sinsuta-dasutodoragon
ハリファイバー禁止令デッキシリーズ、つづいてはSinデッキです。

遊戯王10周年(どの10周年だったかは忘れた)の記念映画で登場したキャラクター「パラドックス」の使用するデッキで、歴代遊戯王アニメの中で重要な役割を果たしていた「ドラゴン」(一体ほど機械が混ざっているけど。。。)たちをボッシュートし、そのカードを元にして作ったカードがこのSinたちです。


大きな特徴は
  • 対応するカードをデッキから除外することで手札から特殊召喚できる
  • フィールド魔法が無いと自壊するなどのデメリット効果がやたら多い
  • Sinスターダスト・ドラゴン以外はほぼほぼバニラ(デメリット効果があるので厳密にはバニラではない)
。。。。と、これら3点ですね。

まあとりあえずは、早速構築を検討して行きましょう。



もくじ
①構築
②デッキの概要
③相性の良さそうなカード
④まとめ

①構築
範囲を選択_002

②デッキの概略

わかりやすいスキドレメタビです。
命削りは特殊召喚ができなくなるので今回は不採用としました。

エクストラデッキはわざわざスクショしませんでしたが、《スターダスト・ドラゴン》と《サイバーエンド・ドラゴン》を各3枚採用しています。

前の【ハンデスエレキ】の時にも言ったと思うのですが、やっぱりメタビはなんとも書きようが無いです()

頑張って相手の動きを妨害して終わり!としか言えない()

カイコロ、スキドレ、マクロと2重3重の防御策を講じていますので、それで時間を稼いでいる間に、Sinモンスターの攻撃力を活かして相手のライフを一気に削りとるのが目的のデッキとなっています。


それ以上書きようがないのでムーブの項は省略!!



③相性の良さそうなカード

gure-tomajuuga-zetto

特にSinサイバー・エンド・ドラゴンを除外した時に得られる爆発的な攻撃力を目的にこのカードを採用するのはアリだと思います。

スキルドレインとはアンチシナジーですがあのカードは相手も再優先で除去するカードだと思うので、盤面にどれほど残っていられるかは怪しいところ。除去された段階でこのカードをだせばいいと思います。


⑤まとめ

以上でSinデッキの解説は終わり!!!


・・・・本当はSinWorldを軸に据えたかったんだけど現環境的にそんなに意味がないように思えたんで却下してしまいました()
青眼を多めに採用して8軸にしてみたりといろいろ試行錯誤してたんだけど時間切れで断念です。

次回はTG!!!

ひっさびさにハリファイバーがお目見えするよ!!乞うご期待!!!





コメントに対して

・Sinクロウなんちゃらがなんで採用されてるのかわからない

答えは簡単、これ採用しないとSinにならないからです。
このカードはSinを使う数少ない明確なメリットとなり得るカードです。
ですからこのカードの採用は、Sinにとってある意味必須事項と言えるでしょう。

確かに強制脱出装置や破壊輪など事実上の上位互換カードはあります
しかし仮にそういったカードを採用した場合でも、

「なんでSinを入れているのですかバルバロスのほうがいいと思います」

みたいなこと言ってくる可能性は大変高いと思われます。


勝ちたいならこのデッキに関する記事見るのなんてやめて今すぐカードやさんにいって魔術師デッキの材料を探したほうがいいでしょう。