《クイック・シンクロン》をサーチ。そのまま特殊召喚する。
  2. 《サイバー・ドラゴン・コア》を通常召喚。デッキから《サイバー・リペア・プラント》をサーチ
  3. 《クイック・シンクロン》と《サイバー・ドラゴン・コア》でリンク→《水晶機巧-ハリファイバー》
  4. 《水晶機巧-ハリファイバー》の効果でデッキから《ジェット・シンクロン》を特殊召喚
  5. 《簡易融合》で《キメラテック・ランページ・ドラゴン》を特殊召喚
  6. 《キメラテック・ランページ・ドラゴン》の効果でデッキから
     《サイバー・ドラゴン・コア》と《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》を墓地へ
  7. 《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》の効果で《サイバー・ドラゴン》をサーチ
  8. 《サイバー・リペア・プラント》の効果でデッキから《銀河戦士》をサーチ
  9. 《水晶機巧-ハリファイバー》と《ジェット・シンクロン》で《サモン・ソーサレス》を特殊召喚
  10. 《サモン・ソーサレス》のリンク先へ、《サイバー・ドラゴン》をコストに《銀河戦士》を特殊召喚
  11. 《銀河戦士》の効果で《銀河戦士》をサーチ
  12. 《キメラテック・ランページ・ドラゴン》と《銀河戦士》で《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》を特殊召喚
  13. 《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》の効果で墓地から《サイバー・ドラゴン》を蘇生
  14. 《サイバー・ドラゴン・インフィニティー》を、《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》に重ねて特殊召喚
  15. 《サモン・ソーサレス》の効果でデッキから《太陽風帆船》を特殊召喚
  16. 《太陽風帆船》と《サイバー・ドラゴン》で《トロイメア・ケルベロス》
  17. ジェットシンクロンを蘇生
  18. 《ジェット・シンクロン》と《サモン・ソーサレス》で《トロイメア・グリフォン》
という流れが、狙って行きたい一つの理想ムーブになると思います。
手札に残るのは銀河戦士1枚か、使わなかった手札が1枚のどちらかですね。

一見条件が重いように見えますが、実際使ってみるとそんなに重いとは感じないと思います。
というのも、ノヴァの蘇生効果とサモン・ソーサレスの存在によって、インフィニティー2体並べるためだけに必要なカードは

《サイバー・ドラゴン》を含むレベル5機械族×2枚

と、通常のエクシーズに比べて2枚分軽いんです。
2枚分も軽いとなると運用感はだいぶ違ってくるのはだいたいイメージできると思います。

しかも種族統一デッキでハリと同じ機械族なのでハリファイバーからサモン・ソーサレスにつなげるのも比較的かんたんです。

ハリからジェットの流れを止められたとしても場にはほぼ確実に機械がいるのですぐにサモソの流れに引き戻すことができます

最悪の最悪、相手にマーカーが向いてしまってもグリフォンとインフィニティーを建てられれば相当硬い盤面になりますので、ある程度妥協しても大丈夫ではあると思います。



④その他の相性の良さそうなカード

機械複製術

雑に強いよ複製術!!
サイドラを最低2枚デッキに投入することが条件になりますが、 
以下のようなコンボを狙うことができます

ヘルツやコアに複製術を使うことで
  1. サイドラ2体をリクルート
  2. ヘルツまたはコアを含む2体でLANフォ
  3. クイックとサイドラでツィオルキン
という流れで、アルティマヤツィオルキンの召喚とクリスタル・ウィングシンクロドラゴンの召喚を簡単に狙うことができます!
若干弱いものの、十分な強度を持つ盤面なので選択肢としてはありなんじゃないかな。。と思いますね。



またランページについて質問が続発してるので、
 一度カードを見なおして見ていただきたい。


キメラテックランベージドラゴン


このカード、「融合召喚」に関する条件はあるけど、それ以外には一切条件はついていないんです。
特殊召喚できないとか融合召喚でしかエクストラから出せないとか、そういう記述は一切ない。
効果発動条件にもそれらの記述は無いです。
①の効果は確かに正規融合した時にしか使えないし、正規融合は
サイドラ使わなきゃダメです。

しかし②の効果に発動条件はありません。

だから簡易融合で出せるはずだと思うんですけど、それでも間違ってたらごめんなさい😢



〈2018/04/07追記〉
ランページ、やっぱ簡易から出せないんですね。。。
「融合召喚できない」って書いてあるから融合召喚扱いになる簡易からは出せないと。。。
遊戯王って難しいなあ(KONAMI感)
ランベージが使えないとなると、ルートの大幅な変更を余儀なくされます。
融合してまで出す程のカードかというと疑問なレベルの性能でしかないですしね。

黒サイバー流では疑問ってだけで融合系のカード採用したらそれは
めっちゃつよいけどでもそしたらデッキが全く別モンになるし、
多分アベレージで比較すると融合はエクシーズには勝てない


Arc−Vは所詮ものがたりなんだよ!!(至言)

コスト3枚に対して生産アドバンテージが2枚しかないのが大きな問題です。。
エクシーズでは盤面アドが重要なんで、仕方がない。

あんまりなんでもう一回、ルート考えなおして見たいと思います
予定としてはツィオルキン+インフィニティー+グリフォン+クリスタルウィング
みたいな盤面にできたらいいな。。。。。



⑤このデッキの弱点

チューナーの供給量が若干少ないのが弱点といえば弱点でしょう。
簡易融合でテセウスが出せるので、そこまで心配する必要はないとは思いますが、
事故気味になった場合は弱いところがあると思います。
まあ妥協でインフィニティー棒立ちってだけでも十分強いですがww

また銀河戦士の関係から増Gうららよりヴェーラーうさぎを優先せざるを得ないのも弱点と言えると思います。

さらに現環境にしては要求カードが多い点も結構大きな弱点で
特にリペアプラントが下準備しないと使えない点が痛いです。

初動に欲しいカードがリペアプラントではなくコアそのものになるため、
動ける確率がぐっと低くなってしまっています。



⑥感想


黒サイバー、やっぱ強いですね!!

ガチはまあともかく、ファンレベルなら相当負けないデッキだと思います!!!
新規によって手札の枯渇リスクも相当ケアできたのがかなり大きいかなという印象。

一昨日のドラグとはまた違った、ド安定な強化だと思います!
以上でサイバーデッキ紹介は終わりです

次は文具をやる予定!!ノシ