究極時械神セフィロン
デッキ依頼とハリファイバー禁止令について

・・・・・・・・・つーわけでハリファイバー禁止令第一弾がこちら。

時械神は私と同じくらいの世代のヒトには印象深いデッキだと思います。

このデッキは遊戯王5D'sのラスボスであるZ-ONEが使用したデッキで、
効果モンスターのみでデッキが完結するという、シンクロをテーマにした5D'sではかなり珍しいデッキです。

これはシンクロという技術、そして人間の生み出す科学に対して絶望したZ-ONEの思いが込められていて。。。
まあ漫画ArcVでシンクロ時械神が出たって話聞いたんですけど。。。。。
う〜んこの.....


はい、気を取り直してデッキの紹介に参りましょう。
今回のデッキはファン要素多めに仕上げています。



もくじ
①構築
②デッキの概要
③ムーブ
④相性の良さそうなカード
⑤まとめ

①構築
範囲を選択_018

②デッキの概略

このデッキはコンセプトデッキです
 その点をご理解ください

今回のコンセプトは以下のポイント
  1. Z-ONEの絶望感を汲み、エクストラは使わない。
  2. 時械神はすべてワンアンドオンリーのカードなので1枚ずつしか採用しない
  3. 時械神は11枚でワンセットのカードなので全種類採用する
  4. 虚無械シリーズを使う
その点を踏まえたうえで構築したのが上記のデッキ。
弱点は少なくないですが。。。。

最大の弱点が時械神そのものをドローできるかどうか正直かなり微妙であるという点。
10枚採用だとかなり怪しいのは、みなさんもなんとなくわかると思います。
そこで今回は成金ゴブリンを採用して解決を図っています。
ビートバーンにムーブをするこのデッキにとっては1000は軽くはありませんが、
ミチオンの存在から採用に踏切ました。

また、スタンバイフェイズに時械神がデッキに戻るのも結構大きな問題です。
そこで今回は、皆既日食の書とアドバンスドローを採用。
皆既日食で相手ターン中の妨害と時械神の帰還を避ける役割を兼任してもらうことを狙います。
アドバンスドローは、虚無械アインの2つ目の効果の発動要件を早い段階で満たすこととアドバンテージリソースとすることを狙っています。

また相手ターン中の干渉がほぼないのも弱点です。
耐性はそこそこ強いですが相手ターン中の干渉がないとこの程度の耐性は容易に突破できるのが今の環境ですからね。
あくまで「遊星を試す」というところがあったZ−ONEの戦い方はOCGの魔境では通用しないのだ。。

切り札であるアインシリーズが弱いのも問題です。
このデッキのようにまっとうに使うとオウルまで到達するまでめちゃめちゃ時間かかります。


メリットとしてはやはり時械神の豪快な効果があります。
虚無械シリーズがすべて運用でき、最終的にアイン・ソフ・オウルまで到達出来た時の爽快感は一入でしょう。
が、まあ通るかどうかってのは。。。。ね。
効果対象にならないとかだったらまだよかったんですが、破壊耐性じゃちょっと心もとないです。
相手がコズミックサイクロン使ってきたらイチコロですからね()

時械神の中では特にミチオンが強力で、ミチオンとサンダイオン二体の攻撃が通れば、メイン2にグスタフ出してワンキルとかも狙えます。グスタフ入れてないけど()
全体を対象にしたバウンスが多いのもメリットでしょう。
破壊耐性と対象避けを両方持つモンスターはいまや珍しくありませんから。




③ムーブ

まず第一に重要なのが「アインから脱出する」というところ。
アインからアイン・ソフにするだけで大幅に強度が増しますし、魔法罠をセットすることも不可能ではなくなります。
  1. セット
  2. 発動。手札の時械神をコストにドロー
  3. 墓地に送った時械神をデッキに戻し、デッキからアイン・ソフを発動
  4. アイン・ソフ発動
と、発動まで4ターンもかかるという()
一応手札の時械神を通常召喚しアドバンスドローで切り捨てれば1ターン節約することは可能ですが、これは結構厳しいです。
アドバンスドローを3枚に増やせば多少は確率あがりますがそれにしてもです。
またもうひとつの理由によりアドバンスドローを温存したいので、このタイミングで使ってしまうのはオススメできません。


さてようやくアインになったわけですが、
アインにしたところで破壊耐性がマシになる以外特にいいことはないので、
これも迅速にアイン・ソフ・オウルに代える必要があります。

この時温存していたアドバンスドローが生きてくるわけです。
普通はエクシーズとかするんでしょうがこのデッキには採用していないので、アインがなくなると能動的に墓地に時械神を送り込むことは非常に難しくなります。
そこでこのタイミングまでアドバンスドローをためておくわけですね。
全速力でアイン・ソフ・オウルにしましょう。


最速でやった場合、都合5ターン目にアイン・ソフ・オウルに到達します。

現代遊戯王で5ターンって言うと結構長期戦に分類されそうですが。。。このデッキはリソース切れだけは起きようがないのでその点は安心していいと思います。

生き残れるかは別ですけど()

このデッキの動きについては、アイン関連以外はそんなにキにしないで大丈夫ですよね?

出して殴る、できるだけデッキに戻らないように気をつける。
これを徹底する以外ありません。


④相性の良さそうなカード

(無言の提示)

範囲を選択_019

魔封じとか入れてもいいかも知んないっす。
罠や妨害カードはそういう枠として認識して貰えれば。


⑤まとめ

以上で時械神デッキの解説は終わり!!
原作再現度は非常に高いデッキでしたが、反面現代遊戯王からすると若干時代遅れな印象が拭えないデッキ、という印象。
基礎的なポテンシャルは悪くないのですが、時械神が突破されないことをある程度前提としてるのが痛い印象でした。

今度はエレキを書く予定!!
それではノシ