DcmknofU8AITtuy

海馬の新パックが発売されることが判明しました。
これは青眼新規の香り!

詳細はこちら

概要

《青眼の混沌龍》
儀式・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守   0
「カオス・フォーム」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):「青眼の白龍」を使用して儀式召喚したこのカードの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの全てのモンスターの表示形式を変更する。
この効果で表示形式を変更したモンスターの攻撃力・守備力は0になる。
このターン、このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。


効果はこんな感じですね。
名前と召喚に必要な儀式魔法から見て《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》のMAXへの進化前のカードです。
攻守のステータス上、《ドラゴン目覚めの旋律》でサーチ可能。
(1)の効果はカオスMAXと同様の対象にならず、効果で破壊されない効果。
まあこれは最近のカードではデフォでついてることが多い効果なのであんまり説明する必要はないでしょう。
こういう効果は打点が高いモンスターが持ってるほど強いという点を抑えておけば良いでしょう。
(2)の効果は《青眼の白龍》を素材としたとき相手のモンスターの表示形式を強制的に変更し、その攻守を0にする効果と守備貫通の効果です。
これは戦闘で必ず勝とうという意思が見えますね。
まあリンクモンスターとの戦闘を行う場合は表示形式を変更できないため打点を0をできないのでそこは注意しないといけないです。
また《サブテラーマリス・バレスアッシュ》や《皆既日食の書》などの対象を取らない効果で裏側にされた場合も注意です。守備力が0しかないので返しのターンで簡単に除去されてしまいます。
けれどそれ以外モンスターの場合では無類の強さを誇るので使い勝手の良いカードではないでしょうか。
儀式素材に《青眼の白龍》を指定しているところが一見すると枷のように見えますが、基本的に《青眼の白龍》は3枚積みでフィールドの《青眼の亜白龍》も《青眼の白龍》として扱う効果があり、《カオス・フォーム》の効果で墓地の《青眼の白龍》を除外するなど手段は無数に考えられますので全く問題ない枷であるでしょう。

けれどカオスMAXと比べてしまうと(2)の効果の素材指定効果が落ち度と感じます。
どちらか片方しか採用しないという場合なら個人的にはカオスMAXを選ぶのが良いと思います。
まあ青眼ではどちらのカオスも採用しても良さそうなので片方しか選ばなければならないなんてことはないと思います。


相性の良さそうなカード

5aXpzTCzBbfX

カオスMAXと組むことで相手のモンスターを強制的に守備に変えてそいつをカオスMAXで殴り倒す力こそパワー!的な動きができるようになります。

ELEqX97y2HHM

前述のとおり、旋律でサーチできるので良いかなって。
もう1枚は素材となる《青眼の白龍》あたりをサーチしておくと強い。

z3gW8xcDAtfM

まあ儀式モンスターでかつ通常モンスターを採用しているのでこのカードの採用は普通にアリでしょう。





まとめ

正直、カオスMAXと相性良いならカオスとも相性良いって感じなので奇をてらったことがあまり思いつかないですね。
表示形式を変更するので《断頭台の惨劇》も考えたのですが、モンスターを全破壊してしまうのでその後の攻撃するという部分に相性が良いと言えず、紹介しませんでした。

けれどこのパックは青眼の強化パック(?)なのでこれから先このカードの強化カードやさらなる青眼のクソ強い新規が出ることを期待したいです。
また海外で出たロードオブドラゴンの新規やドラゴンを呼ぶ笛の新規がこのパックで出るかどうかも期待ですね!

ではまたノシ